新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】奄美旅句点編_バックドアwith茂木くん_パンダの特徴_(1999文字)

Amami Oshima

.

Dragon Cape, Amami Oshima

.

奄美を離れて京都に向かうために奄美空港にいる。

撮影仕事があって、

ただ滞在は4日間だけなので、

このまま奄美編を継続できるのだが、

一度ここで句点を打っておきたい気持ちでこれを書いている。

Nation Eagle 6’8″

.

1月の終わりに爆弾低気圧からのうねりでB-Passが乗れた。

しかもNAKISURF千葉チームと一緒にというのが心に残った。

そして波が小さい日が続き、

台風2号がズドンとやってきた。

Nation Eagle 6’8″

.

2月に小山のような波に乗れたのは、

季節外れの台風ということ。

また異常気象だと騒がれるのだろう。

地球は引っ越しできないので、

大切にしなくてはと思うのだが、

海の向こうでは、

内戦やら戦争を仕組んでいる連中がいて、

戦闘機、爆撃機が飛んでいる。

これだけでも大気汚染が甚だしいだろう。

サンクレメンテのサンオノフレから内陸が米軍キャンプなので、

そこでは日々演習があり、

ズドンズドンと大砲を撃ったり、

戦闘機がスクランブル発進したりと、

戦闘態勢が十分なのを国民にアピールしているように映る。

そしてほとんどのアメリカ国民がそんなことを歓迎していて、

個々に聞いてみると、

世界平和を米国が護(まも)っているという自負があるらしい。

または、反戦ジョン・レノンの思慮深いタイプと分かれる。

けれど、私が見る限り好戦派は95%くらいだろうか。

愛国心=他国をパトロールするという図式なのかもしれない。

2019年にもなるのだから、

武力でなく契約で世界平和が達成できたらいいのに。

ハノイで開催された米朝会談レポートを読みながらそう思ってしまう。

話が逸れた。

「イーグルは究極のボードです」

そう言って止まないが、

そのターンを支えるのが、

このセンターフィン(TW7.75″)とベクターサイド。

やたらと速く、しかも安定しているので、

高速ターンが達成できます。

これはバックドア。

ちょうど茂木(もてぎ)くんが来島しているので、

バックドアまで波チェックをしに行った。

彼のことを中学生——30年前から知り、

サンクレメンテにも留学しにきて一緒にサーフしているので、

彼の潜在的、そして光る才能というか、

そんなことを知っている一人でもある。

「ここでサーフするよ」

そう言うと、

彼は私が冗談を言っているのかと思ったほど、

キレキレのベロン波におののいていたと言う。

そこでキャッチサーフのスキッパーフィッシュ6フィートを持ち、

二郎くんではないが、

「かんたんです」とばかりにテイクオフの実演をしても、

「こんな波、降りられる気がしません」

そう言う。

「茂木はカリフォルニアもハワイもやっているから大丈夫」

そう言い聞かせても

「乗れる気がしません」

力なくそう言う。

私は彼の高いサーフ能力を知っているから、

この波に乗ることは可能だと知っていた。

さらに実演すると、

こんな彼の驚愕顔が映っていた。

無理もない。

えぐれるほどの斜面で、

水深などほとんどない波。

しかもギザギザリーフ。

そこで、

「ピークのウエッジの中にボードを入れて、

芯から思い切り落とすようにテイクオフすれば大丈夫」

きっぱりとそう伝えた。

良い波が来たので、

「これだこれだGO!GO!」

そう応援すると、

彼はついに決意し、

完全なるストロークのパドリングが見えた。

「GoGo〜!」

Takeshi Motegi, Amamian Backdoor

.

「乗れました!」

「良かったね〜」

「こんな波は日本では見たことはありません」

「奄美だからね」

「奄美ってすごいです!」

そんな結実となった日。

めでたしめでたし。

彼はまた波乗り修行に入る決心が付いた波でもあったと、

先ほど結島キャンプフェスティバル会場から教えてくれたのでありました。

今朝はすっかりと小さくなり、

熱帯低気圧の波もどこかに行ってしまったようで、

またこんなサイズになったけど、

京都から戻ってきたら波があるといいな。

欲ばらず、自然体でそう思います。

今回の奄美はヒカン桜も見られたし、

伊豆は河津桜が満開だと、

今村厚くんがFBで伝えていた。

これは日本書紀ネコのパンダ。

(パンダについては巻末リンクa,bを参照ください)

他にも似た模様がいて、

「あ、パンダ」

そう思うけど違うことがすぐにわかる。

なぜなら二つの大きな特徴がパンダにはあるのです。

ひとつは口のホクロ模様。

もう一つは背中のライトニングボルト模様。

ボルトマニアのトロちゃんが見たら、

欲しがるからナイショにしておかねば。(笑)

それではすばらしい日曜日となりますように!

もうすぐフライトです。

京都でお会いする方、

どうぞよろしくお願いします。

【巻末注釈リンクa:奄美パンダについて】

【平成天皇誕生日特大号】日本書紀黒白猫_(4103文字)

【巻末注釈リンクb:パンダ動画】

【建国記念三連休特別号】グリーンヒル展望台_Tyler Warren X NAKISURF_パンダが教えてくれたレゾンデートル_(1250文字)

Happy Surfing!!