新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所:思想編】Kキャンパーで奄美旅_【波乗り問答】_(1700文字)

瀬戸内町蘇刈地区。

左奥に見えるのは加計呂麻島。

Kキャンパーの旅は楽しく続く。

奄美大島は公園が多く、

それらの多くは清潔なトイレ、

洗面、水道やシャワー、

感知式の電灯を装備してもいた。

国道沿いにたくさんあり、

駐車場も広く無料で、

高速道のパーキングエリアのように使えた。

こんなことからも奄美大島のすばらしさを感じる。

このKキャンパー旅は、

きんちゃんが来る以前のことであり、

もしかしたら未来のことでもあるらしかった。

それがなぜかかは、

以下に書かれたを参照してみてください。

[注意]

波乗りについて、

深く知りたくない方は後半まで読み飛ばしてください。

【波乗り問答】

波について問う。  

波はあらゆる形である。

あらゆる形状であり、あらゆる大きさである。

 

さらに波について問う。

波は大小である。

全てを呑み込むものでもあり、

風で吹き飛んだ些少な水の粒も波である。

 

波には単位はあるか?

大小全て。

宇宙の理(ことわり)に準ずる。

刹那(せつな)という単位で表す。

 

刹那について問う。

刹那は最小単位であり、

“宇宙の始まりから終わりまで”

という永劫なる時の単位でもある。

 

さらに刹那について問う。

1日は24時間。

これは30牟呼栗多(むこりた、インドの時法)であり、

900臘縛(ろうばく、これもインド)、

54,000怛刹那(たんせつな)である。

54,000怛刹那が、

6,480,000刹那となる。

24時間は86,400秒。

とすると、1刹那の長さは1/75秒、

2刹那(にせつな)の長さは1/38秒となる。

 

いま問う、なぜ2刹那なのか?

それは来たる者も我々と同じように対をなしており、

それは陰陽であり、光と影であるからだ。

 

それは誰が言ったのか?

カニシカ1世だ。

 

カニシカ1世について問う。

カニシカはクシャナ朝の君主だ。

彼はおよそ1849年前に”刹那”という単位を発見している。

なぜそれを知る。

『大毘婆沙論』に書かれてあるからだ。

 

大毘婆沙論について問う。

1369年前、

玄奘三蔵がインドから持ち帰った経典があり、

それを玄奘が漢訳したもの。

そこにはカニシカが制定した刹那という単位が書かれている。

 

それでは宇宙について問う。

宇宙とは、全てを包み、そして消し去るものである。

 

それはなぜだ?

宇宙は陰と陽、表と裏によって成り立っているからだ。

 

なぜ陰と陽があるとわかるのか?

深く、内に感じるからだ。

 

なぜ表と裏があるとわかるのか?

心の奥深くに潜むものでもあるからだ。

 

それは遺伝子のことを言っているのか。

その通りだ。

 

波の表裏について問う。

あるとも言えるし、ないとも言える。

 

さらに波の表裏について問う。

昼と夜。プラスとマイナスと同等に同様なもの。

 

波はどのように動くのか。

ラテン語の helice(ヘリケー)と同意である。

 

ヘリケーについて問う。

ヘリケーは回転しつつ、

回転面に垂直成分のある方向へ上昇する曲線である。

 

それは3次元曲線なのか。

ヘリケーは3次元曲線のひとつである。

 

最期に問う。ヘリケーとは何か。

全てのものだ。

——-

そんな問答をしつつ、

バックドアに行き、

古仁屋まで下り、

大好きな大城もちやの「ふちもち」を発見したのは、

港のそばのエーコープ。

ビッグ2では、

名魚の誉れ高いうんぎゃるまつを発見した。

しかもみそ汁用だから、

これでブイヤベースを作ったらさぞかしおいしいだろう。

Kキャンパートラベラーの強い味方は、

日帰り風呂。

眺望と湯がいいのが山羊島ホテル。

楽しいのがタラソの奄美の竜宮。

他にも色々あるけれど、

私的に一番は、

上の写真の『奄美体験交流館』の薬草風呂。

これに入ってぐおーっと、膝の調子が良くなった。

キャンネンサーフの榊さんにも湯内でお会いした。

島一番の誉れ高き名湯がここにある。

ここの入湯料510円は、

タラソの半額であるし、

山羊島ホテルの1/3程度であるらしかった。

瀬戸内から宇検村回りで大和村(やまとそん)に向かいつつ、

上記したような問い問答をしていたら、

戸円(とえん)という不思議な場所に到着した。

ときに夕刻でありました。

日没後は、

大好きな峰山公園に行き、

信じられないほどの眺望に息を飲んだ。

Happy Surfing!!