新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】ピンクムーン日に会館からパレスへ_鎌倉から太東岬へ_(1179文字)

2021ピンクムーン。

蠍座の月でもありました。

雲が多かったので、

それが彩りとなったのが良かった。

湘南を後にして、

千葉までやってきた。

音楽関係の勉強が始まった。

つまり研修は、

ドラグラ会館からしばしタキビパレスとなった。

流行音楽は、

AORからシティ・ポップとなり、

山下達郎さんたちが世の中を席巻した。

Catch Surf® ODYSEA x NAKISURF 2+1

Plank 7′6”

.

長身のタキビ神が76モデルに乗ると、

ボードが短く見える。

低いスタンスの良波賢乗。

最近どこに行っても

「ダニーのオリジナル・フィッシュ・タコスが食べたい」

そんなリクエストをいただく。

「せんどう」にはパクチーが売っていなかったので、

それが欠けてしまった。

だが、

タキビ神が仕入れてきた業務用のサルサソースが、

ビアバターにコブラツイストをかけて、

風味はそのまま沖縄サンディエゴのレイ・ラインだった。

(レイラインについては、巻末リンクを参照ください)

文体というか、

文章が崩れているが、

江口寿史さんの読みすぎなので仕方がない。

湘南最終日は、

鎌倉由比ガ浜の名店『ウミカフェ』に行った。

私のコーナーがあり、

フルーツと野菜のブランド

『KAMAKURA CHIP CHIP』

へと続いていくのが誇らしかった。

ウミカフェ自慢の鎌倉野菜サラダに、

豆乳と野菜のドリア。

そしてブラジルG1コーヒー。

うれしくておいしいので、

お土産にジャム各種と、

前述したチップチップのドライフルーツを購入する。

ウミカフェの一平くんと嘉子ちゃん。

そして後ろには杏(あん)ちゃん。

20数年前からのお付き合いであります。

そのままカルディ鎌倉店に行き、

最近はまっている『クリスプブレッド』をゲット。

50%前後種子と仁でできていて、

素朴な味の健食スナック。

海上がりにはこれ一筋なんです。

ドラグラ会館の門となる小町。

その本覚寺の夷堂でいろいろを清めて、

お世話になった法王に、

彼が大好きなマカロニグラタンを作った。

おいしくできたが、

反省点はマカロニを茹ですぎて柔らかくしすぎてしまったのと、

鶏出汁をベースにしたが、

少し塩辛かったということだ。

チーズに塩分を計算に入れなくてはならず、

けれど人格者の法王(ホーオー)は、

「おいしい、おいしい」と食べてくださったことに視界が潤んだ。

マック・デマルコもホーオーが大好きだと言うし、

なんだか法王人気を掘り起こされたようで大変なことになっている。

これは漫画家志望の鯖雄(サバオ)先生が、

ドラグラ編集部にこんな2コママンガを寄せてくれたので、

ここに鋭意掲載しました。

ありがとうございます!

【巻末リンク:レイライン1】

【祝】皇紀2677年春分の日_レイライン=太陽の道、龍脈→宇宙_ウナギ=ドラゴンだったのか!_(1212文字)

【巻末リンク*2:レイライン2】

【祝】皇紀2680年春分の日_レイライン&太陽道_(1404文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!