新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所奄美支局通信】タキビ神の具体と抽象は、トム・カレンのサンディエゴ・フィッシュ_(1755文字)

Ankylosaurus, Amami 2021 January

.

満潮のアンキロサウルス。

あんなにギザガリに浅かったのに、

潮位が1m上がると、

まるで違う波に見えた。

嵐がやってきた。

見える波は具体だけども、

いま考えていることは抽象である。

こんなことを書き出すのは、

1975年のサブカルチャー誌『宝島』を読んで、

北山耕平さんが伝えたかったことの萌芽を感じたからである。

「である」

こんな語尾だと、

ちょっぴり偉そうだが、

昭和軽薄体というブンタイがあって、

そこからのものだ。

「でR」

とは、

ショーワ・ケイハクタイではない文体の

嵐山光三郎さんが産み落としたものだ。

ややこしいが、

そうなっている。

またはまだ見ぬ*ケヴィンという怪鳥なのか。

(*映画『Up』より。邦題:カールじいさんの空飛ぶ家)

これを読んでわからない人は、

「意味をなさない」と感じていただけたら幸いである。

この昭和軽薄体は、

あらゆることが濃い昭和に、

作家の椎名誠さんたちが、

「硬派に生きよ」とばかりに世の中をクヌヤロとにらみつけて、

この文壇界に出現したものだと理解している。

さて、

「る」の語尾は終わりにして、

タキビ神の話をしたい。

彼がサーフィンを思想化したということは、

今まで書いてきた。

(巻末リンク*3を参照ください)

タキビ神はサーフィンに具体、

上陸=成仏

バレル=真理

を持ち込み、

それらの概念を当てはめることによって、

波に乗ることにより、

「即身」という抽象の昇華を遂げる達観にまで到達した。

これは本尊デューク・カハナモクに信心、

祈祷(きとう。Adhiṣṭhāna)し、

ハッピーサーフ・マインド(心)と併せての深き日々が背景にある。

うまく乗りたい

とか、

もっと乗りたい

そういった煩悩あふれる状態から、

観念は成仏(上陸)だけに向かっていく。

その達成時には、

自身の到達点である(宇宙との)意識交信、

具体的には、

「自身の放射が、宇宙より反射される」

といった即身の結果を生むものだとされている。

(サーフィン研究所土佐支局調べ。令和2年)

最近のタキビナイトのミールは、

メキシカンが流行となっている。

この日は、

『エメラルド・ストリートのフィッシュタコス複製』

がたっぷりと供された。

このタコスは、

サンディエゴのパシフィック・ビーチにあったメキシカン・スタンドのものだが、

すぐ近くにスキップ(フライ)のシェイプ&ショップがあり、

その画も同時に目に浮かんだ。

で、

サンディエゴのフィッシュ・タコスからの連想で、

サンディエゴ・フィッシュが思い浮かんだ。

その原型(オリジナル)は、

オーシャン・ビーチのスティーブ・リズによって、

1967年に産み落とされた。

そしてこのデザインは今もなお愛され続けているロングセラーだ。

フィッシュと言っても大手メーカーが、

「〜フィッシュ」とやっているマイルドなものではなく、

しっかりと分厚く、

反りも少なく、

重く、

やたらと速いボードだ。

それらフィッシュに乗って、

フィッシュ・タコスを食べたことがあるタキビ神。

同時期にそのサンディエゴで生活していた瀧朗。

そして、

サンディエゴで学生生活を終えた一平くんや若、

そして谷沢くんたちは、

この画像を見てどう思うのかが気になった。

この夜の音楽提供は、

やはり細野さんで、

スケッチショーだったり、

1976年の中華街のLIVEが見事だった。

ついでに書くと、

『ホソノハウス』のTシャツも最高だった。

これを見て、

タヌ氏のことを思い浮かべるあなたは、

かなりのドラグラ通であります。

サンディエゴ・フィッシュ原型と言えば、

ロレックス松本さんが前田博士に複製というか、

復刻を求めて、

それが今現実なものとなった。

1960年代の乗り味とは?

小波にも掘れた波にも、

サンディエゴで産まれ、

ジェフリーズ・ベイでトム・カレンが乗ったのが、

このオリジナル・フィッシュでR。

詳しくは、

NAKISURF千葉までどうぞ。

ちなみに二度以上見る場合は、

開始後8分37秒後が、

スキップボードに乗るセクションです。

【巻末リンク:即身(ソクシン)について】

【サーフィン研究所特大号】『宇宙とつながる』感覚_2021カレンダー5種!!_(2538文字)

【巻末リンク*2:即身続編】

【サーフィン研究所】宇宙的な感覚の相互通行禁止について_(1782文字)

【巻末リンク*3:サーフィンを思想化したタキビ神】

【ウナクネ三部作・序編】ネオ・フィンレスに最敬礼_タキビ師の炎_サヴァーダ思想 _バラボン論的タキビネコ論_(2025文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!