新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所特大号】戦争反対_スカシー謹製パウンドケーキ@アグリコレット高知御座!_(2060文字)

The Mid-length 2+1by @hiroyuki_maeda

6’8″x 19-5/8″ x 2-1/2″

Nakisurf Original Twin-Fins

.

膝の調子が良くなってきた。

ここまで4年もかかったけど、

いまでは手術しないで良かったと感じている。

膝はずっと曲がらなかったけど、

そのあいだもサーフしてきたので、

パドリングその他も調子が良い。

こわいよ
かなしいよ
かわいそうだよ
せんそうのはんたいはなに?
へいわ?
へいわってなに?

これは沖縄慰霊の日に読まれた徳元穂菜さんの

『こわいをしって、へいわがわかった』からの抜粋だ。

戦争のとき、

沖縄は最前線だったので、

77年前の悲しみがいまも詰まっている。

さきほどの水滴ではないが、

7歳の視点は私たちの世界を映している。

私も当然『戦争反対』だ。

さて、

ここからは昨日行った高知市内での報告をします。

昨日は高知市内の人気商業施設

『アグリコレット』で、

スカシー自慢のパウンドケーキの試食会第一回日(全2回)でした。

複合施設「とさのさとAGRI COLLETTO」

これがアグリコレットの正式名称だ。

情報を集めてみると、

「アグリコレット」は、

「高知県各地の産品を集めた「コレクト」と、

農業を意味する「アグリ」を組み合わせたとあった。

アグリコレットには、

こんな面積の食セレクトストアがある。

スカシーこと、

スカイアンドシー・ムロトのパウンドケーキは、

すべて手作業で誠実に、

室戸岬周辺の特産品を使い、

18世紀初頭のフランス菓子

『キャトル・カール製法』でじっくりと焼かれている。

発売後、

およそ一年を経過して、

道の駅『キラメッセ室戸』で人気ナンバーワンを獲得後は、

県内での人気が猛烈に高まり、

21日の高知新聞の「こうちワイド&県内ニュース」で、

大々的に取り上げられるほどの人気となってきた。

多くの人にこのクラシック&健康風味を知っていただこうと、

アグリコレットのGM(ジェネラル・マネジャー)が、

「試食会をしませんか?」という声があり、

今日を向かえたというのがこれまでの経緯。

アグリコレットは、

巨大ファーマーズ・マーケット『とさの里』と、

『サニーマート御座店』の向かいにある。

共通駐車場とあわせて、

とても利便性が良い場所にある。

到着すると、

店内に人だかりができていて、

どこがスカシー試食会スポットかがすぐにわかった。

今回の感動は、

若い人の食に対する意識がとても高いことにもあった。

原材料を紹介するだけで

「即買い」してくれたこともしばしば。

内容物の一例は、

「たむら」の鶏卵、

室戸産柑橘、

国産小麦粉、

京都宇治抹茶、

西山大地の金時芋、

室戸海洋深層水からのお塩、

吉良川の蜂蜜等々。

でもこのことを短時間で説明するのはむずかしく、

これを解決するのが次回までの宿題だと気づいた。

それぞれも購入していただきたいと、

普段はしないバラ売りを開始すると、

こちらも飛ぶように売れて、

なんと終了前には完売してしまった。

次回は三倍焼きます!

とはパティシエのゆかりちゃんと河合館長。

(向かって左と中央)

通常のスカシー・パウンドケーキ売り場ではこんな展開だったのだが、

試食後に立ち寄る人が多いらしく、

すぐに棚からなくなって売り切れ風に見えるので、

定期的に補充していたが、

最後は本当に売り切れてしまった🙏

高知では伝説的なベイカーとして知られる川野竜一くんも、

花を持ってかけつけてきてくれた。

「完璧です!」

すべての味見をしてくれて、

そんな評価をしてくれた。

ちなみにベイカーとは、

パン焼き職人で、

なかでも彼は天然酵母(自家製)とハード系にこだわるニッチ系ベイカーだ。

最近TV出演するほどの人気農家となった信くんこと、

村上信一郎くんもやってきて、

「おいしいです」と、

純粋なる瞳を輝かせてたくさん購入してくれた。

こちらもありがたい。

御座や南川添界隈では、

若社長として知られるDJVCA氏は、

こんな笑顔のコトネ(心音)ちゃんとやってきて、

コトネちゃんファンの私はこの一枚を得た。

さらに自宅に戻ったコトちゃんは、

お母さんと一緒にスカシー・ケーキのいろいろを食べてご満悦だったそうだ。

フランス&室戸焼菓子がとっても大好きになったのは、

アグリコレットで試食したおかげだと、

お父さまから熱いお礼状があった。

昨日の高知市内は雷雨だったり、

快晴だったりと天気は気まぐれだったが、

大盛況となり、

少しでもお手伝いできてよかった。

高知市内近郊で、

このスーパー・パウンドケーキを試食されたい方は、

来週の土曜日(7/2)にもう一度機会がございます。

みなさまのお越しをお待ちしております。

【パウンドケーキ動画】

【巻末リンク*2:パウンドケーキ完成時のヨロコビ】

【サーフィン研究所】黒潮町からムロト_スカシー・パウンドケーキの歌_ロイ・ゴンザレス近況_(1477文字)

【巻末リンク*3:アグリコレットに行った日】

【サーフィン研究所】ミッドレングス_土佐高知で食い倒れ_スカイアンドシー利き酒会_(2673文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyles!!