新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

美しい川と波_【記憶編】二郎くん@千葉_(1431文字)

Shikoku River Mouth, 2018.08.04

.

美しい波と川。

清流が海に行き着くと、

こんなにすばらしい波となる。

小さな砂利のパーフェクトボトム。

こんなに良い地形だが、

期間限定で、

災害をもたらせた大雨による地形。

クネクネとずっとどこまでも乗っていける波。

Catch Surf Odysea® Skipper Fish 6’0″

Special Fin

.

このサイズで遠距離波。

まさに夢波。

清流からのヒンヤリ淡水と、

真夏の温かい海水のミックス味にうっとり。

パドリングしていると、

ノーズに朝陽が当たって、

それが虹色に見えた。

ずっとそんな色彩を追いかけるようにパドリングしていた。

千葉写真がまだフォルダーに残っていたので、

ここにポストします。

Catch Surf Odysea® Log 8′

Soft Single Fin

.

『二郎のサーフ日記』(巻末リンク*1参照)

でおなじみのみやざわじろうくん6歳。

もうこんなグラブレイルターンができるようになり、

さすが子どもの上達は早いと驚かされた。

上記した巻末動画リンクには、

本日編のいろいろが収録されているので、

ぜひご覧になってください。

「サーフィンはお尻がヒヤヒヤします」

そうスリルのことを話しているのだろうけど、

感覚的にとてもわかり、

さらには自分が波に乗ることを始めたときのことを思い出す。

波に乗るのが楽しくて、

楽しくて仕方がない二郎くん。

手がこんなに大きいので、

大きな人になるのでしょうね!

「(サーフィンは)なんだ、かんたんだなと思いました」

いつもの合い言葉もかわいいです。

台風12号通過後のセントラル房州。

Catch Surf Odysea® Log 7′ Single Fin

.

二郎くんのお兄ちゃんは太郎くんと言い、

ウナクネ式では、

ラカ39世となる予定です。

2026年7月4日。(就任式@千葉マリンスタジアム)

ラカ法王についての詳しくは、

リンク*2をご参照ください。

39世、10歳の夏。

二郎とラカ太郎。

いっしょに乗ろうとしました。

Catch Surf Odysea® Log 7′

Small Single Fin

.

ラカ39世の生父。

通称アキくん、または父ちゃん。

ラカの父(英表記:Father of RACA)でもあります。

台風通過後だから、

セットが来ると、

こんな波数のパーフェクション。

無印良波なので、

私たち以外は無人。

Catch Surf Odysea® Skipper Fish 6’0″

Special Fin

.

「テイクオフ開眼しました!」

という申告があったナッキー。

なんでもインパクトパドルがわかったようで、

テイクオフが容易でさらには激早となったと教えてくれた。

インスタグラムで

「たんていです。」ブームを作り、

「次のブームは国文ブームです」

そう企むツナくん。

ツナくんはいつものように長い波に乗って、

上陸を繰り返していた。

「悟りを開くまで(上陸を)止めません」

そんな決意ライド。

兄弟で一緒に乗った波。

私と一緒に乗った記憶。

海上がりのおいしいかき氷の記憶。

サーフィンは波に乗るだけでなく、

ありとあらゆる事象をまとっての記憶となるようで、

そういうことも含めて、やはりいいなぁ、と思いました。

Happy Surfing!!

【リンク*1:二郎のサーフ日記2(動画)】

VLOG【動画ブログ】『二郎のサーフ日記2』なつやすみ編

【リンク*2:ラカ法王について】

【特別特大号】ウナクネ・カノン(正史。ご注意:普通のサーファーは読まないでくださいね…)_(4038文字)