新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【祝】皇紀2680年春分の日_レイライン&太陽道_(1404文字)

Catch Surf Odysea Plank 8′

.

太東なんだけど、

いすみ市と一宮町との境くらいでサーフした。

かなり地形が良く、

けれどワンピークなので、

通常時間は混雑は必至だろう。

この三連休はどのようなことになるのだろうか?

強い南西風が基調なので、

やはり太東周りが風を避けるだろう。

予報は午後に向けて風力が収まるようで、

夕方に期待する。

これは昨日の夕方。

タキビ神と同所に待ち合わせた。

日没後、

タキビ神と入れ替わったマグヤン。

彼はマンライ3本を得て、

一番搾りを3本飲んで、

「夜もマンライでした」

そう教えてくれた。

羽根岬、龍宮神社の赤鳥居

高知県室戸市

スカイアンドシー・ムロト

.

さて、本日は春分の日。

黄経0度の日で、

地球の元日と呼ばれる日というわけは、

太陽は地球から見える視界(天球)を一年かけて一周する。

太陽が移動する道を黄道という。

太陽が通っていく星座を黄道十二星座という。

黄道が南から北へ交わる点が春分点(しゅんぶんてん)です。

この春分点を起点(0度)とし、

360度に分けたものを黄経(こうけい)とする。

そんなことがわかった。

とにかく、

本日はその地球という天体の新しい始まりです。

いろいろありますが、

穏やかに無事でありますように。

さて、

レイライン(ley line)というものがある。

これを調べてみると、

1.特徴的な地形を横切る直線
2.時代を問わず、重要な地点同士を結ぶまっすぐな線
3.不思議な聖性ライン
4.そんなものは存在しない。想像の産物

というような意見だったり、

すごいのが、

5.UFOの航路

というのまであり、

これはさすがに上記の枠には入れなかったが、

シギーGやマグヤンのようなニューエイジ組にはそう映るのだろうか。

そのレイラインはわかったが、

日本は『日出ずる国』とされて久しいが、

日本の美称、ひのもとともされている。

とにかく、

その日=陽が黄経0度のときに、

これらの古来からある寒川神社、

富士山の頂上、

琵琶湖の竹生島、

さらには元伊勢、

大山、はては出雲大社に陽光がレイライン上を通り抜けていく。

どんな意味があるのだろうか?

これを説明するためには、

古代にさかのぼって、

誰かを連れてこなければならず、

そんなことは、

タキビ神ですら「できません」と言っている。

とにかく、

今朝玉前神社に行ってみた。

2017年以来、

3年ぶりの晴れた春分の日@玉前神社。

前回の黄経0度のレイラインにも不思議なものを数多く見た。

(巻末リンクを参照ください)

スカイアンドシー・ムロトは、

空海由来であり、

室戸岬の近くにある銘ゲストハウスだが、

開業のお祓いの際には、

クルミちゃんの祖先である菅原道真の使いがやってきた。

その際に水回りに念を入れて祓っていったが、

聞いてみると、

神は水を伝わってやってくることを知った。

このハレの本日も水場にカメラを向けてきた。

龍の口から吐き出される神水。

これは銘が付く湧き水だということで、

この下には多くの人が汲みに来ていた。

まるで土佐の桑田山温泉の湧き水のように、

霊験灼かという感じだった。

近づいて、

先ほどの問いではないが、

水や水滴から真理を知ろうとするのはいつものこと。

何かが伝わった瞬間、

画が変わって見えた。

まるでたくさんの龍に護られていたような、

そんな光明が背中を抜けていった感覚だった。

【巻末リンク:3年前の春分の日】

【祝】皇紀2677年春分の日_レイライン=太陽の道、龍脈→宇宙_ウナギ=ドラゴンだったのか!_(1212文字)

Happy Surfing!!