新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

需要過多の闘牛岬で粘りの悦楽_ライアン・カールソン_Vertraの選び方_サーファーが減少!?

おはようございます。

新聞を開いたら『葉山のハーちゃん』という記事の見出しがあり、

「おっ、ハーちゃんが葉山に?」

と一瞬思うが記事を読むと、それはゴマフアザラシで、

なぜ「ハーちゃん」と名付けられたのかは言及されていないが、

葉山にいたからハーちゃんなのだろうな。

葉山からBEACHさんを連想し、

ロクさんこと黒野さんのお顔や薪ストーブなどが浮かんだ。

.

North Hawaiiに熱帯低気圧『ヒルダ』のうねりが入り、

昨日までに4時間サーフセッションを3日連続、というのは昨日書いた。

潮の上げが朝10時なので朝一はスキップして、

正午頃の干き始めを狙うこととした。

オフィスで業務していたら長老フレちゃんから

「昨日より大きいぞ」

と聞き、潮の下げを待てずに闘牛岬に向かった。

ハイウエイ横に出た虹を見ながらドライブ。

到着すると、かなりの数の車が来ていて、

「空いている」というのはもう過去のものになったと知る。

みんなうわさ話や、サーフレポートなので知ってしまったのですね。。

「まあ、仕方がない。まだリリコイリーフというサイズでもないし」

と支度を始める。

といってもサーフウオッシュなので、

ボードにワックスを塗って、ヴァートラを塗るだけだ。

そうだ、フレちゃんが俺の目の日焼けを気遣って、

「これはな、目玉をコーティングできるから楽になるはず」

とこの目薬をいただいた。

視界が滲むが、ゴロゴロチクチクと痛かったのが少し緩和したような気がする。

「ハーイ!」

と元気よく、にこやかにローレンとリロがやってきた。

中学生から知るローレンもすでに大学生となり、

時が進むのは早い、と実感した。

ハワイの子はこのように100%ハングルーズです。

ふたりともサーフィンが大好きで、闘牛インサイドで毎朝見かけます。

大学はまだ夏休みなんですね。

.

さて、パドルアウトすると、やはり混んでいて、

波数が少なく、人だけがサーフボードやタチアガリを使って浮いていた。

あまりにも来ないので、インサイドに行って何本か乗る。

たまに来るセットは、

「ローカルの主が、ローカル若頭に前乗りされて、進路を失って撃沈」

というほどの波へのデマンド(demand=需要)過多だった。

インサイドに行ったり、沖に行ったりとしていると、

ブルース・プリーに会った。

ブルースは市議会議員候補にもなったサーファー議員で、

彼の得意はこの道30年という『波情報』。

ノースショアのトリプルクラウンで重宝されている『公認波予想士』でもあります。

誰も知らないうねりも彼ならば、

「可能性としてはある」

という言い方をして教えてくれる。

彼の見解だと、

「うねりは大きくなったのだが、

(ストームが)横を向いた時間のうねりなのでは」

と、波数が少なくなったわけを説明してくれた。

うねりの角度は完璧なので、

「このうねりの角度は?」と聞くと、

「160-165°だな」

と即答してくれた。

さすが『生きる明解波情報屋さん』だ、

と混んでいる海の上で色々と考えて、

目を凝らして、遠くにあるリリコイリーフに目をやるが、

まだまだブレイクにはほど遠いというほど静かだった。

今日もBushwacking Thangに乗って、軽快に楽しみました。

詳しくは今度書きますが、このボードの『粘り』の悦楽から逃れられなくなっている。

ミニボード中毒患者だが、また新しい愉しみを併発しているようです。

そんなこんなで今日は2時間で切り上げました。

リリコイに波は入るのだろうか?

.

サーフウオッシュが最盛期を迎えて、こころ豊かに気持ち最高。

乾いた後のゴワゴワ感、

潮の香りがどんどん吸い取られているようだ。

着替えなくていいし。(笑)

最初はベタベタして気持ち悪いが、

そのうちそれがよくなってくるのです。

へへー。

(お知らせ)

亮太くんが、ワイルドコーストという南アフリカの秘境に到着しました。

こんなパワフル波なんですね。

映画『ライオンキング』を思いだした。

亮太くんはこれからどの海に行き、どこの波に乗るのだろうか?

Safe Travels!

コールからメールがあり、

「ライアン・カールソンのプロフィールがサーフラインに掲載されていマス」

http://www.surfline.com/video/webisodes/carlsons-cronicles_29799

とリンクが届いた。

後半部分に何度も写し出される「3Dエア」。

回転だけでなく、ひねりを加えていて唖然とした。

ケリー・スレーターも違う次元だと思いますが、

ライアンも違う星から来た異星人であることが判明した。

先日お伝えした『ロブ・マチャド来日、4日(金)渋谷でライヴ&新作DVD試写会開催!』

ですが、このブログを見たサーフロックが「ありがとうございます」

と喜んでくれて、

「ロブにもnakiさんが紹介してくれてました、と伝えます」

とホメ殺しされて、

「もっと詳細情報を載せてくださいね」

と補足版が届きました。

なので以下に引用しておきます。

ロブ・マチャドが来日します!

自身のシグネチャーDVD第2弾『THE DRIFTER』の日本世界初発売を記念して、9月4日(金)東京、渋谷O-Eastで行われる「THE DRIFTER -? WORLD PREMIER PARTY in TOKYO」へのスペシャル・ゲストとしてやってきます。

会場にはロブの他に監督のテイラー・スティールも来日。

ロブのバンドのライヴ・パフォーマンスや舞台挨拶、映画の世界初上映、ファンとの交流など様々なイベントを予定ししています。

ご来場先着500名様には、イベントのオリジナル記念Tシャツ(非売品)を贈呈!

入場料は前売り2000円/当日3000円です(H.I.P. 03-5412-7502)。

またご来場者の中から抽選で1名様にロブがパーソナルに大切にしている愛用ボードをサイン入りでプレゼント!!

The Drifterは、テイラー・スティール監督、ロブが1年間余りバリ島を拠点にインドネシア中のパーフェクト・ウェーブを追い求め続けた姿を追ったドキュメンタリー・フィルム。

ロブのパーソナルな心の旅路にフォーカスしながら、シネマ仕立てに仕上げた“ドキュメンタリー・サーフ・シネマ”、日本では9月上旬より先行発売です!(www.surfrockintl.com)

ちょうど来週ですね。

楽しみです!

日焼け緩和目薬の効果はすばらしく、

チクチクゴロゴロがほとんどなくなって快適です。

夏は日焼けがすごいので、お気を付けください。

ちなみにヴァートラはベージュのを使っています。

これはSPF値が38と少ないが、

使用してみてSPF値50のホワイトと何も変わらないのと、

ベージュだと、目の下の反射が和らぐのでこちらを使用しています。

反射を英語で「グレア」というのですが、

このグレアが少なければ少ないほど、

波乗りはしやすいし、目にも優しいと考えての選択です。

.

さて、もう金曜日ですね。

週末の波はどうなのか気になる人も多いと思います。

カビカあっちゃんが発見してくれた新聞記事には、

「サーファーが減少!?」という内容が掲載されていましたが、

その記事でサーファー人口を調べている方法というのが、

日本サーフィン連盟(NSA)の登録者数でした。

俺はそれを読み、

「サーフィンを競技でなく、ソウルで楽しむ人が増えた結果」

だと推理してみたら当てはまるような気がした。

サーファーだからといって、

NSAに登録する時代ではなくなっていると思いませんか?

だって、15分でサーフィンの技術は見せられない日もたくさんあるし、

もし競技というくくりがサーフィン世界になくなったのなら、

「俺とお前と、どっちがナミノリがうまいのか言ってみろ!」

と酔ってすごむ先輩が少なくなる気がします。

(履歴書の特技の覧に【サーフィン1級】と書いたのは俺です)

登録者はこれからさらに減少すると思うので、

記者は違う方法で、サーファー人口を計測してくださいね。

減ったとは思えないほどサーファーはいっぱいいますから。

サーファーが多すぎて、

需要と供給のバランスが悪い日ってありますよね。

そんなときは

「波はゆっくり待ってもいいなあ」

と、お休みのサーフィンは日焼け止めをたくさん塗って、

ゆったりにっこりと波を待ってみたらきっと気持ちいいはずです。

これは違う先輩の話ですが、

「浮力が少しこの辺にありすぎる」

「これさ、フルターンすると、ボトムのコンケイブで蹴られちゃう感触があるんだよね」

と言われ、

「えー、先輩は波乗りが上手なんだから、どんな板でもスイーっと乗ってくださいよ」

と言っておきました。

「えー、そうかな…」

「研究するのは大事ですが、

ボードの欠点ばかりを気にすることを止めると、

きっとすばらしい何かがやってきますよ」

と言いましたが、先輩は理解してくれただろうか?

そんなことを言う後輩(俺)のボードのボトムには、

あいかわらずワックスがこびりついていますが、

波には普通に大波も小波も乗っています。

みなさんも大らかで幸せな週末としてくださいね!

Have a great weekend!

CIAO!


9 thoughts on “需要過多の闘牛岬で粘りの悦楽_ライアン・カールソン_Vertraの選び方_サーファーが減少!?

  1. Fg

    出た!!
    ボトムWaxの話。ニヤリです。

    目玉コーティング目薬、いいですね?
    コンタクトにも使用可でしょうか?

  2. 長生人

    > 「サーフィンを競技でなく、ソウルで楽しむ人が増えた結果」
    > だと推理してみたら当てはまるような気がした。
    > サーファーだからといって、
    > NSAに登録する時代ではなくなっていると思いませんか?

    ↑嗚呼、もう共感すぎて涙が出ます。
    私も「ソウルで楽しむ人」の一人でありたいものです。

  3. hide844

    コンニチハ。サーファー人口は、減ってませんよ。良いのか悪いのか?増えてます。少なくとも茨城では。後、NAKIsurf軍団もカナリ増えてます。←ビックリするくらい!黒いボード=aviso=NAKIsurfのステッカーが貼ってある=お盆休みに、私達が入っていたポイントにも、私以外に、少なくとも七名程居ましたよ。何故か、皆さん軽く会釈し、会話し、各自ボードのインプレが始まり、なんか皆さん地元はバラバラなんですが、ボードの出所とNAKIステッカーで、フレンドリーに雰囲気良く波乗り出来ました。何か不思議な体験でしたよ。東京、神奈川、埼玉、群馬、そして日本一影の薄い栃木県!が、NAKIsurfで一つになった瞬間でした。あれ?

    自分も十年位前に、NSA脱退しました?更新止めました。

  4. TAKASHI

    同じグーフィーとしてロブは当然リスペクトしていますが、ライアンをフューチャーしたDVDもぜひほしいです!

  5. naki Post author

    Fgさん、
    コメント一番乗りさすがです。
    目玉コートはコンタクトの際はUVコートがあるコンタクトを使用していたので、裸眼より調子よかったですよ。
    レーシックして、これが一番残念です。

  6. naki Post author

    長生人さん、
    共感ありがとうございます。
    本当にそうですよね。
    現在会員数はどのくらいなのでしょうか?

  7. naki Post author

    hide844さん、
    茨城いいですよね。
    波崎から始まって、ずっと北上したことがあります。
    みんなでフレンドリーにしてくれてうれしいです。
    これからもどうぞどうぞよろしくお願いします。

    波乗りを始めた頃は、NSAのステッカーが欲しかった記憶があります。
    D先輩は級認定、2級合格@大磯20年前でした。

  8. naki Post author

    TAKASHIさん、
    ライアンのも欲しいですね。
    ロブのは見に来られますか?
    なんだかすごいムービーのようですよ。
    でも遠いですね。
    行くにはいいですが、来るには遠いということが判明しました。
    踊り子号。。

  9. Pingback: カウアイGirls | Family Blog | NAKISURF.COM ナキサーフボードカリフォルニア