新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所&ドラグラ思想編】どこかに向かうひとつの旅_護岸について_(1567文字)

Catch Surf Skipper Fish 6’6″

Nakisurf Original Mega Twin + Vektor VT

.

台風からのうねりだろうか。

南東からの波に乗った。

Takibi God at North Jukuon

on Catch Surf x DFW PRO 7′

.

DFWをライフスタイルとするのはタキビ神。

気づいた読者も多かろう。

『スーパー・タキビシ・ヤス』だったのが、

タキビ神

へと神格化したのだ。

メラメラ〜

タキビ神のパラレル・スタンス。

ここまでのフルレイルを達成しているのは、

彼がフィンレスやミニマルフィンの達人であるからで、

さらにはストール、

スーパー(ハッピー)・クロス(画像)、

ブバラカ・ドロップ等、

それぞれ独立した極みが集まって、

有機的な関係のもとにタキビシの世界感を提示する。

その世界を司るのはタキビ神であり、

「やはりサーフィンはこうでなくては」

そんなことを思いながら鎌倉のブックオフへ行くと、

「蝉丸」能楽台本。しかも手製。

のらくろ探検隊(昭和14年作、カラー!)

ヘミングウエィ『老人と海』(昭和38年刊)

を安価で感涙入手した。

たとえブックオフであろうと、

古い名作が鎌倉にあるのは、

歴史に由来しているからであろうか。

“Monolith, 2001: A Space Odyssey”

.

「どこかに向かうひとつの旅」

私たちはそうやって生きている。

どの世界にも涅槃があり、

そこにある永遠につながる円というか、

連なりのひとつという輪廻感を得た夜だった。

土佐の偉人に合掌。

波乗りを正しく、

楽しくやさしくお伝えしよう、したい。

そう考えている。

けれど、

かんじんのゲレンデは砂浜が消失していく。

各地に行くたびに大小それぞれはあるけど、

悲しいお姿を散見する。

今までは、

「長い時間をかけて」

海岸を取り去っていくのだと思っていたのだが、

どうやら台風が来ると、

「そのあたりの浜をすっかり」

取り去ってしまうのだと気づいた。

継続的かつ、

局地的なのであります。

そしてその消波ブロックだったり、

護岸の底から出て来る出て来る、

こんなにも護岸が隠されていたのかと、

隠しているわけではなくとも、

海岸にある坂状の堤防はここまでの裾野があり、

巨大だったのかと基礎を見て知るわけです。

しかもこうなって見ると、

ちゃんと、

壁になっているだけど、

次の台風が来れば、

崩れてガレキになってしまう。

そのくらい脆い。

脆いから、

今日もせっせと修繕工事をしている。

千葉県いすみ郡一宮町だけで3箇所やっている。

これも日本の政策だか、

高度成長への基盤なのかはわからぬが、

無用のコンクリートを海にはめこんでしまった結果だろう。

(今日のジェフリーズ。ご覧のように砂浜が消失し、

手前にはすでに隠されていた護岸が出現している)

.

日本全体で護岸は、

かなりの予算というか、

巨額を割いているので、

ここを見直せば、

消費税などはいらなくなるはずだ。

いや、いる。

入ってしまったものを取り去らなくてはならない。

葉山の洋之介くんが夢を見て、

サーフィン研究所所長の悲願でもある。

「川からの砂が海に流れ着くように」

そんな海遊びの基本の海岸作りを考察しはじめました。

多くの人が気づいて、

すばらしい自然を取り戻せたらとは、

私もサーフィン研究所所長も、

そしてみなさんも同じだと思います。

注視してみてください。

【お知らせ】

渾身というか、

最高傑作のカレンダーが完成しました!

倍増して、お値段据え置き。

限定数なのと、

お得なセット割、

先行予約はこちらからお願いします。

来年もよろしくお願いします!!

https://www.nakisurfshop.com/SHOP/30262/60543/list.html

Happy Surfing!!