新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所:重要号】パラダイス&虹龍頭の4444_GoToサーフィン_本物のサーファーとは?_(1755文字)

細野晴臣さんの、

「はらいそParaiso」という楽曲のことを一昨日書いた。

自分なりにしっかりと書いた。

すると、

その内容のような朝陽が湧き出てきた。

たいそう驚いたら、

「まだまだだよ」

そんなセリフは聞こえなかったが、

小魚の跳ねる音とともに

虹色の龍頭が海面に浮き出てきた。

The Rainbow-colored Dragon at Blue Dragon

November 2020

.

形而上だったものが、

存在を認識し、

真理を提示してきたのだ。

だが、

その光景は論理化できる構成力も持たず、

観念美と、

自然哲学のようなものをチラリと垣間見せ、

その次の瞬間には消失してしまった。

少なくとも、

文章に残すとこうなる。

で、

当人は腰が抜けそうになりつつ、

何かの縁なのだろうか?

そんなことをずっと考えていた。

(巻末リンクに続きがあります)

巻末リンクしようとすると、

リンク先の文章が4444文字であり、

虹龍の写真番号が4444だった。

そんな符号があり、

ただただ驚かされた。

@sky_and_sea_muroto

インスタグラム・ポストには、

NAKISURFカレンダーが2種上がっていた。

Matrix版と、

Imagine版の2種。

違いは機能重視か、

ビジュアル優先であるのか。

来年版は、

さらに台紙アイディアが施され、

その源流はベンチュラ・セイジであり、

ポパイ・ケイスケのアイディアでもありました。

全国からさまざまなアイディアを寄せていただいてありがとうございます。

できる限り具現化しました。

夏日には足りないけど、

夏波ならば認定できる。

GoToで恩恵を受ける業種とそうでないものがあるが、

GoToサーフィンならばどうなるのだろうか?

GoToフィッシングでも良い。

レジャーに目を向けていただけたら、

嘉徳海岸(奄美大島)の愚行などは、

すぐにそうだとわかるのに。

(巻末リンクを参照ください)

Bien Venidos a So-An

スペイン語で

「ようこそソーアンに」

という意味だ。

ということで、

正統カフェのソーアンに行ってきました。

高知市宗安寺。

野菜中心の、

「ハレの日ランチ」がソーアンの魅力だ。

ちなみに魚は高知のトビウオであり、

スープはタイ式であり、

インドから南米まで旅するランチ・プレート。

オーナーシェフのクモン キヨシ(公文 潔)さんのブルーワー。

実働というか、

波に乗られている本物のサーフボードだ。

キヨシさんは本物のサーファーであり、

優れた弟子をたくさん輩出している。

土佐サーファー版釈迦という様相だ。

そうなると千葉公平さんや

横山泰介さんも釈迦クラスになるのだが、

例によって長くなるので、

釈迦レベルということで話を進めたい。(笑)

「本物の」

この言葉をよく聞くが、

乱発しないようにしている。

私が『本物のサーファー』と制定する際は、

サーフィンが上手なだけでなく、

優しく、

えばらず公正で、

勇気があり、

模範的な人だけに限定している。

キヨシさんは料理も上手だ。

これもすごいことだ。

カボチャの上にかかっていたソースがおいしく、

レシピを伺うと、

ザイオンさんの『柚子アチャール』だと教えていただいた。

このザイオンさんは、

香美市物部の山中で農薬、

化成肥料を一切使わずにブルーベリー農園を営み、

田畑で米、

大豆を作り、

それらを味噌に加工している。

一次産業の頂点のような農家さんだ。

そんなことをキヨシさんから伺いながら、

トップクオリティのコーヒーと、

手作りケーキをいただく至福は、

キヨシさんの一日弟子になったような気がしてしまった。

これも、

懐が広いキヨシさんのご人徳だろう。

ソーアンを出ると、

ちょうど無農薬野菜と、

自家製豆腐を配達に来られた方が店の前に停まった。

なるほど、

ソーアンはこんな仕入れだから、

野菜や素材がどこまでも味わい深いのだとわかった。

素材に勝るものなし。

弊社スタッフがはまりまくったECのツイン・ピン。

ということで、

NAKISURFイチオシのツイン・ピンのキャンペーンとなりました。

もっと書くと、

とっても自発的ななキャンペーンでもあります。

【巻末リンク:深い話の続き】

いつも何度でも_歌詞の意味を読み解いてみた朝_”Let’s draw out dreams always”_新しく人生をはじめて、いつも何度でも夢を見よう_(4444文字)

【巻末リンク*2重要:愚行になる前にお読みください】

【サーフィン研究所特大号】本気で考える護岸工事という害獣シン・ゴジラ_奄美と千葉編_(2222文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!