新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

盛夏のはじまり_北原白秋_波の香ぞ滴る夢のうわごと_横山泰介さん_(1818文字)

雨は真珠か、
夜明の霧か
舟はゆくゆく通り矢のはなを

これは『城ケ島の雨』の歌詞だ。

母が好きだったようで、

ドーナッツ版からよくかかっていた美空ひばりの歌。

——昨日のことだが——

サーフしているときに突然この曲を思い出し、

「舟はゆくゆく」

をサーフボードで体現したのでありました。

これから下にある写真群は数日前というか、

もはや先週のものだが、

サーファーのならいに従い、

「波があるあいだは喧伝しない」

ということにより、

遅れて投稿されるものだ。

文体が硬いのは、

冒頭の歌詞が北原白秋のものであり、

その流れで青空文庫に行き、

『邪宗門』を読んでいたからに他ならない。

タヌキがタローマンに取り憑いたように、

私に北原白秋が取り憑いてしまったようだ。

そはえもわかね、
燃えわたる若き命の眩暈、
赤き魔法の国の接吻にひたと歓楽といふ、
一刹那

アンジェロというサーファーがいる。

オーストラリアから第二の人生を求めて日本は、

内陸の県に移住してきた。

そして上信越出身の奥さんと出会い、

高知に移住してきて、家族を持ったと聞いた。

アンジェロは、

バレルライダー系のグレイトサーファーで、

サーフィンが大好き。

そしていつも他人の波乗りを見ている。

なので、

彼は誰がどのくらいサーフできるかをだいたい知っている。

サーフ評論家とか、

解説者をやったらさぞかしの人気を博することだろう。

さて、こちら玉ちゃん。

四国の偉人であり、

ポイ君の五大弟子のひとりであり、

ベンチュラセイジの親友であり、

みんなのバンドマスターでもある。

【文藝短編】ジグザグ玉ちゃんとベンチュラ・セイジのワイナリー=(イコール)カレラワイン=三輪酒_(1836文字)

その玉ちゃんのボンザーでのフックアップ。

やっぱりいい。

とてもいい。

「ミッドレングスの浮き」

そんなパワーを全身で押さえ込んでいた。

しかも加重が頃合いというセクシーさ。

「ほのかな色彩を吸い込む熱」

そんな表現が湧いてきた。

ライトには、

ジェット・アキラも来ていた。

彼はリップのそら高くエアをし、

その模様をGoProで撮っていた。

こちらもさすがでありました。

ジェット・アキラから目が離せない!!

(カラーズマガジン風に)

ヤスくんは、

スキッパーフィッシュでグラビング。

ニホンカワウソをイメージしたというウエットスーツ。

ドラグラとつながる博愛思想と、

キャッチサーフを選ぶゆるやかさと、

優しさが、

いまだ心に満ちる白秋の文体と重なるのであります。

君の波乗りへの愛を思ふと涙が流れる。
君の歓びはしんじょう君の歓びである。
さうして又私の歓びである。  
この機会を利用して、
私は更に君に讃嘆の辞を贈る。

奄美用安にクルクルのヒロくんという偉人がいる。

彼はクールな波乗りをしつつ、

信じられないほどおいしい料理を創造する。

そのヒロくんの友人のマートに会えた。

彼の夢波。

私は友人たちと、

忘れられないサーフセッションの数々があり、

そしてティムというこれまた伝説のサーファーと、

サーフィンについての長話をした。

それらをまとめて、

サーファーズ・ジャーナル誌に寄稿したい。

ジャーナル誌の創始者スティーブ・ペズマンのことを思いだした。

まだご健勝で、サーフを毎日していると、

彼の息子ショーンが言っていた。

写真は4年前、アニーが14歳のときだ。

Catch Surf ©ODYSEA Skipper Fish 6’0″

.

台風5号。

ご存じのように雨台風だったので、

ほのかなる数の写真しかないが、

夢にも見た良い波がやってきて、

それに乗れた日。

これらの写真は

小雨大雨が止んだ30分ほどの物語。

ドラゴン・グライド・プロダクションズというのがあり、

そのメンバーは多岐に渡るもの(巻末リンク参照)で、

昨日はタキビシ流派であるミヤサバ先生に短編を書いていただいた。

しかも新旧仮名というのが新しかった。

その流れで、

波を待つ間、

ドラグラ老師の横山泰介さんを思い出していた。

上がってくると、

サーファーズ岬のきんちゃんから連絡があり、

台風5号ダナスにより、

ホームスポットに良波が来ていて、

さらには、泰介さんがやってきて、

「私の今」を気にかけていらしたという。

さらに聞いてみると、

泰介さんが、

私のことをキンちゃんに聞いていた時間と、

「私が泰介さんのことを思っていた時間が同じだった」

という符号に驚き、

以心伝心という言葉が、

北原白秋の文体で浮かび上がるのでありました。
焼ける光素の波動
その燃える視界のなかに音もなく
波の香ぞ滴る……夢のうわごと……

【巻末リンク:ドラゴン・グライド・プロダクションズ】

【お知らせ】ドラグラ・プロダクションズ発足!!_(2601文字)

Happy Surfing!!