新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

サバ日の夏うねり_Mary Joe_クリスチャン・ワックのアイディア_(1377文字)

今日は3月8日。

そーです!

サバの日です。

何をすればいいのかというと、

今日はサボったりのんびりが推奨されるとされていますが、

これはNAKISURFカレンダーであっても記載がないので、

定着は全くしていません。(涙)

瀧朗仲間の数人だけのことですが、

この日をちょっぴり広めたく書いてみました。

“Stoked” at San Onofre

Noah Cardoza and Sam Schafer

.

南西うねりが入ってきた。

サンオノフレサーフカンパニーのノア・カドーザが、

ミニマルフィンでサーフしてみたいと言うので、

「キャッチサーフのジョンのを使うといいよ」

そんなことになった。

「ひゃー、最高!」

大喜びでパドルアウトしたノア。

@clubfinless のカメラがノアを追い、

酒も飲まず、

シラフなのに酔っている風のウナクネ名士サムは、

こうしてワンフットの

ミスターミヤギ(©カラテキッド)風のノーズライドをメイクし、

さらにはテンに持ち込むのでありました。

クラブフィンレスの撮影ならば私もと、

こうして逆さ落としをしたのであります。

夏日&夏(南)うねりなので、

こうしてビキニだったりと、

まるで夏の様相を呈していたが、

水温はあいかわらず13度と低く、

千葉北と変わらない温度のサーフ。

外気は25度。

きっと真夏の青森や北海道とかですね。

マンライ続出で大喜びして帰っていったジョン。

RVCAに行く用と、

コーヒー関係の人に会うのでコスタメサと、

ニューポートビーチの市境に行った。

サンクレメンテからコスタメサまでは50kmくらい。

道が空いていれば35分。

込んでいたら1時間くらいの距離。

これが噂のバリ・マッギー師匠がデザインした水出しコーヒーボトル。

超注目されているCBD入りという念の入れ用。

RVCAの後は、

あちらがニューポート、

こちらがコスタメサという立地で待ち合わせとなった。

この駐車場のコスタメサ側では、

ドイツ車の最高峰が駐車されていた。

この会社名を直訳すると、

『ポルシェ名誉工学博士株式会社』

となることを知っていましたか?

とすると弊社名は。

『ウナクネ名誉広報部長株式会社』にしようかと一瞬迷った。(笑)

さて、超多忙のクリスチャン・ワックが暇だというので、

サンクレメンテの名店VINEでディナーと相成った。

クリスチャン・ワックとのディナーはいつも楽しい。

彼が出したアイディアは、

私が夏のフォードアーズに日本から生徒を5人程度で連れて来て、

家を一軒借りて、そこに滞在して、

サーフのイロハを教えるツアーをすればいいのに。

タイラーやクリスチャン家でBBQをしたり、

キャッチサーフ社を訪問したり、

そんなアイディアをいただいた。

秋はコスタリカ、冬はノースハワイ。

春は奄美大島。

それぞれ宿はコスタリカならKCの豪邸。

ノースハワイも家をワイメアあたりに借り、

奄美大島はグリーンヒルが妥当だろう。

どちらにしてもサーフィンの細かいことを直接教えられるのは、

私にとっても願ったりかなったりで、

さすがクリスちゃんだと感服すると、

「アサメシマエ。ドーイタイマシタ」

そうやって連語が出てきた。

彼のニューハウスのお祝いに、

クリスちゃんが最も気に入っている

「WAIKIKI」のアクリルプリントを贈呈しました。

それではHappy Surfing!!