新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】室戸おいしいもの_土佐中央の昭和40年価格_(1981文字)

四国出発前に

『ヘア・カリフォルニア』でヘアカットしていただいた。

じつは『&』のヘア・カリフォルニア編で出演しており、

少々恥ずかしいのですが巻末にリンクしておきますね。

さて、

高知県室戸岬。

スカシーこと、

スカイアンドシー・ムロト。

今日もパウンドケーキが焼かれていて、

材料を見ると、

バターから塩や甜菜糖、

全てが本物の特級品で作られている。

キャッチコピーが浮かんだ。

「かけらまでおいしい室戸パウンドケーキ」

こんなところだろうか。

河合さんが熱望されていた

マンダラ・コーヒー(巻末リンク*2)のステッカーをお渡しすると、

即座にスカシー号に貼られた。

土佐鶴の地形がすばらしい。

うねりが入ると、

こんな景色が長い間続く。

まるで機械のオートメーションのような波だなと思っていたら、

「これはマシン・ウェイブと言うんですよ」

河合さんがそう教えてくれた。

なるほど、

波質の機械のような均一化がはかられていた。

Catch Surf® Skipper Fish Ⅵ 6’0″

Nakisurf Original Twin + Vektor VMK

.

スポンジボードの粋である『キャッチサーフ』に乗って十数年となる。

最初は子どもたちと一緒に遊ぶボードであり、

そしてそのうちにメインボードとなった。

その理由として自身の肋間神経痛があり、

さらにはJOBやカラニ・ロブたちの手本があったからだ。

「むー、バレルへの張り付きはこうするのか」

「ボトムターンの粘らせかたが少しわかった」

こんな具合である。

タイラー・ウォーレンや前田博士という本物のボードに乗っている私は、

このキャッチサーフと超一流ボードとの操作誤差があることがわかり、

5年ほど前から「キャッチサーフのフィン係」と主宰ジョージと、

PRのクリス・モンロー(ビーフ)たちに任命されていまにいたる。

ということで、

本日はフィンの話を。

このVMKは小さなものだけど、

とっても大きな仕事をする小さな巨人だ。

フィンの底部というか、

下辺はボードをつなぐ箇所だけど、

ここを剛性の高いカーボンファイバーとし、

先端に向けてフレックスさせるようにハニコムとなっている。

これによって剛性が変化し、

さらに重量もスリム化させている。

ツインの後のトレーラーに、

2+1のサイドに、

そしてクアッドのリアへと大活躍中だ。

とても良いものだけど、

難は値が張ること。

なので、

なくならないようにと、

サーフ前は日本のネジをしっかりと増し締めしてから、

自分のネジも一緒に締め直している。(笑)

高知のグレイトサーファーでシンくんと言えば、

先祖代々お百姓さんメジャーリーガーの村上信一郎くんのことだ。

彼の作る無農薬コシヒカリを食べるようになって2年目となるが、

とってもすばらしいものである。

新米の季節になったので、

奈半利町までデリバリーしてもらうと、

今年のクロップは『波乗りう米(ウマイ)』ということだった。

波乗りが上手になるかなぁ。

室戸市が誇る『キラメッセ』。

超優秀な物産店であり、

簡易道の駅でもある。

天然はまちが二尾で300円以下と、

もはや値段があってないような世界だ。

フェアトレードなのか気になった。

スダチが一袋100円!

千葉だったらいくらなのだろうか。

このキラメッセで一番人気の「お土産」は、

前出のスカシーの「室戸のこだわりパウンドケーキ」だ。

何にこだわっているかというと、

1.スーパーフードであること

2.伝統的な製法

3.室戸の素材をたっぷりと使用

4.空海にお供えするように渾身製作

魚類シンジケートの『浦戸屋』さん。

(巻末リンク*4を参照ください)

ちょうどオヤブンがいらして、

「台風やったきね。

フネ二艘しかでちょらんかったき、

午後までえい魚はないぜよ」

そんなことをおっしゃるが、

『モンズマ』だ!

モンズマはとってもおいしいカツオだ。

で、

モンさんがあるやないですかと問うと、

「おまんらーは、モンズマなんか、

食べ慣れちゅーかと思っちょったき」

オヤブンはそんなことを室戸弁で言った。

天日のみりん干しも購入。

一枚100円の極上。

木曜は土佐中央に行き、

タヌくんの故郷

『宇佐ショッピングセンター』で弁当を購入した。

カツ丼が230円って、

昭和40年頃の価格ではないだろうか。

とすると、

宇佐は55年も時が止まっているらしい。

Made in USA.

翌日、

青龍寺付近にとんでもない量の雨が降ってきて、

あまりにもすごいので調べてみると、

なんと10分間雨量で20mmとなり、

すぐさま大雨洪水警報が出された。

大自然の猛威。

みなさんは大丈夫でしたか?

【巻末リンク:聖式カルちゃんの番組に出演】

【巻末リンク*2:マンダラ・コーヒー】

【サーフィン研究所】12年前と今の違い_マンダラ・コーヒー第1回販売編_(1908文字)

【巻末リンク*3:チューブの証明とは?】

【サーフィン研究所&DGPスペシャル・渾身号】タキビ神の説法2_(2539文字)

【巻末リンク*4:魚類シンジケート】

【サーフィン研究所:盛夏88スペシャル】インパクト・パドルを純粋な波に求める_全肯定の神はかんたんです!_室戸の秘密組織IMFについて_(1782文字)

Happy Surfing and Happy Summer!!