新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】災害後のコミュニティに感激_アカメ・ピーク_岩を見るな_NAKISURFスペシャル・サマー・セールのお知らせ_(1539文字)

一昨日ここで書いた線状降水帯は、

ニュースを騒がしているが、

このカタサバ先生が所有する

「がしらハウス」の横が土砂崩れを起こし、

唯一の生活道路がこのようになってしまった。

普段からキャンパーなので、

備蓄があるのと、

停電してもカセットコンロだったり、

携帯浄水器などがあるのでまったく何も問題はない。

お隣の半農半漁二刀流の森田さんから電話があり、

出てみると、

「安否の確認と、食料の有り無し、困っていること」

そんなことを聞かれた。

ここは超過疎化となったコミュニティだけど、

古来からのつながりがいまだに残っていることがうれしい。

ほかにもベンチュラ・セイジと森やんが、

崖崩れの向こうから

「パドルで食料を持って行きます!」

そんな申し出を宇佐ショッピングセンターからしてくれたり、

シャッチョさんもエンゲッツで救出に来てくれるという連絡があった。

普段は地域ネコのように生きている身の上だが、

こうして気にかけてもらえるのがうれしい。

そうこうしていると、

桟橋に森田さんの船がついて、

獲れたてのタコを持ってきてくれた。

ご存じ活き地タコはごちそうなので、

刺身と、

唐揚げ、

そしてトマトソースと残りはアヒージョにしようかと、

『紅の豚』のポルコ・ロッソ気分になるのだった。

ということで回想記。

台風の南うねりが入ると、

普段はまったく波気がないところがサーフスポットになる。

ここはアカメという幻魚が釣れるスポットであるらしく、

夕方に行くと、

その道の人が無心にルアーを振っている。

けれど、

こうして波があって海水が濁った途端に釣れなくなるらしく、

あたりはすっかり無人となる。

これはサイド・ウォッシュがおそろしく身構えた瞬間だ。

「身構える」と書いたが、

「怯(ひる)む」

「怖(おそ)れる」

Catch Surf® X Nakisurf Special Skipper Fish 6’0”

Nakisurf Original Twin + Vektor VMK (rear)

.

これがサーフィンには大敵なことで、

もしも気持ちがひるまなければ、

コミットした大抵の波はテイクオフできるはずだ。

だが、

怖れてしまうと失敗する確率が跳ね上がる。

やはり冷静に波に入らないとならないのだが、

ご存じのように波というのは、

一瞬でその姿を変えるので、

こちらが反応してしまうようだ。

「(岩を)見ない方が良い」

これは岩場でサーフするときの鉄則だ。

なぜなら岩を見た途端、

前出したようにひるんでしまうからだ。

ただ原則として下見というか、

研究し尽くしてからの鉄則でもある。

The Mid-length 2+1by @hiroyuki_maeda

6’8″x 19-5/8″ x 2-1/2″

Nakisurf Original Twin-Fins

.

私は常に岩にABC等と名付け、

パドルアウトすると、

必ずその一群を角度と距離で確かめ、

「(岩を)見ないようにしてテイクオフする」

という研究結果をここに。

【NAKISURFからのお知らせ】

話せば長い。

書くともっと長いけど、

ご存じのように円安状態が続いていて、

輸送費も跳ね上がり、

輸入サーフボードの価格がとんでもないことになってしまった。

いわゆる値上げである。

チーム的にも日々の為替相場に息を止めるのを休みたいと、

NAKISURFは輸入サーフボードのカスタムオーダーを休止しました。

ならば店内も改装しようと、

大々的に商品の入れ替えをしようと、

特大サマーセールを開催しました。

しかも値上げ前の旧価格からの割引となるので、

この機会をぜひご利用ください!

2022年7月1日(金)【NAKISURF改装&WEBリニューアル&商品入れ替え】につき特大サマーセールを開催します★

【巻末リンク:崖崩れ】

【サーフィン研究所】3時間で208ミリの雨を降らせた線状降水帯_慈悲深い信念の法王_(1080文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyles!!