新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

バックドアのウミガメ(動画あり)_青い海とフエフキダイ_銘弁当の龍郷町重野玉里店_(2150文字)

Amamian Backdoor, Amami Oshima

.

北風が南風となった。

波は小さく、ささやか。

だが、

これから荒れるという予報。

具体的には、

猛烈な南風がおよそ24時間続き、

同時に大雨が降るという。

春ですね。

これが崩れる自然の不思議。

逗子サーファーズ岬からきんちゃんがやってきた。

奄美にやってくる友人たちは多いが、

サーファーズ岬からは珍しい。

なんでも60歳になられた記念だそうで、

「まさかさ、奄美に来られるだなんて

思ってもみなかったからうれしいね〜」

そんなお言葉にも実感と、

こみ上げてくるうれしさが詰まっていた。

金曜日に書いたウミガメは、

調べてみると絶滅危惧種となっており、

けれど、

どのブレイクに行ってもたくさん見られる。

もしかすると、

個体数が増加しているのかもしれない。

これはグッドニュースならいいんだけど。

サーファーにここまで近づいて、

目の前に浮かび上がる。

このウミガメは、

サーファーと一緒に遊んでいるのかもしれない。

巻末の動画はこのウミガメも出演しています。

遊んでいる穴があって、

そこから出発するときは、

ヒレを使って射出していたり(動画にあります)、

私からずっと離れずにいてくれるかわいいウミガメです。

そのバックドアの波と、

キャッチサーフ2種。

6’6″ & 6’0″

そしてZ1サーフスーツ『LIGHT』。

私たちが提案する、

最軽量の柔らかいスーツ。

春夏秋のスーツをお考えの方は、

ぜひこのコンセプトサーフスーツを思いだしてくださいね。

オススメします。

波乗り後は、

重野玉里店弁当を求めに行く。

大人気の重野玉里店弁当

欠点はすぐに売り切れてしまうこと。

ここで作っているので、

10分も待てばすぐに補充品が来るのだけど、

そうなると誰かも待っているので、

椅子取りゲームみたくなる。

そうなるのが嫌なので、

だいたいは上の奄美ニギリとかにしてしまうのだけど、

今日はタイミング良く待ち人なしで補充されて、

私たちは感動的な視界を得た。

蓮(レン)くんがふらりと店内に入ってきた。

「あ、NAKIさん!」

「おはよ〜」

「おはようございます。じつは昨日NAKIさんのブログ読んでたら、

はまってしまって、さかのぼって読んでいたら朝の5時でした」

「うれしいけど、ごめんね(笑)」

「いえいえ」

レンくんはレジのおばさんと親しげに話している。

有限会社重野玉里店謹製海苔弁当近影

320円

.

「家はこの近くなの?」

「そうです。そこです」

「いいなぁ。このお弁当で育ったわけだね」

「シゲノ最高です」

そんな会話をしていると、

さらに弁当が追加されて、

今まで見たことのないスペシャル・ソーキ弁当が出現した。

手に取ると、熱く、温かかった。

これが自分のものとなるなんて、

誰もいなかったら感涙にむせび泣いたことだろう。(笑)

私たちはいそいそと国道58号線を北上し、

VBで感動弁当を青い海を見ながらいただくと、

大リーグボールを完成させた瞬間の星飛雄馬の目となった。

こういうときにもうれしきKキャンパー。

椅子もありますし、

テーブルも、カセットコンロまでございます。

これはこのKキャンパーが内蔵するベッド。

完成時に一枚撮ったものが出てきた。

軽サイズなので小さいのが玉にキズ。

だけど、

身長170cm以下の方なら幸せに眠れます。

このVBの並びには、

絞り立てのサトウキビジュースを提供するお店があり、

その店内はこんな感じである。

例によってここは観光名所となっていて、

開店するやいなや、

内外の旅行者たちがやってきて

すぐに満席となる。

私たちは上記したように

VBやバックドアで青い海を見て食事をしているので、

こんなガラス張りの青い海という店内にはそそられない。(笑)

これはラカ法王がいたときの一枚。

なんでいまごろ写真が出てくるかというと、

かいつまんでファイルを見ているからに他ならない。

それほど忙しかったです。

それにしても法王は笑顔が優しい。

心も優しい人です。

ラッコ旦那やウナクネ会長の心の師。

こちらは鎌倉のジャイアン。

緑くんの親友でもあります。

番屋岬でも会えたし、

中村豪くんの友だちでもあるし、

それはパワフルな人です。

“Aloha Vibes Only”

すばらしい言葉だ。

ちなみにジャイアンが奄美に来ることは、

台風上陸と同じらしく、

毎年何号と数えるらしい。

ちなみにこれが今年のジャイアン台風1号で、

予報では今月の31日にも予報円が見えるらしい。(笑)

さて、

前出したVBは龍郷町赤木名にある。

その国道沿いに田端魚屋さんがあり、

熊ちゃんとウナクネ会長御用達で知られている。

入店してみると、

「フエフキダイがあります」
「刺身でいけます」

というので購入してみた。

一サク500円だった。

これに自家製ガーリックオイルと、

岩塩少々、燻製ソース、

そしてマヨネーズをかけていただくと、

絶品も絶品、

忘れられないフエフキダイとなった。

自分のためにもここに記録した次第です。

冒頭のバックドアのローカル、

ウミガメくんに出演いただいた動画をここに。

3月12日にも登場していただいたリトくんもここに出演しています。

ナッキーのすごいワイプアウトも。

【サーフィン研究所】バックドア_ヤンググレイト・リト_コブシメとチョウメイソウ_(2006文字)

Happy Surfing!!