新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

シナモン・タヌーマン_石川啄木VS北原白秋_(1070文字)

晴れました!

梅雨明けかと思ったが、

まだ発表はない。

けれど、

たぶんきっともうすぐ盛夏ですね。

この作品は、

波間に映る雲が虹彩で、

そんな美しさ、

はかなさを撮ってみた。

昨日登場したアンジェロと、

タヌーマンとでサーフした。

手前で浮いているのが彼で、

レイルセットしてから彼との距離を見ると、

満面の笑みだった。

ならばそのままサバ手で「サバー」と進み、

そんなスタイルのサーフィンが続く、

楽しい時間を過ごした。

浦ノ内湾のクエ

.

宇佐のファミリーマートの店内で、

タヌーマンことタローマンと会った。

彼は鼻先にたっぷりのキナコを付けて、

ファミリーマートのアイスコーヒーを飲んでいた。

写真はないので想像図

.

「キナコ?」

「いやシナモンだよ。糖尿病予防にいいんだよ〜」

彼の持っているアイスコーヒーのカップに目を落とすと、

氷の上に山盛りになったシナモンの粉があった。

「そんなにたっぷり入れるんだね」

「毎日5g摂るといいらしいですよ」

「へー、でもそんなにかけたら次の人の分がなくなるよ」

「これはマイ・シナモンなんだよ。だから大丈夫」

「さすが」

そう称えると、

タヌーマンはうれしそうに鼻をこすった。

指先からシナモンが落ち、

昨日から取り憑いている北原白秋の『邪宗門』の一節が浮かんだ。

「われは思ふ、末世の邪宗、切支丹デウスの魔法。
土佐のタヌキを、
埃及(エジプト)の桂皮(シナモン)を、
亀泉の酒(タヌーマンのおじいちゃんの兄弟の酒蔵。土佐市出間)を」

そう言い終わって、

満足して彼の顔を見ると、

「ハクシューより石川啄木ですよ」

タローマンは、

自分の好きな詩人をカミングアウトし、

そして詩を詠んだ。

.
病のごと
波に乗るこころ湧く日なり
目に青空をにじませて
.
己が名がタヌキに呼びて
涙せし
四十九の春にかへる術なし
.
青海に消えゆく波
さびしくも消えゆく波
われにし似るか
.
ほとばしる土佐の波の
心地よさよ
しばしは若き心をもって見る
.
師も友もタヌキという
謎に似る
わが心のおこたりの因
.
浦ノ内より遁げて
ただ一人
かの玉石に寝に行きしかな
.
広き川の砂利に寝ころびて
空に吸はれし
五十の心
.

タヌーマンは石川啄木と同じ、

一首三行書きというスタイルを踏襲しつつ、

タヌキ生活を歌う歌風にしびれた。

悲しいとは知らなかった!

もうタヌーマンから目が離せない!

(カラーズマガジンより)

【巻末リンク:タヌーマンがわからない人へ】

北東風の部原_90年前のデザートを食べる夢_【ドラグラ・タイムス】『幸せのタローマン』書評_(2502文字)

【リンク2:さらなるタヌーマン】

【タローマン特大号】タヌキマンはエイハブ船長!?_土佐清水食_(3122文字)

【リンク3:去年のタローマン】

横浪半島&オトナシ・タローマン_ウナクネ階級図_(1449文字)

Happy Surfing!!