新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】宇宙感覚の超常現象_オヤブンの夢_スケカントク_(1189文字)

The Mid-length 2+1by @hiroyuki_maeda

6’8″x 19-5/8″ x 2-1/2″

Nakisurf Original Twin-Fins

.

波乗りの楽しさというか、

宇宙感覚を味わえる日もある。

波は風が創る。

つまり自然からのものだが、

岩盤上にこれくらいの太さのうねりが来るとなると、

もはや超自然現象だろう。

超自然現象というのは、

超常現象(paranormal phenomena)とも表記される。

つまり、

自然科学の知見では説明できない現象のことがそうなので、

「こんな波と岩盤ミックスは、
大げさに言うと宇宙的感覚になります」

そんな結末でサーファーズ岬のオヤブンと話していた。

サーファーズ岬のオヤブンは阪神タイガースが大好きだ。

なぜ親分かというと、

サーファーズ岬では私が子分だからである。

ちなみに大親分は横山泰介さんであり、

彼は平和を愛する永久大将として、

後世に語り継がれる存在でもある。

とはいっても私ごときでは、

『タイムボカン』に出てくるボヤッキー程度の能力しかないので、

むしろ親分の足手まといになっているだけだ。

オヤブンの究極の夢は、

阪神球団の筆頭社長となることだ。

そして江夏と江本のW監督で、

ヤシエル・プイグやマニー・マチャド、

ミゲル・カブレラなどの乱闘愛好選手を招聘し、

特別コーチにガルベスと猪木でかためた武闘派チームを作る。

「ナショナルホッケーリーグ(NHL)のルールも取り入れ、

新日本プロレス内の新リーグの一角として戦いたい」

とおっしゃったその翌日には京都に行って、

仏像に手を合わせて聖人にひたる静かなる趣味をお持ちである。

高知新聞といえば、

高知県の、

長年にわたる信頼性と保存性の高さでいまも地域に愛されるトップ・メディアだ。

なんとその高知新聞本日A面の、

『ワイド県内ニュース』に

わが河合館長率いるスカイアンドシー・ムロトが紹介されていた。

のみならず、

とっても親切に今週と来週にやってくるアグリコレットの試食会の宣伝もしてくれて、

記者の心意気が県民まで届く内容に感涙してしまった。

これも記者が、

河合さんの人柄に魅せられたからに他ならず、

さすがに見る目があるとか、

いや総料理長の御利益だとか、

知見性に富んでいるなどと、

同高知新聞浦ノ内所長の金山さんとお話していたところだ。

「黒潮町にあるノスタルのピザは、

ピザのホームラン王です」

王スケ監督

華厳さんにそう発言すると、

「NAKIくん、オウさんのはスケではなく、ジョカントクだよ」

そう突っ込まれた雨の日。😊

【巻末リンク:大親分、横山泰介さんについて】

【サーフィン研究所特大号】サーファーズの奇縁と横山泰介さんとの38年間_(1926文字)

【巻末リンク*2:スカイアンドシー・ムロト】

【サーフィン研究所】室戸岬スカイアンドシー・ムロトの心象_鎌倉_夢のヘアカリフォルニア_(2673文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyles!!