新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

COLE_ニコリンサマーのプレイングマンティス_世界初のPraying Mantis_達也インプレッション_SEE IT USA_(3373文字)

こんにちは、

梅雨まっただ中でしょうか?

こちらはご覧のように曇空スタート。

昨日書いたようにこういう季節なのであります。

これが初公開レッキングボールのTシャツ・スクリーン。

これを使ってTシャツにプリントされ、

来週にはCOLEに手渡されます。

それから日本に出荷しますね。

どうぞお楽しみに!

サンクレメンテ南にあるSeea(シーア)のオフィスに行き、

シーアサイドと、ハモサを受け取ってきました。

https://www.nakisurf.com/swimwear/seea/

明日日本に向けて出荷します。

全国のニコリンガールズちゃんへ、

もうすぐ入荷しますのでお待ちくださいね(*´?`*)

じつはNAKISURF X Seeaのコラボラッシュガードも届いているので、

そちらもお待ちください。

サーフィング・サンクレメンテ!

上の写真は少し前のだが、

こんな斜面を滑りたいと、

夢想しながらコール社に向かった。

すると、レトロ&モダンハイブリッド、

ダブルウイング・シングルフィンが完成していた。

6’0″ x 18-1/2″ x 2-3/8″

これは美しいし、そしてよく走りそう。

さらには乗る愉しみ、

所有する喜びを与えてくれるボードだろう。

これをストックボードとするコールの懐の深さに感動した。

その後ろにシャープなワイドノーズが見えたので、

「もしかしてプレイングマンティス?」

とロボに聞くと、

「そうさ、TATSUYAのが今朝仕上がってきたんだ!」

ということで俺たちは、

いきなり世界初のプレイングマンティス完成版と対面することとなった。

Oh my COLE!!

5’8″ x 19-1/2″ x 2-3/8″ 68A – PM(CALR)

COLEの黄金スペックです。

さらにほんの少し幅広タイプを下記しておきますね。

5’8″ x 19-3/4″ x 2-3/8″

Zパッドのバットマンテイルを選択し、

装着する達也。

スタッフブログでもおなじみとなった彼です。

ちょうどピックアップの模様を彼がポストしていたのでここに。

https://www.nakisurf.com/blog/showroom/archives/39438

ノーズのCCロゴがきれいに収まっている。

ワイドノーズの美学。

ニューボードが届いた彼のうれしそうな顔を見ていたら、

「ランチタイムを使って(波乗りに)行こう!」

ということになった。

俺のマンティスがまだ完成しないので、

今日はこのレッキンボールでサーフ。

日曜日で乗った感触がまだ残っている。

さらにはミニノーズライダーTYPE2で、

やたらと調子が良かったクアッドセッティング。

ワックスを塗るのもそこそこに、

いざいざとウエットを着替える。

ロングスリーブスプリング。

40分間のクイックセッションなので忙しい。

王子邸前を通り、

海に向かう道にスタスタと向かう。

階段でビーターとロスドスの人とすれ違った。

これが達也の初ワックスonマンティス。

かなりうれしそうでした。

俺もうれしい。

良く晴れて、

風もない絶好のコンディション。

鳥も青空の中を気持ちよさそうに飛び、

赤いクアッドフィンもきれいに映えている。

パドルアウトしようとして、

セットを見ていたらちょうど達也がテイクオフするところだった。

彼はマンティスの一本目にひらりと乗り、

ボードを左右に翻すようにバックサイドに滑っていった。

ターンの際に余計なレイルが喰っていないことに気づき、

これが最新鋭サーフボードなんだな、

と不思議な気持ちとなった。

大マンライを決め続けた達也。

海から上がってきて、

すぐにインプレッションを書いていたのでここに緊急掲載。

Praying Mantisインプレッションby達也

175cm/70kg

シェイプ:

第一印象は想像していたより流線的なアウトラインでした。

幅は19-?インチなので、

ショートボードにしては結構広い部類に入りますが、

そんな幅は全く感じさせないシャープさがすごく好きです。

レイルもテイル側に少し厚みがあるだけで、

ノーズのほうはシュッと細くなっていきます。

その分ワイドポイントが前になっていて、

全体的なボリュームのバランスがとれている印象を受けました。

ダブルウィングのバットテイルは、

まるで芸術的な彫刻のようでついつい魅入ってしまいます。

乗った印象:

海に入ってすぐに気付いたのは、

ショートボードにしてはパドルがやたらと速いこと。

抑えめのエントリーロッカーと、

ワイドポイントが前に来ているデザインの恩恵でしょう。

パドルが速いので、テイクオフも速いです。

まだうねり状態でも2、3回漕いだらもう勝手に滑り出していた。

滑り出しが速いので、

テイクオフから最初の動作に入るのにかなり余裕ができます。

典型的なショートボードと比べ、

幅は広めですが、

長さはかなり短く乗れるので、

回転性がかなり高いです。

自分の思ったように方向転換ができ、

まるで波の上をスケートボードで滑っているようでした。

Praying Mantis Impression by Tatsuya

The shape:

The board looks sleeker than the dimension suggest.

The width is 19-? inches,

which is pretty wide for a shortboard, but the board still looks sharp.

The rails seem thicker in the middle and toward the tail,

and become noticeably thinner towards the nose.

It seems like this is done to balance out the volume of the board since the wide point is moved forward.

The double wing bat tail is a thing of beauty.

Ride review:

The first thing I noticed was how fast it paddled for a board this size.

The low entry-rocker and the wide point being moved forward are probably why it paddles so well.

Because it paddles well, the take off is incredibly fast.

2, 3 strokes and the board takes off automatically.

Since it catches the wave so fast,

it gives you more time take off and set up your first turn.

Compared to a typical shortboard the board is a bit wider,

but since you can ride it a lot shorter the board moves really well.

You can change direction at will, and skate all over the wave.

俺のバックサイドと、本日の王子邸前波。

セットで胸肩程度でしょうか。

いい波なんです。

少しバックウオッシュが入っているが、

そんな意外性もまた楽しかった。

ニコリンサマー。

日本に行っている間に水温が上がり、

現在摂氏20度。

もう1?2度上がると、

南カリフォルニアでは最高水温となるので、

こちらでは真夏に近づいているということです。

今は千葉北と同程度か、

こちらのほうが少し暖かい程度。

それにしても晴れた日で海で遊ぶのは、

すばらしいことだと実感する。

話は変わって、

日本滞在時の山手線内がUSA観光の

『SEE IT』キャンペーンだった。

.

.

.

そのアメリカにいるのだなあ、

とこの画像を見ながら実感してしまった。

広く、明るい国です。

あ、これから写真集の原稿書きをしますね!

それではまた明日。

すばらしい週末をお迎えください!