新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【NAKISURFキャッチサーフ・レンタル】興奮につぐ興奮のエックスとオディシー・プランクはかんたんでした!_(1863文字)

私は妖精が、
他のありとあらゆる偉大な熱烈さと両立しうるものであると思っていた。

 ——アンドレ・ブルトン著

   『ナジャ』1962年刊、稲田三吉訳163pより

Nation Dream Crusher 5’6″

.

私は波が、
他のありとあらゆる偉大な熱烈さと両立しうるものであると思っていた。

冒頭の文章の妖精を波に置きかえてみた。

で、

波をサーフボードに置きかえてみると、

また「うーん」と感じ入るものがあり、

そう考えると、

サーフィンというのは、

ものすごいフィールドで遊び、

極まろうとしていることだと知った。

NAKISURF千葉が、

レンタルボードを入れ替えるのだそうで、

その8フィート、

シエラ・シングルフィンの初乗りとなった。

このキャッチサーフ、

正式には、

Catch Surf ®ODYSEA Plank x Sierra Lerback PRO 8′

と表記します。

こちらが明日よりNAKISURF千葉でレンタル可能です。

ご予約はお早めに。

さて、

昨日のエックス。

ここは上総一ノ宮の玉前神社からまっすぐ東、

夜明け方向にあるビーチで、

日本書紀にも明記されていますが、

神学的に意味がある海=サーフブレイク。

NAKISURF千葉からですと、

900mの場所にあります。

波情報が0.1~0.4mと伝えているが、

じつは毎日サーフできている。

そしてほぼ無人。

「波乗りできることを知っている人」

または

「波情報はよくわからないけど、ここに到着した人」

たちが、8人くらい入っていた。

このエックスはジェフリーズにつながる広いビーチ。

普段は少なくとも50人は見渡せるのに、

電波情報の力というのは時に正確で、

時に伝わらないということになるようです。

波情報サマサマであります。

フィッシュ世界を研究し、

その世界をも包括するオルナタティブ・サーフ。

最近、

そちら側を急激に理解し始めたナカガワジュン。

こういうメガ・フロートボードに低姿勢で乗れることがその証拠である。

『バリマギ76プランク』にシングルの試作「タイニー」を付け、

フィンファーストを決め、

そのまま180°して、

バックサイドレイバックしていた。

見ている側は残像を記憶として、

ここに表記したのだが、

そのとき、何が起きたかはわからなかったほど目まぐるしいが、

乗っている本人も、

「興奮につぐ興奮」

そんな良質のトム・クルーズ映画そのまま世界となる。

スモールフィン、

フィンレスの愉快のひとつをご紹介しました。

サーフィンは、

どんな最上の映画よりもすごい。

というのは、

当たり前だが、

墜落しているときの重力が感じられることだ。

映画では4Dでもそこまでは感じられない。

さて、このオディシー・プランクの紹介ページに

the Plank delivers that smooth old-school single-fin flavor

とあった。

最近、

かなり優れてきたGoogle翻訳を通すとこうなった。

「板はその滑らかな古い学校の単一ひれの味を届けます」

私がこれをサーファー翻訳すると、

「プランク(シリーズ)は、
シングルフィンによる
滑らかなビンテージ感あふれる乗り味を届けます」

となった。

翻訳機の進化を望むひとりであります。

プランクは、

そのカタログでも掲げるメガ・フロートそのままに、

波になる前のうねりから、

このように簡単にテイクオフできる。

不思議な力は、

キャッチサーフ独自の3ストリンガーシステムが剛性を高め、

ゆえに超級のテイクオフ性能を実現しているのでありましょう。

二郎くんではないが、

「なんだ、かんたんでした」

そんなテイクオフとなりました。

ささやかな波だけど、

このスロープが、

大波でフェイド・ターンしているような錯覚になるのは、

前出したメガフロートの「浮き」であり、

高い剛性から絞り出される速度感覚が織りなしているからだ。

エックスは、

堤防の間から入ってきた波と、

片貝、銚子方面からの北東うねりが合わさると極妙となる。

なにを持って極かと言いますと、

右斜め前から、

そして左斜め前の波が合体することにあります。

合体すると、

その0.1m~0.4mの波が、

たった10cmから40cmのうねりが、

こうして巨大化(倍増)し、

さらには牙を出して飛びかかってくるようになる。

不思議な地形です。

またいつか詳しく、

干潮時は、初級者の人の練習に最適ですよ。

みなさんが、

楽しくサーフできますように応援しております。

なんでもわからないことがあれば、

お問い合わせください〜!

Happy Surfing!!