新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】ボンザー1971との旅_NAKISURFカレンダーの詳細とご紹介_(2673文字)

初めてのボンザーというサーフボードを、

サーフ博物館で見た。

正確には、

サンクレメンテの*サーフィン遺産文化会館にあったのを手に取った。

*Surfing Heritage and Culture Center

この取材に同行してくれた館長が、

「持ち上げなさい。ドーゾドーゾ」

というので、腕に抱えた。

バリバリっと電撃が走った。

その時の感激に乗りたく、

数年かけて探し続けたが、

見つかっても博物館のように乗れるものではなく、

またはとっても高価なものなので、

自分のものにはならなかった。

そこで、

フル・レプリカを当時の素材のままに前田博士に作成を依頼したのが、

このくらい寒い春頃の話だった。

完成してからの波運と言ったら、

キャッチサーフ・フリークの私をして、

この古代ボードの性能が異様によろしく、

それは、

私の想像と予想と期待を遙かに超えるものだった。

やはり宇宙からの交信だったのか、

そんなことすら思い付くほどの1971初期版。

クリスチャン・フレッチャーの縁で、

1973ボンザーは乗った。

緩い波で速い。

踏み続ける限り加速が続く。

そんな印象で、

バリバリとした気持ちになっていたのだが、

借り物なのでお別れが近づき、

タイラーにお願いして1973ボンザーをコピーしてもらった。

無事に完成して、

奄美大島にやってきた。

バックドアの駐車場でこのように置いて写真を撮った。

こちらの赤ボンザーもすごい波運で、

2月の頭にフル台風波がやってきた。

だけど、

あの日のオリジナル1971がやはり欲しい。

(ただ単にタイラーが初期ボードを所有していなかった)

あの薄いボンザーコンケイブと、

レイル等の絞りというか、

シャープさが欲しかったのだ。

千葉一宮のビーチブレイク。

「ルンビニ玉前」でのフルスピード。

タキビ神と行ったブバラカ岩盤での、

ハレイヴァ・ターン。

このボンザーの加速は、

激速ビーチブレイクをパーフェクトに変える。

そうこうしている内に

アンディ・デイビスの原画展があったので、

伊豆にまでやってきて、

子どもたちと一緒に膝腰波に乗った。

このサイズでもご覧のようにレイルは波に立ち、

速いことを伝え、

乗ってくれた小学生の太郎くんの感想もまた

「速いですこれ」ということだった。

余談だが、

これはその伊豆イベントのジャンケン大会の決勝で、

ジローくんがグーだけで勝ち上がっていった証拠ともなっている。

そして父由来の土肥に向かうとき、

雲見という地名に感動していたら、

ここで美しい富士山を見た。

で、

友人に会いたいのと、

この1971ボンザーを傑作波で滑らせたく、

まる一日車を南に走らせると、

なんと、

こんな波が無人でブレイクしていた。

じつはこれはサーフ後の写真。

なので自分たちだけの足跡が砂浜に付いている。

そんな奇跡のような、

もしかすると、

1971年にタイムスリップしたかのような錯覚に陥った日。

ということで、

新章に突入です!

すると今朝、

BLUE誌編集長の戸井田さんから

「巻頭コラムの他、旅について何か書いて欲しい」

そんなご依頼を受けました。

多くの読者を抱える全国誌であるブルーに書き、

私の気持ちを伝えられるのは本当にありがたいことです。

さて、

冒頭に掲げました2020NAKISURFカレンダーのお知らせです。

NAKISURFオリジナル・カレンダーは、

おかげさまで毎年大人気で、

その刷新と改訂を繰り返しています。

オリンピックイヤーである2020年版の特徴は、

展開時A3サイズ(297mm×420mm)と大きくなりました。

そして、

NAKISURFカレンダーの魅力は、

「波乗り魂」であり、

「海からのインスピレーション」です。

それに「機能性」を加えて、

マトリックスという機能版カレンダーが完成しました。

19もの便利機能がございます。

1.サーフボード用のサイズ変換表(4’10″から10’0″まで!幅も厚みも)

2.サーフ&生活度量衡(どりょうこう。換算表)

3.360方角、八卦、八方位、四方位、十二方位表を尊載

4.日本の休日、祭日

5.アメリカの休日やイベント

6.新月と満月の表記

7.各地その月の平均水温

8.二十四節気(にじゅうしせっき)

9.サーフ偉人の誕生日(デューク・カハナモク、エディ・アイカウ)

10.ワックス表

11.各地の夜明けと日没の時間

12.華氏摂氏温度換算表

13.余白メモ覧

14.昭和平成令和での年号

15.前月、翌月、翌々月表記

16.数の桁数表

17.永年保管できるように冊子タイプで

18.翌年はポスターとしても(ポスター部にはロゴを入れておりません)

19.書き下ろしキャプション(サーフ啓示や毎日のハッピーのために)

サーファーにとって、

または自然界で生きていくのに必要なこと、

思想のアイディアとなる情報と、

直感の種子を網羅した実用的なカレンダーとしました。

そして毎日の気持ち用に、

ビジュアルを満載するカレンダーへという両極を目指しました。

これは機能性版『マトリックス』と別に、

ビジュアル版の同サイズ、

フルページのカレンダー”IMAGINE”を製作しました。↓

ミニマリズム。

最小を目指して、

けれど曜日のデザインもなされ、

新月満月なんてのもあり、

とにかくビジュアルにこだわった毎月ページのフルカレンダーです。

これをバンドル、

つまり2部で1部の価格とし、

お値段を昨年と同様に据え置きました。

こちらも書き下ろしのキャプションが入っています。

上の作品の二枚目には、

「“Andy reached the apotheosis of true surfing”」

と題しまして、

「真のサーフィンには、ある観念の徹底的なる修行がある。

それに没頭し、超越したものだけが到達するスタイルがある。

「滑走の歓びを澄明なスタイル」で表現する稀代の天才は、

十代のころにはすでに神化していたのだと驚かされた。Andy Nieblas, 2014」

と記されています。

さまざまなインスパイアがありますように。

デスクトップ版も含めますと、

50点以上の作品を使った超カレンダーでございます。

まとめますと、

コート紙135kg、

A3サイズの壁掛け版の波乗魂号が二部(2種)、

そしてデスクトップ版、

合計3種類のご案内です。

初回限定数の発行です。

お得な先行予約と、

まとめてのご購入はこちらのページをご利用ください。

https://www.nakisurfshop.com/SHOP/30262/60543/list.html

来年もどうぞよろしくお願いします。

Happy Surfing 2020!!