新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

青龍寺南の波_サーフィン師範の国の割合_法王たちと楽しい時間_(1403文字)

土佐青龍寺。

如意山に建てられた本堂。

その前に咲いていた芙蓉(ふよう)。

土佐の青龍寺は、

波切不動明王を本尊として祀っている。

波切不動明王は、

海を治める神さまとして、

空海たちが乗る遣唐使船を助け、

そのお姿を模したのを空海が木彫りとし、

土佐高知の宇佐の竜という地に捧げられた。

(波切不動明王は高波を切り開き、

空海の乗る船を奇跡に導いたと言われている)

その青龍寺からちょうど47km南に下り、

それはすばらしい波を発見した。

ここもSR500同様に岩がボコボコしていたが、

世界レベルの岬波でありました。

こんな岩盤由来の海底からのメッセージもあり、

数日前にここに書いたWSLタヒチ戦のことを思い出していた。

今年のトップ16まで登りつめたサーファー師範たちを国別で分けてみた。

すると、

ブラジルから6人

フランス4人!

オーストラリア3人

南アフリカ1人

米国1人

ハワイ1人

こんな調査結果だった。

とすると、

『WSLツアーで、最も凶暴な波』

としてクレジットされるこのチョープー戦は、

ブラジル人がほぼ4割(3割7分5厘)いて、

領も含めてのフランス人が2割5厘、

つまり25%も存在していた。

これは現時点の、

激烈波でのサーフィンの師範対決であるが、

ハワイでもなく、

オーストラリアでもない。

そんな時代なのだろう。

幸水とスペイン本マグロのサラダ。

まるで河合さん家が、

アボットキニーのジェリーナに感じました。

https://www.gjelina.com/

河合さんと私。

令和元年の夏。

.

千葉ジェフリーズの裏手は、

堤防工事現場になっている。

工事現場で二郎くんと、

ケントくんの親友コンビの姿が見えた。

私は彼らとの再会にうれしく、

カメラを向けるとサバ手をしてくれた。

すばらしい童子たちでありました。

少しして彼らの姿が見えなくなったので探しに行くと、

こんなことをしていた。

「何をしているのかな?」

聞いてみると、

「これは悟空とベジータが、

ポッドで地球に降りてきたごっこです」

ケントくんがそう答えてくれた。

なるほどドラゴンボールの名シーンをここで再現していた。

最近の小学二年生の遊びは密に入っていると感心させられた。

手足が泥だらけというのも、

最近の子どもにはあまり見られないので、

そんなことにもうれしくなった。

【湘南編】

ラカ法王と、

ツナくんとで、

名医ナオキくんがいる

『ショア整骨院』に行ってきました。

ツナくんの髪型からこの日は、

昨日ポストしたヘアカリフォルニア以前とわかる。

神奈川県藤沢市鵠沼海岸2丁目5−18

0466-52-4213

ツナくんは、

『測量の達人』というゲーム案をセガ社等に提出するため奮闘しているのと、

つくばエクスプレスの六町駅が地下深く、

乗り換え先の北千住、

半蔵門駅付近も酷暑で大変らしく、

とにかく全身の倦怠感があると言い、

ラカ法王は、

どこかの国の法王と違って自立しなくてはならないので、

普段はハイパーV屋根プロ#1200などを履いて、

灼熱の屋根に登られて吹き付け塗装などをされている。

なので、

首と肩、背中が悲鳴を上げると、

こうしてショア整骨院にやってくるのだ。

施術後は、

東急ストア鎌倉店経由、

カルディ鎌倉店に行き、

それぞれの食材を得た。

私は料理の鉄人になりきって腕をふるった。

法王の福顔が破顔し、

今日もいい日だったと静かに感じながらシャッターを切った。

Happy Surfing!!