新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】珍しくラッキーなサーファー_道の駅_伊豆の魚とビール順位_Blue誌発売!_(1683文字)

伊豆に来て、

あっという間に6日間が経った。

美しい自然。

そしてすばらしい波。

無人地区でハッピーサーフをする私たち。

Andy Nieblas

.

「俺たちは珍しく、
そしてかなりラッキーなんだよ。
それは多くのサーファーが気づきもしない、
波に乗る幸せを手に入れているからね」

昨夜、

こんなことをボソリと言った。

珍しいというのは、

競争主義ではない、

どんなサーフボードにも乗れるということで、

実際にダクトテープのファイナルで、

ある名高いサーファーが、

(優勝できるかもしれない)

波を無理矢理アンディから奪っていったらしいのだが、

結局、

その30秒後に、

アンディの前にウイニングウエーブが来たというのだから、

これはまるでいつか私が書いた

「両手ブラリ戦法」と似ているなと感じた。

(巻末リンクをぜひ)

Makala Smith

.

Seeaのミケイラも同じタイプで、

競わず、

笑顔で楽しくサーフしている。

ワイプアウトしても笑顔が浮いてくる。

Hallie Rohr

.

ヘイリーも同じで、

というか、

サーフィンには笑顔だけで、

順位は関係がないと言い切る。

今回準優勝していただいたたくさんの賞金も、

将来のサーフトリップに役立てたいとし、

意気込まずに、

波の取り方もウルウルするほど優しいサーファーである。

「キモノよ」

浴衣を着て、

大喜びのヘイリー。

これはキモノではないですよとは言えなかったけど、

こういうのは本人が喜んでいるから訂正などはしないで良い。

さて、

私たちは、

伊豆半島最南端にある道の駅

「湯の花」までやってきた。

お目当ては、

湊地区から届く保坂寿子さんの「いなか寿司」だった。

残念なことに完売していたけど、

メロンのソフトクリームを食べ、

粉ではない

生ワサビに出会った。

ヘイリーはiPhoneアプリで、

内容物が書かれた表記を英語に翻訳し、

「食べものに何が入っているか」

きちんと確認していたのが印象的だった。

アンディはヨコタの燻製に気もそぞろ。

銘品ですぞ。

NAKISURF・キャッチサーフVANは、

スライドドアなので、

屋根の上にサーフボードは載せられないと思っていた。

けれど、

スライドドアの後ろにロープを入れたら問題がないことを知った。

夕食はBBQにしようと、

下田港付近の魚屋さんに繰り出し、

カジキマグロ

イカ

ヒラメ

カワハギ

マンボウ

などを求めた。

キジハタもキンメも、

みんな一緒にウロコが剥がされていた。

貝にも興味があるらしく、

生きていることに驚くアンディ。

美しい夕焼けそらの吉佐美入田浜。

夜のために冷やされる黒ラベル群。

ちなみにアンディたちのビールの嗜好は、

好きな順に

サッポロ黒ラベル

キリン一番搾り

ヱビス

プレミアム・モルツ

キリン・ラガー

スーパー・ドライ

そう聞こえてきた。

グリーンラベルを飲んでいたから、

これについて聞いてみると、

「これは合成酒でしょ」

喉越しだけでそう見抜いたのがすごかった。

松村トロピカル昭汰くん。

3歳になって、

ハッピーサーフィンの仲間入りをするとは、

これからが楽しみなんです。

次郎が、

二郎だったら良かったのに、

そう思いながらシャッターを押したサク山シリーズ。

(二郎くんについては、

巻末リンク*2を参照ください)

ブルーの新作が届きました!

新刊と言うのか。

表紙を開くと、

なんと、

表紙の裏「表2見開き」にアンディの顔があり、

それはクイックシルバーの広告であった。

内容も盛りだくさんで、

鎌倉の安間くん家族が掲載されていたり、

スカイラー・ビークロフトのデザイン特集。

サーフキャンプ用品だったり、

そして私の巻頭コラムが掲載されています。

すでに多くの人からご感想をいただいておりまして、

「サーフィンは、
幼稚なフォークダンスになっていると書いてあって、
ニヤリとしました」

そんなコメントがうれしく、

前出の二郎くんの父ちゃんと楽しく読みました。

ちなみにメイン・ビジュアルは、

ヨノ・ピークの獰猛波です。

(巻末リンク*3を)

【巻末リンク:良い波に乗る方法】

【サーフィン研究所】サンオノフレ・モーメント_サーファーズ岬_良い波の乗り方_(2033文字)

【巻末リンク*2:二郎くん!】

【海の日特大号】二郎のハッピーサーフィン日記『ワクワクしたシュンカン』_(2359文字)

【巻末リンク*3:ヨーノ・ピークについて】

【サーフィン研究所スペシャル】台風15号_洋之介くんの魂を継ぐものたち_ヨノピーク_(1629文字)

Happy Surfing!!