新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【新章】奄美 サーフィン研究所_不思議なビーチパイ(南浜)_(2169文字)

2019 Amami Oshima

.

暑い日だった。

手広ビーチにある温度計の、

赤い液体が23度まで持ちあがり、

天気予報では龍郷町が20度と伝えていた。

バックドアにある岩の裏は南東風が一切入らなかったので、

陽だけで大気が暖まり、汗ばむほどだった。

ーーこれが一昨日までは、

朝起きるとウエットスーツが凍り、

Catch Surf / Nakisurfバン内にある

海帰り用のシートカバーがボードの形で固まっていた。

ハンドルやシートまでもが凍っていた。

暖かいとされる靴下、

足裏をホカロンで暖めつつ、

モコモコの靴を履き、

ダウンを着込んで、

さらにマフラーと手袋をして、

痺れるほど冷える朝を通過していた。

いくら波が良くても、

オフショアが恨めしいほどの寒さだった。

それがなんと!

Tシャツとトランクスでサーフしに行く幸せ。

しかもここは、

私のアマミアンパイプライン岬。

さらに言うと、

後にNHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』で、

島編の始まりで使われていた場所であるという。

(愛加那が、島唄を海に向かって唄っているシーン)

これはこの撮影者の中村豪くんと、

それを支えたグリーンヒルの優人くんが言うのだから間違いがない。

『西郷どん』スクリーンショット

.

そんな島の、

竜や龍の故郷である龍郷町の特異な岬のパワーを感じた。

その沖はこんなことになっていた。

初日から終日快晴とは、

なんというタイミングとハピネスなのだろうか?

ある歌詞が浮かんだので、

巻末にその替え歌を掲載しておきますね。

フルスーツもそうだけど、

ブーツもグローブも脱げた!

二郎くんではないが、

「なんだ、ここは夏だったのかと思いました!」

そんなフレーズが口からこぼれた。

夢海。

夢に見た夏。

波の中に無数の煌めきが光、

それらはきっと宇宙の深遠だったり、

円みをマクロで映し出していた。

「1本の波」

というドラマ。

深く沈み、

海底の岩にしがみついて、

それから海面に向かっていくと、

海から見上げる陽は天女であり、

神の鳥であり、

そして天上界を映し出す窓だった。

そらには日暈(ひがさ、にちうん、halo)雲がかかり、

青と白の中に見事な色彩を表現していた。

波はあいにく小さかったけど、

元々期待していなかったから、

乗ることができただけで大満足。

ちなみに昨日のNAKISURFの近く、

つまり千葉北はクローズアウトするうねり群が来ていたので、

北東うねりはここまで届かないらしい。

よく聞かれるのが、

「奄美は、いつも波があるのですか?」

ということ。

「千葉よりは波がある頻度が少ないです」

けれど、

波以外でも楽しさはあり余るほどあって、

継承された文化もすごいし、

上記したようにヘイローとかレインボー、

太古から続く大自然の息吹が感じられるので大好きなんです。

サバ手が伸びると、

クロス(十字架)となることを突きとめた。

とするとこの技は

「サバ手クロス・トリム」となるのだろう。

グリーンヒルのお母さんにも会えた。

島の冬野菜がたくさん採れて、

その下ごしらえをずっとされていた。

ウコン

ほうれん草

島ネギ

春菊

大根

大地からの恵みです。

奈々ちゃんやカイくんたちにも会えました。

手前は空港まで迎えに来てくれた大智くん。

グリーンヒル王子、

グリーングッドマンの緑くんも元気です。

上にも書いた替え歌。

竹内マリアさんの

『不思議なピーチパイ』だけど、

ほとんど変えない替え歌の典型。

ビーチパイは、

ビーチ=浜

パイ=南(島言葉)

とご理解いただき、

さらには、

(ぱちり)というのは手を叩く音。

これが楽曲の一部だったことに昭和を感じ、

さらには次の元号となる年のはじまりなので、

その(ぱちり)をここに残したかった。(笑)

とにかく、

「夏波は恋気分」ですぞと、

替え歌作者が感じた歌です。

よろしければ聴きながらどうぞ。

https://youtu.be/mEfv5t7oU2U

🐉

『不思議なビーチパイ』

思いがけない Good timing
現われた波は Good looking
巻きこまれそうな 今度こそは
それならそれで I’m ready for love
ふりそそぐ陽ざしも
Wow wow wow good timing
奄美は初めてじゃないけれども
奄美はその度ちがうわたしを
みせて くれる
不思議な 不思議な ビーチパイ(南浜)
かくしきれない(ぱちり)気分はビーチパイ(南浜)
わたしの気持ちは 七色に溶けて
いい事ありそな(ぱちり)気分はビーチパイ(南浜)
波のざわめきが 手のひらに舞う
パドルアウトすれば Good timing
ドキドキしてるのが その証拠
人生が 今キラキラと
近づいてくる I’ve got my feeling
あの波のイメージは
Wow wow wow good timing
奄美は初めてじゃないけれども
奄美はその度ちがうわたしをみせてくれる
不思議な 不思議な ビーチパイ(南浜)
光にゆれる(ぱちり)気分は ビーチパイ(南浜)
私の体をバラ色に染めて
恋が始まる(ぱちり)予感は ビーチパイ(南浜)
小さな私の 宇宙はまわる
光にゆれる(ぱちり)気分は ビーチパイ(南浜)
私の体を バラ色に染めて
そして不思議な気分は ビーチパイ(南浜)
ちょっとまぶしい 夢波世界
🌊🍑

Happy Surfing!!