新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

文藝NAKISURF『聖剣ロスドス』ードドゲ王物語よりー_人生を変えるマジックボード、LOS DOS by NATION_(1905文字)

『聖剣ロスドス』の伝説で知られる

『ドドゲ王物語』という最大級の伝説がある。

その多くは説話方式で語られているが、その物語を担う重要な登場人物に

海の乙女(Lady of the Ocean)が存在している。

名前をヴィヴィ(Vivit)、ホレホレ(Holehole)、

アテコミ(Attecomme)などと当てられている。

「海の乙女」には謎が比較的多く、個人の名称だと考えるよりも、

これら人物の総称だと考えた方が説明がしやすいだろうか。

ちなみにカパヤ児童文庫の『剣聖ドドゲ王』版では、

基本的に「ビビ」で統一されている。

[年表]

2011年2月28日 鍛冶職人ライアン・イングルによりLOS DOS完成(NATION工場)

2011年3月3日 LOS DOS、ライアンより直接船木に手渡される。

https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/20535

2011年3月4日 ロスアンジェルス郡カリフォルニアストリートで最初の滑走

https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/20576

2011年3月31日 成田空港到着後、通関

2011年4月22日 千葉県九十九里浜イナズマジェッティ500m北側於日本波初滑走

https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/21127

2011年5月28日 静岡県静波於 フィッシュフライ展示、試乗

2011年5月29日 移動の途中、幻のごとく消え失せる

.

その後、

D先輩がこのロスドスをマサモ(正面)で乗っていて、

「異常なほど調子が良かった」

「速すぎて見えませんでした」と、

グータンと早川さんより報告があった。

本人に直接聞くと、

『Nike 6.0 Lowers Pro』の戦いに敗北し、

魔剣グラスホッパーを失った彼に、

“海の乙女”が新しい剣”LOS DOS”を渡してくれたという。

そのとき”海の乙女”は魔女だとわかったが、

それでもD先輩は、

「人生を変えるほどのマジックボード」

という触れ込みの双舵LOS DOSに惹かれ、

その際に「将来、なんでも願いを聞く」と約束させられた。

その後、D先輩はこのスペシャルツインフィン

“LOS DOS”で、ローカルの乱を鎮圧、

台風岬も無血笑顔で制覇し、近年の平和滑走の象徴として、

波乗党からニコリン王に推されて、翌年、その座に就いた。

名をドドゲ王とし、多くの波乗人を幸福にしていった。

だが、ニコリンサーフを忌み嫌う『地元支配階級制度党』があり、

その第一級党員であるボーリョク卿に海の乙女(たち)は、

「ドドゲ王に聖剣ロスドスを渡し、階級主義廃止の支持をした」

と毒殺されてしまう。

魂となった海の乙女は、ドドゲ王の元に行き、

約束だった「なんでも願いをきく」ということを思い出させた。

その願いとは、

「差別廃止、全サーファーに公平な笑顔を」

ということだった。

さて、

“ニコリンサーフ”をマニフェストに掲げ、

支持を多く集めていたドドゲ王であったが、

「全サーファーを笑顔にさせるとなると、どうすればいいものか?」

と首をひねってしまった。

そして三晩経った夜、

ドドゲ王はシンガポール航空A380で、

成田空港からロスアンジェルスまでエコノミークラスで旅立ち、

海の乙女の知る魔法の全てを若きシェイパー、

ライアン・イングルに伝えることに成功する。

そして彼の創り出すサーフボードに乗ったサーファーは、

その不思議な力で、怖い顔で暗躍を続けていた

「地元支配制度党員」たちを改心させることに成功する。

悪の力が強すぎて、ひとりだけ孤立していたボーリョク卿だけが、

ドドゲ王にマンオンマン対決を台風3号満月正午頃に挑むが、

ちょうどその日はドドゲ王の本職の見積もり&集金日だったので、

代理人であるニコリン寨頭領ニコリン・オーニシに宝剣ロスドスを託した。

イナズマジェッティ。

ロスドスに乗ったオーニシは、

ボーリョク卿を見事ニコリーンと打ち破り、改心させることに成功する。

全員ニコリンサーファーとなったところで、

ドドゲ王は、

「普通のサーファーになりたい。ただの先輩に戻りたい」

と平穏な日々を嘱望した。

その意志を尊重した代理人のニコリン・オーニシは、

宝剣ロスドスを海の乙女に戻すことにする。

これがその『ドドゲ王の死」を始めとする

聖剣ロスドス伝説を残したニコリン王物語の感動的な最後のシーン。

その後の、

バリ島でのスピンアウト版

『空とぶDセンパイ』

も昭和28年に逆行出版されていますので、

こちらも併せてお楽しみください。