新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所特大号】激烈なる諸国漫遊の修行_スマグリはんのエキアネと、プアメガの法王ポコニャン同一説の説得度_(2106文字)

雨の日。

私は東昇が乗った波を探そうとしていた。

(東昇については巻末リンクを参照ください)

Catch Surf® Skipper Fish Ⅵ 6’0″

Nakisurf Original Twin + Vektor VMK

.

結局はというか、

もちろんあの波は見つけられず、

岬町波に向かい、

滑落しないように張り付いて落としていくセッションだった。

テイクオフの際には減速させるが、

自身は常に波の下に落としていく、

転がっていきそうになるのをレイルで食いとめるというアレだ。

痛烈であるが、

諸国漫遊の修行だと思えば、

それほど苦労しない気がするのだった。

こういうときの視界は、

奈落の底から飛び降りている気がしている。

飛び降りながら波腹が出てきたらそこに張り付くように、

体のどこかを、

またはどこでもいいから接水させて減速させる。

サーフィンの魅力とは、

純粋な速さに圧倒されたり、

波の大小緩慢、

潮の流れ、

風向きと強さという原則があり、

自分の極限がぶつかりあうからおもしろいのだろうか。

Tyler Warren 2+1 “one-off” 6’5″

.

ときに波は地球の向こう側から届く。

この『うねり』というエネルギー群の脅威は、

波乗りを知る人ならその腕前の高さと同等に、

指数関数的に増加することを知っているだろう。

自分自身の極限と、

大自然の強大なエネルギーが結合して、

何かの共鳴を感じることをサーフィンと呼んでいるのかもしれない。

そんなことを考えながらハンバーガーを食べていた。

ちなみにこれは私が考案したマクドナルドのメニューで、

〈プアマン・メガバーガー〉と呼んでいる。

要はチーズバーガー3つを注文し、

それらを重ねただけだが、

肉っぽさがアメリカナイズされていて良いのである。

ちなみにチーズバーガー3つで420円。

ビッグマックが390円なので、

30円増しでパティとチーズを追加して、

野菜を抜いたと書いたらわかりやすいか。

さらに書くと、

プアマンとはpoor man=貧乏人という意味なので、

リッチではない人のメガバーガーとなりましょう。

余ったバンズ2枚は、

ジャムを付けてデザートとなるのも花マル。

公式だか非公式かはわからないが、

〈プアメ〉

または〈プアメガ〉という省略形で発音するときもあるという。

ビッグマックが出たので、

ビッグマック指数(The Big Mac Index:BMI)の話を書こうと思ったが、

それはいつかここに字数を使って書いてみようと思っている。

この画像は、

スマグリはん(向かって左)のファンがタヌ・ビーチにやってきて、

一緒にハッピーサーフしました〜と、

微笑ましいセルフィーがドラグラ・プロダクションズに届いた。

スマグリはんとハッピーサーファーのお方、ありがとう〜!

先日、

テキーラの熟成が進むと、

エキストラ・アネホとなるとここに書いたが(巻末*2)

前出したスマグリはんこと、

スマイリー・グリズリーは、

エキストラ・アネホのように灼けているので、

〈スマイリー・グリズリー・エキストラ・アネホ〉

のほうがええんちゃうかいな?

そんな提案を受けた。

だが、

結局は上に書いたバーガーのように呼び方が短くなるだろう。

例えばきっと、

〈スマグリエキアネ〉となるだろうから、

エキナカと間違えそうなので断念したことが本日の決断でもありました。

【終わり】

(良い子はここまで)

〈ドラグラのおまけ〉

ポコニャンは、

「ラカ法王の前世です」とか、

「変身したポコニャンがラカ法王の姿をしています」

というコメントがインスタグラムのスパムフォルダーに入っていた。

これは調べてみようと思い立ち、

「もしかすると、法王はポコニャンですか?」

ズバリご本人に電話でそう聞いてみると、

「はい〜。うん」

という答えが返ってきた。

だが、

法王は全肯定のお人なので、

その真意はアイスコーヒーの氷の中にあるようだった。

少し話は変わるが、

私は50年間くらいの大の野球好きで、

ご縁があって、

アメリカでメジャーリーグを見るようになって27年目となる。

勝ち負けではなく、

良いプレーを見るのが好きだ。

日本人はもちろんのこと、

良い選手ならとっても好きになる。

ジャスティン・バーランダー、

ペドロ・マルチネス、

アレックス・ロドリゲス、

デレク・ジーター、

マイク・トラウト、

イチロー、

ダルビッシュ、

野茂さんにタティスJRといった具合で、

どの試合も好きな選手だらけだ。

そんな中、

大谷翔平くんが海を渡って宇宙的な大活躍をしているのだが、

この武運はポコニャン(法王)が高めているのですよと、

同一人物からまたDMが入った。

これがその証拠だそうで、

うれしくなった私は、

すぐにこの画像をインスタグラムに投稿した。

@nakisurf

ちなみにNAKISURFスタッフの

@nakisurf_chiba

さらにはマンダラ・コーヒー

@mandalacoffee_japan

のフォローもどうぞよろしくお願いします。

みんな、

かなり力が入っています。

【巻末リンク:東昇について】

【ドラゴングライドプロダクションズ文芸〈長編〉】蔵ラウンジ物語: 東昇のハイライン_(3799文字)

【巻末リンク*2:エキストラ・アネホとは?】

【サーフィン研究所:お盆最終日号】ロック魂のテキーラ・アネホ@土佐西南_(1675文字)

Happy Surfing and Happy Summer!!