新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】逗子サーファーズ_キャッチサーフ、クワガタとタヌくん_コンちゃんが持ってきてくれたCYXBORG誌_鎌倉タンデム_(1313文字)

逗子サーファーズ岬。

これは逗子海岸寄りの駐車場であります。

そしてフロントガラスには本日のNAKISURFオリジナルタオル。

なんと野性のクワガタをナッキーが発見した。

こんなことからも逗子には自然がたくさんあるとわかる。

糸は蜘蛛の巣由来だろうか。

本日のメニューではないが、

乗る、乗ったボード。

左から

Catch Surf ODYSEA Plank 7′

Catch Surf Skipper Fish 6′

Catch Surf Skipper Fish 6’6″

Catch Surf ODYSEA x Barry McGee Pro 7′

この内の2〜3本あれば、

ほぼ全ての波質に対応できるスゴボード群。

サーファーズ岬は北風がオフショア。

なのでパーフェクトなコンディション。

こんな永井博さんの描くアートのような色彩と海。

晴れたら必ずココサンシャイン。

これがあれば、

かなり長時間サーフできるのです。

きんちゃんと1971ボンザー。

タイラー・ウォーレン自家製であります。

60歳の背中に羽根を付けたボードがありました。

「コンコン」はキツネだが、

「フナキくん〜」

と鳴く声がしたので、

下を見ると、タヌくんだった。

「あれ〜、来ていたの〜?」

そう叫ぶと、

「ラカー」

とサバ手ポーズをしたタヌくん。

このサーファーズ岬は、

複雑なチャンネルで有名だが、

タヌくんがそれを知っているとは驚いた。

リーフにはウニがぎっしり付いているのです。

ウニ被害もなく、

大喜びで上がってきたタヌくん。

さすが、浦ノ内人です。

元著述家である岸さんと、

サーファーズ主宰であるナルちゃんと3ショット。

隙間にナッキーも見えるから4ショットかも。

「俺たちもな、こいつには化かされていたけど、

タヌキが取り憑いていたとは知らなかったぜ!」

そんなナルちゃんのセリフがすてきだった。

念願のサーファーズ・バーガー。

先日辻堂でシェイクシャックのバーガーも食べたけど、

お世辞ヌキでこちらの方が上手です。

(巻末リンク*2を)

念願のサーファーズにやってきたツナくんは奮発して、

サーファーズ・バーガーにフィッシュ&チップスをマンライオーダー。

ペロリと食べていました。

タヌくんは、

七里ヶ浜のウラテンノウ前に行きたく、

ウエットスーツを着替えずにうろうろしていた。

駐車場に戻ると、

コンちゃんこと、

近藤さんがタイミング良く来てくれて、

NISIさんのサイボーグ誌のバックナンバーを届けてくれた。

コンちゃんも晩年のNISIさんを助けた一人であります。

感激感動。

瀧朗落涙。

人生では大切な本もあるのです。

これは昨日の続きだけど、

こちらが豪くんのIGポスト。

やはりいいなぁ。

私も

#team友ちゃん

というハッシュタグを付けて投稿しました。

Aki Nakamura AKA Aki-chan

.

アキちゃんのエンドレスサマー。

すてきでしたよ。

こちらの動画は、

7フィートという短いボードに一瞬だけテイクオフした映像です。

こういうのって、

挑戦しがいがあって、

そして大笑いするほどおもしろいのです。

【巻末リンク:オリジナルタオル】

【重要】奄美大島、嘉徳海岸その後_NAKISURFオリジナルタオル3種まもなく納品です!!_(2079文字)

【巻末リンク:シャックバーガー】

【サーフィン研究所スペシャル4】八卦ヨノピーク_ドラグラ予言者ジェイミー・ブリシック_ここまでのいろいろ_(2637文字)

Happy Surfing!!