新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

爛熟のバリ波とエウレカ!(710文字)

Canggu, Bali

.

波が上がってきた。

このうねりは当分続くという。

Eureka GT

.

南半球は冬なので、

日本の冬のアリューシャン海域のように

その南極付近が荒れて、そこからのパワフルなうねり。

バリは混沌となっている。

急速に近代化・資本主義の爛熟へと進んだからである。

私は美しい波に乗った。

「純粋の果てに波に乗ることはシャンカラ」

そんなタキビ詩が唱える輪廻のような言葉が浮かんだ。

爛熟の果てにあるのは、

失うことでもなく、

玄のまたさらなる玄であり、

そして私は、

このインド洋で

“自らの力だけで、浮力体を使って波に乗る”

そんな純粋なる遊びにただ耽るのであった。

私はエウレカに乗り、

自身で究極のターンを得た。

純粋なる遊びの極みがここにあり、

それはまた自身のボードデザインの成果が、

前田博士という縁により達成された瞬間であった。

「サーフィンで精神の脈絡を計る」

というのはあまり思えない、

という向きの人もあるかもしれないが、

少なくても私は純粋に波に乗ることに帰結し、

きっとそれは、

「ここにひとつのサーフボードデザインの完結」

を見たからに他ならなかった。

エウレカの詳しくはこれから書いていきます。

デザインという深みを再び知って、

純粋なる波乗り魂と、

相反するような道具話が溶けるように融合している。

太古のバリ送迎自転車で今日は結びます。

波乗りが連れてきてくれたバリ。

そして思想。

取り巻くもの、

やってくることの全てを受け入れられるような大きな人に私はなりたい。

けれど、まだまだなれていない。

そんなことがしっかりと感じられるバリ6日目の朝。

鳥が鳴いている。

エウレカ完全版完成!_編集部探訪_オーシャンズ誌_NALU誌_ターザン誌_変わらないもの、変(代)わっていくもの_(2222文字)