新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所:リンクx8の渾身号】仲間だけでスカシー土佐鶴セッション_総料理長の料理教室_(1926文字)

@sky_and_sea_muroto

.

台風14号通過。

今回は刺激された秋雨前線からの雨がすごく、

ここで生まれ育った森田さんご夫婦によると、

どうやらここまで雨が降ったのは、

生まれてから見たことがないという。

ついに異常気象の幕開けで、

このコロナ禍に不安が折り重なっていく。

不安解消には波乗りが一番で、

河合さんとナッキーとで、

スカシー西の土佐鶴というブレイクに向かった。

ちなみにスカシーというのは、

スカイアンドシー・ムロトの略だ。

最近みなさんがスカシーと言うので、

総帥の昔のニックネーム「スカシ」を思いだした。

(スカしているからスカシ=すましこむ)

Eiji Kawai on

Catch Surf® Skipper Fish JOB Pro 6’6″

.

「ひさしぶりの波乗りです!」

河合さんはそう言うが、

しっかりとパドリングできていて、

テイクオフでぐらついたりしないのがさすがだと感じた。

河合さんに聞いてみると、

スカシーでの作業全てを波乗りの動作としているのだそうで、

1984年の映画『ベストキッド( The Karate Kid)』を思いだした。

Nacky on

Catch Surf® Skipper Fish Ⅵ 6’0″

Nakisurf Original Twin + Vektor VMK

.

ナッキーは最近バックサイドのバレルメイクを会得し、

写真にはないが、

かなりの数をバレルを抜けまくっている。

極意を聞いてみると、

禁酒とハイラインと返ってきて、

テキーラのハイラインと禁酒の組み合わせは変だと思ったら、

滑走ラインを高くするほうのハイラインだった。

(テキーラと東昇のハイラインについては、

巻末リンク1&2を参照ください)

いわゆるパーフェクトの膝腰波。

しかも私たちだけのプライベート・セッション。

ノーズに乗ったりして楽しい時間となった。

Catch Surf® Skipper Fish Ⅵ 6’0″

Nakisurf Original Twin + Vektor VMK

.

ハイラインにして、

波トップと一緒にストールさせると、

ニセ・バレルに入れる。

50年前だと

『ヘッド・ディップ』という技となる。

波は小さいけど、

サーフィンの持つ醍醐味はそれなりに味わえた。

みんな大満足。

後ではまだまだ波が無人でブレイクしているので、

もったいない感があったほどだ。

@corner_designed

.

スカシーに戻ると、

「あの68(シックス・エイト)を持っていたら見せてください」

河合さんは元一流エンジニアだけあって、

ボードのデザインが大好きのようだ。

(あの68については、巻末リンク*3を参照ください)

スカシー渾身のパウンドケーキが焼けたので、

カルディのスバラシ・スパークリング

『タタチラ』で乾杯した。

パワースポットである室戸岬を余すところなく味わった日でした。

【オマケ:出発前の総料理長とラカ法王】

法王と総料理長は、

もはや親友に近い関係だ。

今度の法王誕生日には、

総料理長のマカロニ・グラタンが登場すると聞こえてきた。

(ラカ法王については巻末リンク*8を参照ください)

私は、

朝一番のレンバイ(巻末リンク*6)に行き、

総料理長のささやき戦術によって、

「門前の小僧、ならわぬ経を読む」

というスタイルで料理を極めようとしていたのだ。

(ささやき戦術については、

巻末リンク*7を参照ください)

「これはグリルにして、

それからブイヨンをさ、

軽くしみこませるようにして火を入れるといいよ」

「スティック・セニョールはさ、

栄養価が高いし、

おいしいからよく使っているよ」

「へぇ」

「元々は地中海のブロッコリーなんだよ」

「へー」

「使いやすいよ。しっかりとした味もあるし」

「ここはさ、

フランスのズッキーニを栽培してくれているんだ」

「20年前にフランスから種が鎌倉に持ち込まれて、

それは見事なものになったね。この花もおいしいんだよ」

総料理長は、

ひょうたんカボチャについて、

農家の方と長く話されていた。

毎日のルーティンである。

そして私は、

フレンチや料理での野菜の重要さに気づき始めた。

〈サンエーハイツ#101号室〉

そんなライセンスプレートが付いたランボルギーニ・ミウラ。

【巻末リンク:テキーラのハイライン】

【サーフィン研究所:お盆最終日号】ロック魂のテキーラ・アネホ@土佐西南_(1675文字)

【巻末リンク*2:東昇のハイライン】

【ドラゴングライドプロダクションズ文芸〈長編〉】蔵ラウンジ物語: 東昇のハイライン_(3799文字)

【巻末リンク*3:あのシックスエイト】

【サーフィン研究所】タキビ・カラーの千葉ジェフリーズ_アジテーションのシックス・エイト_(1377文字)

【巻末リンク*4:総料理長】

【サーフィン研究所特大号】 小島さんの天界味覚とハッピーサーフィンの絆_『ベージュ アラン・デュカス東京』_(4743文字)

【巻末リンク*5:総料理長の波乗り】

【サーフィン研究所千葉特大号】ドラグラ最高指導者ラカ法王&タキビ神と、総料理長コジマさん@ジェフリーズ!!_( 2618文字)

【巻末リンク*6:レンバイはこちら】

【サーフィン研究所】法王と小島さんが加藤さんをお連れした日_鎌倉デイ_マンダラ・コーヒー_(1864文字)

【巻末リンク*7:ささやき戦術について】

【サーフィン研究所】千葉ジェフリーズの逸波_総料理長のささやき戦術_(1548文字)

【巻末リンク*8:ラカ法王38世:特別講演全文掲載】

【特別講演】ダライ・ラカ法王38世『真のサーファー救済へのメッセージ』_(6472文字)

Happy Surfing and Happy Summer!!