新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

ジェフリーズのウナクネ仲間_湘南鵠沼と片瀨にて_(2006文字)

Super Takibishi Yasu

Tyler Warren 9’6″

.

もはや神話に近い個性と、

並外れた焚き火能力。

ウナクネ界では、

中滝アートビレッジの菩提樹の下で悟りを開き、

一級焚火師康(スーパータキビシヤス)となった。

つまりウナクネ覚者の康くん。

焚き火サインで内に秘めた熱さを示している。

こちらは大原のアキくん。

ウナクネ界では、

次期ダライ・ラカ39世の生父として知られていて、

ここnaki’s blogでは、

二郎のサーフ日記内での父ちゃんです。

Catch Surf Odysea® Plank 8’0″

.

アキくんはクラシカルなサバ手。

二郎とパドルアウト。

「ゲームをやるのを弱めたの?」

「ううん、ゲームおもしろいんだもん」

「そうか、何のゲームやっているの?ドラクエ?」

「ゼルダです」

「お〜ゼルダの伝説か!」

「トライフォースのパワーなんだよ」

「ハイラル王家の紋章と、ウナクネ公国の紋章が似ているよ。それとサバフォースだよこっちは」

「父ちゃんが言ってた。女神ハイリアじゃなくて、ラカホーオー(法王)だって」

「良く知っているね。二郎はすごい!」

「でもウナクネはあまりわからないから、つまらないです」

「大丈夫、中学生になったらわかるようになるさ」

Nation Connecter 6’5″

Special Small Tri-Fin

.

バリのクドゥングで、

タイラー・ウォーレンのフィッシュをスモールに替えて、

高速滑走かつ、フィンによる抵抗減で、

ハイドロフォイルのような乗り味になったことを思い出し、

(巻末にリンクしておきますね)

コネクターのメインフィンをスモールにして、

この波サイズでは最高速を出して、

それははぎうだ、ナカガワ、タキビシ、

ケイスケの奥さん、ナッキーたちに目撃された。

特にタキビシはテイクオフから完全に見ていたようで、

「最高速樹立」ということを強調してくれたのでうれしかった。

これがその証拠写真。

距離にして300mは乗れただろうか。

腰波で200m超えがあるのが、

ジェフリーズの魅力ですね。

長く乗ると、

こうして歩いて戻り、

駐車場で乗った伝説波のことを話すのは晴れがましい。

二郎のドロップ。

顔が落ち着いていてすごい。

上手になりますね。

Tyler Warren’s Bullet Fish 5’8″

.

NAKISURFスタッフのナカガワとハギウダは、

かなりフィッシュに依存していて、

つねにフィッシュかミニ(これもフィッシュ科だと思う)に乗っている。

このボトムターンは10点満点中38点で、

トップターンの体重移動も完璧。

フィッシュに乗るには、

体をたたむことが最前提だが、

その特徴がまたフィッシュ乗りのスタイルのようだ。

NAKISURFの実使用レポートというか、

そんな体験時間。

タキビシがいると空は燃えます。

大きく燃えると大法要となりますが、

タキローは、

「あいつ(ラカ)がいないと法要とは言えない」

そんな原則があるようだった。

ならばと、

都内から川崎経由、

藤沢ー片瀨江ノ島とやってきて、

片瀨3丁目8番で、

ラカ法王とタキロー摂政たちとで会食になった。

ウネクネ広報部長をしているというだけで、

私のような民にも気軽に接してくださる法王に感激してしまった。

湘南では大切なことがもうひとつあり、

それは「体のケア」でした。

私の右膝はずっと痛んでいる。

症状としては、90度以上曲げられないというもの。

クドゥングでまた痛め、

波乗りは膝を曲げないでやっていたが、

鵠沼海岸駅前のショア整骨院なら直してくれるという。

法王も昔のキズが痛むらしく、一緒に看ていただいた。

「お仕事は何をされているのですか?」

「あのですね、小さな国の名誉職みたいなことをしてます」

「そうなんですね。デスクワークはしてますか?」

「いえ、のんびりしているだけです」

「いいですね〜。それでは電気治療しますね。パチパチと感じたら知らせてください」

「はい、キマシタ。ビリびりっと」

「ラカちゃんは、観音菩薩の生まれ変わりだと私たちは信じています」

「そうなんですね〜」

かくして、

私の膝はずいぶんと良くなり、

ラカ法王の首の痛みは取れて、

大満足で波乗りに行くことに。

鎌倉に台風8号のうねりがまだ残っていると聞いたが、

到着時にはすでに潮が上げてしまい、

鵠沼辻堂方面に行き、

クレーン車前でショアブレイク系だが、

すばらしい波を得た。

特筆すべきはタキローのフィンレス・コフン大回転、

しかもショアブレイクから砂浜への上陸も完璧だった。

みんなで食事となって、湘南の夜は更けていく。

タキローがラカちゃんに説教をしたので、

「釈迦に説法、孔子に悟道」だねと皮肉を込めて言うと、

「あ、ご飯の大盛りをください」と話が逸らされた。

海の日3連休をどうぞ楽しんでください!

Happy Surfing!!

【リンク x 2】

二郎のハッピーサーフィン日記『ゴールデンウィーク』_(2132文字)

満月の夜明け_新時代のスモールフィン&ビッグフィッシュ(驚きの超感覚)_ロティ&ウエイブプール動画_(1502文字)