新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

キャッチサーフのシックスシックスとセブンシックス_バリ回想編_(1502文字)

Catch Surf ®ODYSEA skipper fish 6’6″

Photo by Brian Miller

.

6’6”は昔から良く乗っていたサイズであります。

パドルレースの際もこのサイズだし、

波が大きくなったり、

後は波乗りの調子が悪くなったときに基本に戻るということで、

このサイズのシングルフィンに乗って、

ターンの原点に立ち戻ったりしていた。

 

San Onofre, San Clemente 2018 10 13

.

Catch Surf ®ODYSEA x DFW 7’6″

Photo by Brian Miller

.

セブンシックスというのは、

7フィート6インチの略で、

なぜ6なのかというと、

インチは12進法なので6がハーフフィートということ。

なので聡明な読者はこの76という数字を見て、

セブンフィート半ということがわかる。

メートル法にすると、228.6cmであります。

短いようで浮力があって、

先日タイラー・ウォーレンと一緒にパドルアウトした際に、

このボードで一緒にパドルアウトできたほどであります。

(タイちゃんは9’9″というボードでした)

【バリ回想記】

(ずっと下書き保存にあったのです)

バリでは、

凧のすごさをまざまざと見せつけられた。

ひとつ欲しかったのだが、

結局購入せず、

でも帰路の空港で見たこれが一番すごかった。

バリでは、

子どもの4人乗りも見たし、

家族の6人乗りも見た。

けれど、写真が撮れなかったのは、

自分もバイクに乗っていたからで、

これは高間教授号から見た親子4人乗り。

危険だからという言葉も意識もない人たちが99%。

その教授は、

ノアがハンドメイドのGTプラグが欲しいという要望を伝えると、

それは遠くの釣具屋さんに連れてきてくれた。

友人愛に今もなお感動しています。

(高間教授につきましては巻末注釈リンク*1、2をご覧ください)

バリではバイクがあれば、飲食店が開業できる。

上画像は移動中のスープ屋さんで、

これは絶品だった餅団子。

糖蜜入り、

ココナッツ入りとあったが、

私は中に何も入っていないのが好きだった。

チャングー界隈で価格、サービス、

味で栄えあるベストレストラン。

https://warung-dandelion.business.site/

そして雰囲気も格別でした。

滞在中はここに行くのが楽しみでした。

前出の高間教授は、

タナロット寺院向こうのサーフブレイクを発掘している一人だが、

名も知れないスポットが、

パーフェクトでブレイクしていたり、

さらに進むと、

ロブ・マチャドの『ドリフター』のロケ地も発見した。

この映画はロブのツアーへの虚脱感を前半では表現し、

波乗りへの本流へと転換、

いや回帰する心象風景を浮き出してみせた秀作だ。

バイクを置き去りにした墓地。

彼はきっとここでコンテスト時代の自分に決別したのだろう。

そしてさらなる無人波。

有名ブレイクよりも波質が良い無人波がありました。

こういう波を発見するのが旅の醍醐味となってきました。

さらに聞いたのが、

ここにすごい波が立つ島があり、

現在わかっているだけでサーフスポット、

ブレイクは4箇所。

私にさらに探して欲しいということなので、

来年の夏(インドネシアの波時期)に行ってみよう。

そのロブのドリフター画像に自分を重ねてみた。

悪くない。

「逃避ではなく、ひとりのサーファーとして回帰するまで」

そんな気持ちとなった日。

外は大雨に加えて雷光囂々(らいこう ごうごう)。

【巻末注釈リンク*1:高間教授について】

教授がキョウジュたるゆえん_神ウルワツでテンライの巻_(2060文字)

【巻末注釈リンク*2:バリでのいろいろ】

【テクニック編&特大号】OCEANS&ノースハワイ_高間教授が家族で向きあうサーフ原風景_もしリーシュが切れたら?_ケリー・スレーターのウエイブプールが木更津北ICに!!_(3023文字)

Happy Surfing!!