新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【建国記念三連休特別号】グリーンヒル展望台_Tyler Warren X NAKISURF_パンダが教えてくれたレゾンデートル_(1250文字)

AMAMI OSHIMA, JAPAN

.

奄美大島の朝陽。

龍郷町からは、

ちょうどこの時期に太陽は喜界島から昇ってくる。

春に進むと、

夜明けは陸地にかかってしまうので、

水平線から昇る美しい朝焼けが見られなくなる。

冬のご褒美。

うねりは小さく、風も悪い。

潮も干き過ぎている。

けれど屋内で作業したり、

ずっと書いている小説の続きに取りかかるには良い日だ。

これがその展望台。

正式にはグリーンヒル展望台と言って、

お母さんがここが好きで、

こんな美しい朝焼けの日はよくここでお会いする。

展望台の手すりを額縁に見立てて、

自身の構図を探すのはいつものこと。

刻々と色彩を変える絵画作品は、

人の生と同じで、同じものは存在しない。
『奄美龍の夢、諸行無常の響きあり』

平家物語のような一文が降りてきた。

ある一瞬は、息を飲むほど美しかった。

画家と言えばタイラー・ウォーレン。

彼がNAKISURFのためにロゴを描いてくれた。

そしてライフスタイルだと定義してくれた

(この日ブログを巻末にリンクしました)

記念ステッカーが発売となりました。

NAKISURF×TYLER WARREN(タイラー・ウォーレン)&NAKISURFオリジナルステッカーが遂に入荷!

Photo by Tuna Tantei

.

サーフィン研究所奄美大島支社非常勤の私は、

時間が空くと波の下に行き、

波の研究をしていると書いた。

現在奄美大島の北部水温が23〜24度もあり、

たいていは気温よりも海の中の方が温かい。

なので、こうしてトランクスだけで潜ったりしている。

今年が特別温かいのかというと、

そういうことでもなく、

冬のいつものことだと緑くんは言っていた。

これは波研究の一環を動画にしたのは、

波は表面だけではなく裏側、

いや内側、下?

そんなところに隠された秘密があり、

秘伝を得るきっかけになればいいなと思いました。

波の中に出現するスパイン(らせん渦)も映っているので、

まだご覧になったことがない方はぜひ!

【巻末リンク:タイラーが掲げてくれたテーマ】

タイラー・ウォーレンXNAKISURF_ウナクネ&キャッチサーフ一味の週末&周辺_二郎の見た夢_(2736文字)

Happy Surfing!!

[猫好きの方だけへのおまけ]

前回奄美に来たのは二か月前。

そのときに黒白猫が、

3Dウエッジの波打ち際まで付いてきたと、

平成天皇誕生日に書いた。

このことについて飼い主の奈々ちゃんに聞くと、

パンダという名のオスですけど、

海までくっついてくるのは珍しいですと聞いた。

【平成天皇誕生日特大号】日本書紀黒白猫_(4103文字)

そしてこの日もついてきたので、

その感動を40秒の動画にしてみました。

不思議な猫でございます。

これはおまけなので、

難しい話をしてしまいますが、

このパンダ猫によって私は、

レゾンデートル(存在意義)を知ったのです。

レゾンデートルというのは、

“自分は何のために存在しているのか?”

そんな気持ちで、

よく思春期の頃にばくぜんと抱いていたものです。

誰にとっての存在か、

自分の存在にどんな意味があるのか、

さらに自分にとって、

自己の存在にどんな意味があるのかを問うこと。

『パンダが教えてくれたレゾンデートル』

サーフィン道の寄り道でした。

パンダ編を見てくれている飼い主の奈々ちゃん。

パンダと筆者。(笑)

◎◎