新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】2021NAKISURFカレンダー5種!_竜について_blue誌発売!!_(1188文字)

今年のNAKISURFカレンダーは五種類となる。

物理に詳しいマトリックス

ビジュアル重視のイマジン

CDサイズのデスクトップ

そして、

貼る手帳となるポスター(2種)

というラインナップ。

これらは使い方自在で、

「台紙を使って組み合わせてる」

というアイディアは、

農学博士のベンチュラ・セイジと、

物理派でありつつ、

力持ちであるポパイ・ケイスケのダブル草案であります。

NAKISURFカレンダー。

独自の進化を遂げてずいぶんの時が経つが、

今回はマイナーチェンジというより、

APPLEのM1チップのような改革だろうか。

乞うご期待ください〜!

遣唐使の空海が、

長安で恵果(けいか、えか)和尚より真言密教の奥義を伝授され、

密教の真髄を会得して帰国した。

弘仁6年(815年)、

嵯峨天皇の勅命により、

空海が初めて創建したのが青龍寺だ。

青龍寺は横浪半島の山中にあり、

ここの地名を竜という。

ここの地形が竜に見えてならない。

昭和48年にかけられた宇佐大橋(㊼)をどけると、

完全に竜の頭だ。

それにしてもドローンはおろか、

飛行機すらない時代に

『竜』という地名を付けたのは誰なのだろうか?

宇宙人説を信じてしまうのは、

この湾にいるタヌ星の彼のおかげだろうか。

(巻末リンク*2参照)

Tyler Warren 2+1 / 6’5″

Greenough 4A-9″ + VEKTOR VMK

.

波が出た。

このメジャーなうねりは先週から予想されたもので、

このあたりのサーファーの合い言葉は、

『金曜日、週末』ということになっていた。

一週間も前の波予想が当たる時代になったのは、

うれしくもあり、

ちょっぴりさみしくもある。

「波は未知なるもの」

そんなエゴがあるからだろうか。

さて、

ブルー誌が発売された。

ロペス親子のストーリーが表題となっている。

前出した土佐の竜とか、

室戸や黒潮町やクマさん公園等にいるのだが、

やはりここまではまだ届いておらず、

後で市内の本屋に行くのも本日の予定に入れた。

タイちゃんのアートが、

グリーン・ルームと契約したようで、

こんな記事があった。

彼の絵は本当にすばらしいので、

こうして世界に本物が拡がっていくことがやけにうれしい。

私のブルーの連載は、

巻頭コラムとして掲載されています。

この台風10号波は、

魔獣だか魔王クラスだったけど、

「その魔と相対してみて」

そんな内容です!

【カセットレーベルのおまけ】

提供:ドラゴン・グライド・プロダクションズ

【巻末リンク:空海時代と、竜地形について詳しく】

空海と青龍寺、そして龍_(1683文字)

【巻末リンク*2:タヌ星人のことについての最近】

【サーフィン研究所特大号】全体主義への圧力を感じて一筆_(2727文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!