新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

謹賀半年おめでとうございます_うれしそうなバレルイン_4kg近いマヨネーズとパンサーとモグリ_ケリー・スレーターのウェーブプール!?(2187文字)

こんにちは、

あっという間に7月ですね!

ちょうど一年も折り返しました。

半年あけましておめでとうございます。

今日は7月2日、謹賀半年翌日。

夏のこの日は、

お正月よりも好きかもしれないので、

こうなったら半年玉とか、

お餅つき、

祝冷中華、書き初め、初夏乗り、

そんなことをお祝いしたくなった。

Tyler Warren Big Dream Fish 6’7″

.

先日、ここに、

この波に乗った連続写真をポストした。

すると、

「テイクオフ直後の顔がいいね〜。
本当にうれしそうだから感激したよ」

キンちゃんがそう言ってくれたので、

画像を拡大してみると、

こんな表情で映っていた。

しかも真正サバ手だ。

写真がなければ、

自分がどんな顔をして乗っていたのかはわからないが、

この波はとてもうれしかったことを思いだし、

サーフィンってやっぱりいいなと再確認させられた。

これは千葉ジェフリーズ。

とすると、

これもうれしく波を滑っているのだろう。

さて、

ドラグラ・プロダクションズというのが発足され、

ご存じかもしれないが、

その執筆陣がものすごい。

けれど、

「NAKIさんのブログ、最近はドラグラ負けしてますね」

そんな感想もあちらこちらから出ている。

前出のキンちゃんも、

「メジャーに負けずに書くんだよ」

そうは言うが、

こちらはマイナーというか、

インディーズなので、

その矜持はしっかりと持っているつもりです。

↓ドラグラ・プロダクションズの詳しく↓

【お知らせ】ドラグラ・プロダクションズ発足!!_(2601文字)

それなら、

少し興味深いことをいくつか書いてみます。

さて大谷翔平くんの超人級の活躍で、

メジャーリーグ人気が高まっている今日この頃だが、

私も例に漏れず、

中継や速報を楽しみにしている一人であります。

メジャーリーグ・ニュースにあったのは、

この業務用マヨネーズをまるまる食べてしまう観戦者のこと。

このマヨネーズは小さく見えるが、

1ガロン瓶なので、

3.78リッターものマヨネーズ。

自分も好きだが、

こんなに食べて(健康に)平気なのだろうかと気になった。

食べもので好きなものは多々あるが、

そのトップクラスに長年君臨し続けるのは冷やし中華。

店先に「はじめました!」とある季節の食べものの一つ。

だが、北米のミツワなどでは、

『明星 中華三昧 涼麺 』が一年中売っている。

でも最近は胡麻ペーストと酢、

そして味醂等でタレを自作するに至るので、

生麺か乾麺さえあればいつでも作れるようになった。

さらに高知県春野産の新しょうがに出会ってからは、

このタレに生姜をしのばせている。

たっぷりとアボカドとトマト、そして甘く煮たシイタケ。

中華細麺を表示時間より長く茹でて、

氷水で〆て、

薄めのタレをたっぷりかけていただくと、

オリンピックで金メダルを獲った心持ちとなる。

これはイサキ。

梅雨時に旬を迎える魚だが、

NAKISURFハギウダが大原沖で釣りキチ三平をしてきて、

乱獲にならないだろうか?

そう思ってしまうほど釣り上げてきた。

初日は刺身でいただき、

翌日はポアレにしてその美味しさに震えたが、

3日目はハギウダ自家製干物をいただいた。

これは、

今まで食べたどの干物より、

身がふっくらとしていて、

滋味あふれるもので、

『人生で1番美味しかった干物』

そう評価すると、

「塩分濃度9%なんですよ」

そんなテクニカルな返事が返ってきた。

すると、

この9%で作ると、

次回もおいしくいただけるのだろうか?

素材もおいしいのもあるのでしょうね。

ちなみにこの干物にも

前出の春野町産の生姜をすりおろして添えた。

今朝未明(3時頃)の数字だが、

湿度98%とはすごい。

もはや水の中にいると思っていいのかもしれない。

カリフォルニアは異常乾燥の地なので、

皮膚がかさかさになるが、

これなら保湿は自然にできる。

さて、

スシローの浮き輪キャンペーンがあって、

今年はどこかでこの浮き輪が浮いているのを見るだろう。

プールと言えば、

伊豆長岡にあったウェーブプールが思い出されるが、

木更津のスレーター・ウェーブプールの建設が、

頓挫する可能性があるという。

そこにこのスシローの浮き輪を浮かせて、

波に乗るのを見たかったのに残念である。

ひゃあ、デ・トマソ・パンテーラだ!

そう思うのですが、

これはパンテーラに想いを寄せたカスタムカーらしく、

なんでもランボルギーニ・ウラカンの車体を使って、

アウディのV10エンジン搭載。

いいなぁ。

昔の車はかっこよかった。

そう思えてしまうほど、

最近の車はギザギザしていて、

まるでガンプラのようである。

トヨタ2000GTとか、

ミウラ&イオタのような曲線が見たい。

ちなみにパンテーラはイタリア語で

『パンサー』という意味です。

昨日ここに書いた

「タヌーマンの僕(しもべ)の

ロデム(狸油でできている黒豹)」

を思いだした。

こんなブラックジャックのパロディ画像が、

ドラグラ・プロダクションズに届いた。

秀逸なので摂政瀧朗に電送すると、

すぐに「アッチョンブリケ」と感嘆符なしで届いた。

この『モグリとグラ』のアイディアといい、

グラフィックといい、さすがであります。

ブラックジャックを深く知らないとたどり着けないし、

それを含んだ上で、

タキローの「アッチョンブリケ」もいかしている。

こういうニヤリで始めるめでたい賀正新半年。

この半年もどうぞよろしくお願いします。

【巻末リンク:そのバレル波日】

偶然の重なりと生クリームと、レトロエンスー!?_ピンポンパンと、絶対に抜けられないバレル_(1854文字)

Happy Surfing!!