新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

リーフ毒の呼号の研究_クラシック・マンゴーの文体_ぎっくり腰出張治療は学会報告の前に_江ノ島から七里正面まで乗ると何メートル?_焼き直しナノカ?という疑念のホットタブ5’7″_麗しのテカテビール(個人的な理由での)

おはようございます。

南うねりはさらに下がっています。

予想によるとこれから波高を下げ、

明後日の木曜日には小波レベルまで落ちるとあった。

日本は台風8号からのうねりで、太平洋側は波を上げてきているようです。

奄美大島では台風級でしかブレイクしないリーフ波も姿を現したそうで、

波がなくてのんびりしていたみんなも動き始めたそうだ。

どうなるのかが気になりますね。

.

昨日今日と海に入ったときに感じたのだが、

人間すりおろし器にかけられた傷が塩水で疼く。

さらには怪我をした「現場」付近に来ると痛みはさらに増し、

リーフの毒同士が呼んでいるような不思議な現象に気づいた。

このことを誰かが研究してみる価値はあると思う。

リーフ毒の父母兄弟姉妹の悲しみが痛みと転化しているのかは、

その研究によって知ることになるのかもしれない。

ファンタジーでもオカルトでもなく、

毒とは微生物でもあるので、こんなこともあるのかもしれないなあ。

「リーフ毒はお互いを求めて3千里」なのかもね。

マンゴー最盛期と何日か前にも書いたが、

これは大きく、猛烈に甘いヘイデン種の実りと色づき。

甘く爽やかな香りがたまりません。

クレイグ隣人のアキさんのマンゴーの木と、お手製取り竿。

なんてクラシックなんだろう。

こんな風にいくらでも下に落ちていて、

マンゴーを日本で知るものとしてはかなりもったいない。

クレイグによると、

「朝全部ヒロイマス。でも夕方にはまたイクツカ、落ちてます。

夜がきて、朝になるとまたタクサン落ちていますねー」

というくらいの季節がやってきた潤沢なる果実のようです。

マンゴー狩りをしていると、

「ミナサン、ワイメアのおいしいお水と、マホーのお水(ビール)をノミマショー」

とこうして持ってきてくれて、

暑さで目が回るほどだったので、オイシー!

とこれまた夏のお味でした。

クレイグありがとうございました。

長老フレちゃんと、近所4軒、リック・リーボー、

フミちゃん、クリスティにおすそ分けしましたよ。

ドライにしたら自然の甘さとは思えないほど糖度が高くて驚きました。

毛が生えたヨロコビからジュリアナ東京、

じゃなかったマハラジャでもない、

逗子海岸のSurfer’sに行き、

懐かしの『アース・ウインド・アンドファイヤー主要曲』

を踊りすぎてぎっくり腰となったきんちゃん。

「トホホ、歩けないからこの台風波は乗れないようだよぉ」

と涙のメールがあり、それを読んだ俺が→D先輩に相談すると、

「おー、シモーンさんを千葉から読んでさ、治してもらいましょう!」

「でもシモーンさんに悪くないですか?」

「シモーンさんはね、学会の報告がヒガシトツカのインテック社であって、

そこに来る予定だったから大丈夫。きんちゃん家とそこは30分くらいの距離だからさ」

ということで、ーーたまに注文する日本そば屋の出前より早くーー

キンちゃん家にシモーンさんがやってきました。

シモーンさんことシモちゃんは、

動けないきんちゃんに秘術、施術を施し、

30分後、「じゃあ立ってみてください」

ときんちゃんに言いました。

きんちゃんは「立てだなんて、こっちは2日間立ち上がれないのにひどい人だ」

と思い、「無理です」と即答した。

でもシモーンさんは「立てるはずだから立ってみましょうよ」

とやさしく促され、きんちゃんは意を決して渋々立ち上がろうとすると、

あれ?

あれ!

立てる、歩ける?!

おー!!

と、『アルプスの少女ハイジ』のクララ嬢さまのように立ち上がり、

そして歩き出し、それはオドロキと感動の瞬間となったそうです。

横にいたきんちゃんのお母さん(おばあちゃん)も

「アレマーヨー!」とオドロキの声を上げたそうです。

「あなたこそがゴッドハンドです。お礼になんでもお好きなものをランチに召し上がってください」

というきんちゃんの誘いに

「では冷やし中華で」

とシモちゃんは欲張らずにあっさり食べてヒガシトツカに向かったそうです。

寓話みたいだけど本当の話です。

夜にシモちゃんに電話して、

「秘密を教えてください」と聞くと、

「いや、見たらかなり軽傷だったのでそんなにむずかしくなかったです。明日からサーフできるようになりますよ」

と太鼓判ならぬシモーン判を押してました。

D先輩が横にいたようなのでお礼を兼ねて代わってもらうと、

「ふたりが電話でこそこそ話をしてたけど、極楽(湯)のサウナで

ミウミウーって言うケイカクだべ?スルドイ俺にはわかっちゃうんだよねー」

と横浜弁。

どうやら先日のブログとコメントがばれてしまっていた。

「ミウミウー」の詳しくはこちらへ↓

https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/5718

電話を切った後で思いだしたのだが、

先輩のまた先輩が26年前、

「台風の大きいときに、江ノ島の横から行合(川)河口まで乗ったでしょー」

と酒の席で一席ぶっていたことを思いだし、

Google Earthでそれを見てみると、

距離2kmのすごいブレイクだったことを知った。

でもいつかこんな地形になったら、

このように「2km乗れる波」というのが現れるのでしょうか。

「稲村ジェーン」を凌ぐ、「江ノ島ジェニファー(仮称)」でしょうね。

クリスちゃん(クリスチャン・ワック)からのメールで、

「ついにHot Tubができました?。

5’7″のすごいのですよ♪」

とあり、詳しくはワタシのブログを見てください。

とあったので、彼のブログに急ぐと、

CANVAS Take oneとあり、

このボードを得たヨロコビと、

以前ここでお伝えした6’12″という究極ノーズライダーについて書いていた。

https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/5400

さて、これはそのホットタブだが、

深いシングルコンケイブ、

柔らかく美しいシングルウイング、

切れ込むスワロウテイルも全ていいのだが、

既存のデザインをブラッシュアップさせただけと感じたので、

「俺はこのボードはイリマセン。DVSとかであるし」

とスカイプチャットではっきり言うと、

「何がいけないの?」と珍しくクリスちゃんが食いさがってきた。

「うーん、今も言ったけど既存のデザインでこういうのがありますよ」

「ない、絶対ないのです。ナキは見ていないからそう言うのデス」

「まあいいけど、俺はイリマセン」

「調子いいのに、もったいないデス」

「いつかね」

とチャットを終えた。

CANVASは名前の通り、

絵を描くものであるからクリスチャンはお得意のアートを施している。

最近サブカルチャー的に流行っている

『アート世界とサーフィングの融合』

というのが彼らティーンや次世代サーファーたちの合言葉であるから

こういう独創的なボードが次々に現れてくるのでしょう。

この夜そのアートサーファーのひとり、

タイラー・ウオーレンのアートショーがあり、

このブログコメントでおなじみのサンディエゴのToddさんが

「なんと!クリスちゃんに会いました?」

とメールしてきてくれました。

メキシコビールのテカテいいなあ。

ちなみにその昔、ASP『テカテ・プロ』というのがメキシコであり、

それで7位になったことを思い出しました。

長期滞在のカリフォルニア終盤だったので、

この賞金がありがたく、

ペドロスの「ビーン&チーズブリトー99セント」から

「フィッシュブリトー3ドル」

と、食事をグレードアップさせたことを思いだした。

それからというものはテカテビールファンなのです。(笑)

もう水曜日なんですね。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。

そして満月です。

ガオーッ!(オオカミ男c怪物くん)

みなさんに良い波が来ますように!


13 thoughts on “リーフ毒の呼号の研究_クラシック・マンゴーの文体_ぎっくり腰出張治療は学会報告の前に_江ノ島から七里正面まで乗ると何メートル?_焼き直しナノカ?という疑念のホットタブ5’7″_麗しのテカテビール(個人的な理由での)

  1. Todd

    Nakiさんブログに掲載していただけて光栄です!
    会場で配られたビールには限りがあったのでこのテカテは友人からお裾分けしてもらいました。
    カリフォルニアの夏はテカテとブリトーがあれば最高ですね。
    ペドロスにもSanO帰りには必ず立ち寄ります。
    それにしてもこのマンゴーは本当においしそうです!!!

  2. O.R.D

    きんちゃんさん、良かったですね!

    自分は先週末、右膝内側靭帯損傷で歩くのも大変です。
    もちろん、しばらくサーフィンは出来ません…。

    シモーンさんが近くだったら診てもらいたかった~。

  3. ウミ平きんさん復活祭!

    昨日、どどげさんズで入っていたら、
    白い跳ね馬ならぬ白いウェットに身を包んだドドゲ先輩が途中からいらっしゃいました。
    『今日は千葉からゲストが来ているよ』と言われ後ろを見たら
    マジックハンドシモーンさんが来ていました。
    きんさんを治した後にすぐ鎌倉で波乗りとはさすがの行動力に脱帽です。

    お二人とも波乗り上手でした!!!
    ドドゲさんは危険なショアブレイクまで毎回メイクして砂浜に着地、凄すぎます!!!

  4. 週末サーファー

    このところ、湘南も波あります!

    仕事早退して行ってしまいました。

    僕も、左膝の靱帯が不調です。

    ゴッドハンドの手に掛かりたいデス!

  5. TAKASHI

    波来てますね~今日は鳥居の前でセットでダブルくらいありました

    FFで自己最高速が出せ板もよく返ってくれました、ビールがうまい(笑)

  6. Fg

    ミウミウー計画、ばれちゃいましたね。(笑)
    それにしても、マンゴー素晴らしいです。
    一度マンゴー拾いに参加したいです。
    ぜひ?

  7. naki Post author

    Toddさん、
    サンOということは、生粋のロング人なのですね。
    カーディフもそうですし、最高ですよね。

    では質問です。

    Q:このホットタブに乗ってみたいと思われますか?

    クリスちゃんに言い過ぎたなぁ、と少し反省しています。(笑)

  8. naki Post author

    O.R.D.さん、
    内側靭帯損傷ですか。。。
    私も以前ーー1989年に同じ場所を負傷しましたが、
    痛みが消えてから2年は水泳や自転車のチューブを使って周りの筋肉を答えるリハビリをしていました。
    ゆっくりと治せば完治するのでご安心ください。
    お大事にしてください。

  9. naki Post author

    ウミ平きんさん復活祭!さん、
    この後すぐに先輩と話したら
    「へへー、グラスホッパー速かったでしょー」
    と、かなりいちびってましたよ。

    白いウエットですが、巷では
    「白い巨塔」と呼ばれているようです。
    意味がわかりませんが。。(笑)

  10. naki Post author

    週末サーファーさん、
    靱帯は弱るので、本当にお気を付けてください。
    簡易ギプスみたいなのも市販されているので、お使いになるのもいいかもですね。

  11. naki Post author

    TAKASHIさん、
    すばらC!です。
    JJも楽しみですね。(笑)
    自己最高速となると、かなりの楽しさだったと推察します。
    ありがとうございます!

  12. naki Post author

    Fgさん、
    「ケイカク」はばれちゃいましたが、遂行しますのでその際にはぜひ!

    マンゴー拾いでしたら道端でいくらでもできますよ。
    ゴルフ場脇の木がすごいです。
    虫だらけですけど。。

    ぜひ?

  13. Pingback: ミニ・ノーズライダーで、『ライフスタイル・アブストラクト・ムーブメント』_CANVAS MINI NR 6′12″ x 22″ x2.86″_おめでとう! | naki's blog | NAKISURF.COM ナキサーフボードカリフォ