新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】うねりの周期9.6秒の台風銀座にて_(1539文字)

West of Muroto

.

うねりは続く。

現在の高知に届くうねり周期が、

平均で9.6秒という強烈数値になっている。

台風6号からの南、南西。

そして8号からの東、

南東でうねりの銀座通りとなるのかと想像していたが、

なぜかそこまで波のサイズが上がってはいない。

「うねり同士が重なると、分散するのでは?」

そんな仮定もやってくるほどサイズが上がらない。

それでも潮の時間と、

うねりの方向が合う岬だったり、

ブレイクならばすばらしい波がやってくる。

こんな7月後半に台風銀座になるとは予想すらしなかった。

冬の寒さにしびれる夜におびえ、

かじかんだ指を揉んだのはいつだったのだろうか。

同じ風景だが、

こうして暖かな大気のなかでシャッターを押す瞬間、

そのことがチラリと頭の中を横切った。

マンダラ・コーヒーの初回オーダーは、

たくさんのお問い合わせをインスタグラム

@mandalacoffee_japan

でいただいております。

ありがとうございます。

そして本日より

ウエブストアがオープンしております。

https://mandalacoffeejapan.com/

どうぞよろしくお願いします。

空海像を拝見すると、

「これは法王に似ていますね」と、

一同で話題となった。

この場合の一同とは、

河合和尚とナッキー、

そしてシギーGのことだった。

ちなみに冒頭画像で波をチェックしているのが河合和尚だ。

一同ではなく、

SMSドラグラ通信では、

この画像を見てタキビ神が「初代(ラカ法王)だ!」

そんな声も聞こえてきた。

波がたっぷりとあった4連休も終わるので、

各地の波とドラグラ派の動向などをここに。

最近は、

土佐横浜から須崎を範囲とする山中泉くん。

夜勤明けの重い体で美しい斜面を駆け抜けていた。

ハッピーサーフィン!

コーヒーの始皇帝であり、

四国の偉人のひとりであるタマちゃん。

(偉人については巻末リンクを参照ください)

彼もまたパワフルな斜面を駆け下りつつ、

その合間に近所の畑で農作業と、

鉄人のような動きをしていた。

タマちゃん秘剣の真正ボンザーの滑り軽やか、

私もサバ手で声援マンライ。

(満足ライディングのこと)

修行7日目のシギーG。

最初は波が怖くて、

巻かれると目がバツの形に見えた。

これはまるで困難時のミッフィーの化身かと思ったが、

ついに男の顔になってきたようだ。

土佐のブルース・リーであり、

三つ星レストラン『yoiyo』のオーナーシェフであるジュンヤくん。

彼を見ているとサーフィンと、

料理の自由度というのは無限大ではないかと思えてくる。

これはジュンヤくん渾身の『桃のモッツァレラ』。

酸味と甘味がバタフライしながら、

ヨガで背中を伸ばすような味だった。

(yoiyoについては巻末リンク*2を参照ください)

Nacky on

Catch Surf® Skipper Fish Ⅵ 6’0

Nakisurf Original Twin + Vektor VMK

.

この波群でたくさんの新しい波に乗ったナッキー。

初日のエビス、

二日目のTB(Tang Beach),

そして室戸西の各ブレイク。

ナッキーは、

「(サーフィンで言うところの)セクションとは、

斜面の内側だと実感できるようになった」

うれしそうにそう言った。

【お知らせ】

室戸岬周辺は、

カンパチ(アカハナ)の季節となったようで、

また大きいのが釣り上げられていた。

この速く泳ぐ魚。

しかも2m近い大物を釣り上げるのはさぞかし大変だっただろうと、

この小松さんのお気持ちになった。

【巻末リンク:偉人タマちゃん】

【文藝短編】偉人タマちゃんとベンチュラ・セイジのワイナリー=カレラ・ワイン=三輪酒_(1980文字)

【巻末リンク*2:yoiyoについて】

【サーフィン研究所】稲村ヶ崎そっくりの岬町波_3838ヨイヨ!_(1898文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!