新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

しんじょう君のふるさと波_(756文字)

こんにちは、

暦の上ではもう残暑ということですが、

暑いですね。

牽牛星、織女星が見頃ですが、

雲が多く、

晴れ、曇、雨、

雷という天気幕の内弁当のような日です。

しんじょう君の故郷に行ってきました。

正しく書くと、

台風10号接近中に、

ニホンカワウソが最後に確認された川の河口に行きました。

これがニホンカワウソのしんじょう君で、

おへそは低気圧の中心とされる学説もある。

(巻末リンク*2参照)

この漁港で「じろう」という落書きを発見する。

なぜこんなことに反応するかというと、

大人気の

「ハッピーサーフィン日記」

の小学生著者ジローくんを思い出すからです。

(こちらも巻末リンク*3へ)

世界にも奇妙な波は多くあるが、

この波こそが不思議発見伝で、

去年そのことを感得し、

ぜひとも今年も乗ってみたいと願っていた。

何が不思議かというと、

波が重なるのをウエッジと言いますが、

千葉一宮のエックスは、

両方向から合わさるからX。

ここはそのXに加えて、

もうひとつ岸から回り込んできたウエッジがあり、

それがエックスに重なるダブルエックス波。

さらには適切な地形があり、

波がえぐれるタヒチ系でありました。

はっきり言ってむずかしいのです。

けれど、

その難易度が病みつきになるのであり、

さらに言うと、

ここは年に数回しかブレイクしないので、

病みつきになっても乗ることはむずかしい。

激レアスポットのひとつにまた乗れた。

ありがとう台風10号、

ありがとう、

一緒に楽しく乗ったサーファーたち。

忘れられない波。

先日、

ドラゴン湾で再会を果たした縄田くん。

ここでも会えました。

(すごい偶然だと思うのだけど)

【縄田くんについて】

en_サーフスポット周りの商売を支えるサーファーたち_USAとは?_永ちゃん_(1629文字)

【巻末リンク*2:しんじょう君】

【GW追加編】しんじょう君のおへそ学説_ヘッドディップに見るレトロ路線の総和性について_(1935文字)

【巻末リンク*3:二郎くんについて】

【海の日特大号】二郎のハッピーサーフィン日記『ワクワクしたシュンカン』_(2359文字)

Happy Surfing!!