新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】奄美ランド・パーティ_コーヒーの効能_(1089文字)

Catch Surf® Skipper Fish Ⅵ 6’0″

Nakisurf Original Twin + Vektor VT

.

暖かい日だ。

ビーチは26度くらいあるのだろうか。

高台にある気象台は22度だとあったので、

盛春という日となった。

週末は、

カナダからマウイ経由で奄美に移り住んだジョンのバースデーだった。

こんな景色が見える場所がパーティ会場という驚き。

で、

ジョンが大好きなタキビ豚だとか、

大量のビール、

オピヒやさまざまなおいしいものが、

焼かれたり、

持ち寄られたりしていった。

オピヒに関しては、

奄美一番の知識と情報を持つジョン。

後ろで「ささやき戦術」ならぬ、

焼き指導しているのがファジャさん。

サーフィン研究所所長家族の親友でもある。

すばらしき島人たち。

料理のカウンターは、

たくさんのおいしいものが大量に並べられていた。

DJによる音作りもすばらしく、

さまざまなパーティに行ったが、

さすがだと感激してしまった。

このパーティの主催者である勇生くん。

大波に乗って、

そして小波でエアをぶちかます島のグレイトサーファーである。

嘉徳海岸のアートをかかげて、

ナチュラリストとしての意識が高まった。

(嘉徳海岸については巻末リンクを参照ください)

さて、

コーヒー。

生豆が次々と届き、

コーヒーが日々焙煎されていく。

NAKISURFのスタッフたち全員が、

長期間研究を重ねている。

拝見していると、

おいしいコーヒーとは、

知識や経験の積み重ねの場合もあるし、

根本的に崩されてしまうときもあるようだ。

こういった凝った自家焙煎のことを4thウェーブと言うのだと、

先日食事をご一緒させていただいたTransit誌の編集長から教わった。

多くの人の目がスペシャリティ・コーヒーに目が向きはじめたようだ。

コーヒーの効能というのもたくさんあって、

糖尿病予防とか、

動脈硬化、

脂肪燃焼効果、

シミやしわ、

肝臓がんの発症リスクを抑えることにとても効くものだとあった。

シャッキリとする覚醒効果もあるので、

金メダル的な飲料だといえる。

お茶と同じなので、

出自が確かな豆でないと、

健康被害がありそうで怖い。

すこし昔のコーヒーというのは嗜好品で、

ちょっぴり体に悪いだろうと思われていたものが、

今は健康にすばらしいものですよ〜となっているのがうれしい。

@mandalacoffee_japan

【巻末リンク:滅岸させたくない嘉徳海岸】

【サーフィン研究所重要号】悲しみから立ち上がれ_嘉徳海岸のいま_(1845文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!