新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】日曜日のハッピー・サーフィン収録編_(1945文字)

世の中が太平であって欲しい。

今まで通りの世界がどれほどまで自由で、

豊かだったのかと思い知った。

山下達郎さんが、

サンデーソング・ブックの3月8日で、

「行けない人たちのために、ライブ音源をどうぞ」

そんな優しい回だった。

私も読んでくださった人たちが、

今日も楽しくなるように引き継いでみました。

こんにちは、

みんな元気です。

ジローくんは、

とってもいい波に乗りました。

「なんだ、かんたんだなと思いました」

そんないつものセリフの、

よく晴れた春分日の三連休の最終日。

ジローくんは、

海で遊ぶのが大好きです。

波に乗るのはもちろんのこと、

知っている人が近づいてくるだけで大喜びです。

たとえ波に乗れなくても、

海で遊ぶことが楽しいのです。

これだけ遊ぶと、

「すなはまに足がついたしゅんかんにホッとします」

そんなハッピーサーフィン日記の文体となる。

(巻末リンクを参照ください)

サーファーズ岬のきんちゃんたちが来ました。

「湘南はオンショア祭だよ〜」

「ジェフリーズは南西風はオフショアです」

「すごいね」

「けれど、昨日にくらべて波は90%減少しました」

「そうだよね。大きな板をさ、レンタルできるかな」

「もちろんです」

そんなことになって、

きんちゃんはキャッチサーフの8フィートに。

「きんちゃんたち」

もうお一人のマサルさん。

きんちゃんの従兄弟であります。

マサルさんは、

スキッパーフィッシュ66に乗り、

「これすごいね。どの波にも乗れちゃうよ」

大きく気に入ってくれました。

キャッチサーフは浮力と剛性のミクスチュア。

マサルさんは、

4月から仙台支社に転勤になるそうで、

仙台のサーフ事情に詳しくなっていた。

あちらでもいい波に乗ってくださいね。

「波は小さいけどね

湘南サーファーからしたらたっぷりとあってさ、

なによりも三連休の日曜日で、

しかもこのコロナ騒動でどこも混んでいるのに空いていたから、

こんなのは湘南じゃありえないから最高だよ〜」

うれしそうなきんちゃんと、マサルさんでありました。

私も長い斜面を持つ波に乗り、

マンライ自己認定。

もしかしたらマグヤン(旧名ツナくん)が、

一番いい波に乗っていたかもしれない。

タキビシ・ピークからスネークまでつないだのは、

この波サイズでは稀なことだ。

チバリーズの覇者ドラグラ・ケイスケ。

あの日の5秒バレルは、

この界隈で語り草となっている。

ジローくんとナッキー。

女の子にも大人気で、

ナッキーは、

「ジローが前からやって来たので、

思わず抱きしめたくなった」

そんな気持ちだったと後から聞いた。

昨日もジブリKさんや、

ロレクス松本さん、

そしてSI(稲田三吉)さんを

自身の『ジロー』という存在だけで感動させていた。

こんな8歳児はあまりいません。

私たちにとっては、

ダライ・ラカ法王がジローくんと同種であろうか。

二郎の父ちゃんのふわり乗り。

波が優しいので、

こちらも柔らかくするのです。

後ろに母ちゃん(タカちゃん)が見える。

ニノちゃんは、

チバリーズ日にiPhoneですごい波写真を撮った人だ。

NAKISURFとバリー・マッギーのコラボ76がついに到着し、

それに乗って笑顔のマンライを連発していた。

フィンセッティングが完璧そのものである。

Vektor VT

Photo by @nino1011

.

これがその写真である。

またいつか乗りたいチバリーズ。

太郎くんは、

法王の跡継ぎでラカ39世とされているけど、

多感な18歳になったときに就任するかどうかは、

サーフィンの持つパワーがかかっていると思う。

前出のジブリKさん。

すばらしい日でしたね!

ハッピーサーフィン、

はじめましょう。

まずは視界を広く、

サーフィンのたくさんのことを見て、

感受性を上げつつ、

ジローくんのように寛容力を高めましょう!

閑話。

1978年に発行された

ポパイ誌の25号を読んでいたら、

『アポロ・エクササイザー』の広告を発見した。

この時代の

熱血

根性

そんなことに美学があり、

これらの単語が黄金だった少年時代を思い出し、

『リングにかけろ』

のようにパワーリストを付けて歩きたくなった。

この頃のサーファーたちは、

こんな言葉をポパイ誌から覚えた。

インターネットがなかったことと、

当時の一般サーファーたちは、

なかなか海外に行けない時代だった。

(今もそうである)

サーファーでない編集者たちが、

誌面製作のためにハワイやカリフォルニアに長期滞在して、

一流サーファーたちや、

一般サーファーたちの取材をしていた。

とすると、

「今も昔もサーファーたちが読みたいもの」

は変わっていないのだと再確認したら

北東風が吹いてきた。

昨日は21度という気温が8度まで下がった。

【巻末リンク:ハッピーサーフ日記・初回版】

二郎のハッピーサーフィン日記『ゴールデンウィーク』_(2187文字)

Happy Surfing!!