新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

NATIONシャンパン・ダブルエックス完成です_アレックス・ノストとタイラー・ウオーレンの周りには、名作、 迷作、瞑作、命作、謎作ボードが集まります_千葉北ビーチブレイクで、クイックサーフセッションwith加藤さん_(1778文字)

こんにちは、

いよいよ7月ですね。

梅雨も出口が見えてきたようですね。

こちらサンクレメンテ(カリフォルニア州)はずっと曇天。

これはこちらの沿岸気候の、

この季節特有のもので、

『ジューン・グルーム(JUNE GLOOM=6月の憂鬱』

と呼ばれているものです。

まあこれが季節というものなので仕方がありません。

そんな中、

話は昨日の日曜日のNATION/CANVASファクトリー。

IMG_8868

弊社はぎうだのパーソナルボードが完成しました。

『CANVASフロウ(テストモデル)』

ヤスが日本に持っていくと伝えると、

日曜日だというのにライアンが工場を開けて待っていてくれた。

IMG_8877

さてこのFLOW。

ボードデザインとしては、

https://www.nakisurf.com/blog/showroom/archives/71739

『クルーザー』という位置づけであるため、

「シュレッディング」ではなく、

「ウェーブ・スライディング」側にあるボードがこれです。

私がピンときたのは、

これを究極的に絞ったピンテイルとし、

そこでのスライディング=グライドだったらさぞ楽しかろう、

ということ。

ワイデストポイントがノーズ側にあるので、

テイクオフが簡単で、

柔らかく、自由な滑走が可能となる。

きっとこれが苦手なのは細かいクキッという動きなのだろうけど、

元よりそんなターンはしたくないので、

ちょうど良いボードデザインとなりそうだ。

もうひとつの用件は、

「ねえライアン、インスタグラムにポストしたシャンパンは?」

「お!完成していますちょっとお待ちを!」

IMG_8881

とツイン感嘆符でやってきたのはシャンパンXX(ダブルエックス)。

ロッカーを調整し、

テイルを狭め、テイルをダブルウイングで絞り、

よりパンチのあるボードと設定したのがこれ。

シャンパンの歴史的人気を受け、

その流れは崩さずに、

よりハイパフォーマンス寄りになるようにチューンしたのが、

このシャンパンXXです。

IMG_8889

しかもご覧の通りのストーンウオッシュ加工。

じゃなかったブラックホットコート仕上げで、

ボードのクロス目の切れ端、

ロゴ(ラミネート)のクロス、

フィン周り全てがスケルトン加工みたいになっているのが、

感動的にかっこいい。

IMG_8897

「どーですか!」

「うう、かっこよすぎて涙が出ます」

「でしょでしょ!ヘヘー」

「ライアン、ありがとうアリガト!」

と、ニマリンスマイルでサンオノフレにやってきました。

南西うねりが届き、

現在メインとなっているブレイクはここか、

ローワーズというローカル情報。

IMG_8923

やはりというか、

タイちゃん(タイラー・ウオーレン)もいました。

この右側のボンザーボードは、

ウナクネ総帥ことアレックス・ノストのもので、

総帥の車をのぞくと、

ふたりで密なサーフボード談議をしていた。

IMG_3647

彼らの周りには名作や銘作、

迷作、瞑作、命作、明作、

謎作ボードに乗ったサーファーが集まります。

IMG_3646

キャンバス・パーチェイス。

IMG_3648

「これでいいのだ」的なボード。

うまく言えないけど、元祖天才です。

https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/55272

昨日ちょっぴり予告したのは、

千葉東浪見のクイックサーフセッションwith加藤さん。

IMG_4838

この日はあいにくオンショアだったけど、

「ビーチブレイクそのもの」

という波でした。

IMG_4861

レースカー4’10”

この波系でも最上級に楽しいボードデザインです。

パドルに自信がない方は大きめ設定とすれば、

よりふくよかで楽しい水平線を見ることができますよ。

IMG_4883

バターゾーンに乗った美人さんがいて、

ちょっぴりサーフボード談議をしました。

IMG_5005

堤防の北側に波が来ないので、

あきらめて反対側に移動することとした。

IMG_5009

こちら側が風を受けているものの、

波数が多く、そしてサーファーも多かった。

IMG_5030

NATIONシェビィデラックスに乗り換えて、

いくつかの記憶に残る波に乗りました。

IMG_5051

COLEプレイングマンティスに乗る加藤さん。

『魂のスイーピングバック』を披露してくれて、

ここにいた全員が盛り上がったという一幕も。

IMG_4936

すばらしいテイクオフ。

IMG_4912

またレースカーに戻ると、

潮回りが良くなってきたようで、

それはすばらしきセット波に乗ることができた。

IMG_4942

レフトの広く遠くまで伸びる斜面のはじまり。

マンライ三唱。

IMG_3644

で、今このシェビィデラックスにZパッドを貼りました。

明日乗れたらいいな。

 


One thought on “NATIONシャンパン・ダブルエックス完成です_アレックス・ノストとタイラー・ウオーレンの周りには、名作、 迷作、瞑作、命作、謎作ボードが集まります_千葉北ビーチブレイクで、クイックサーフセッションwith加藤さん_(1778文字)

  1. Pingback: 【CANVAS】最新ネオシングルフィンモデル『FLOW』現地ストック情報!! | NAKISURFスタッフブログ | ナキサーフボードカリフォルニア