新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所奄美大島支局】思想も行動も自由な島_波が上がってきた_人格者と弁当_ゼロの意味は大乗!?_(1495文字)

Green Hill’s Vegetables,

Amami Oshima. Japan

.

奄美大島。

いつも思うのだが、

この島にはとても良い人たちがたくさんいる。

というか、

会う人たちはほとんど含みのない、

笑顔と考え方がすばらしい人ばかりという事実に驚かされた。

(追記:先ほどこれを読んだ方から、

悪い人もいるので気をつけてくださいと教わった)

もちろん各地には、

良い人もたくさんいるけど、

この島で見る限り、

自粛警察とか、

看守みたいな人が皆無なのがありがたい。

警察とは、

権力行使をもって、

国家の治安を維持する団体というか主体だが、

こちらの自粛警察は、

「権力は持たないが、

意見が多い(全体主義ですから)側に付いて、

それを権力だと思い違いをして、

自分たちの安全や秩序(利)を守る責任を課されている」

↑良く読んでくださいね。(笑)

そう勘違いしているカルト系の正義感の強い人たちである。

これはネット右翼も、

あおり運転も、

サーフィンでいう各地の悪しきローカリズムも同じ範疇だろう。

この島は北からも、

南から(船)の人がやってくる地(島)で、

良い人=見知らぬ人に優しい土地は珍しい。

それはなぜなのかと、

しばらくのあいだ考えていた。

話は変わる。

波が上がった。

低気圧からか、

信じられないほどサイズがあった。

Catch Surf® Skipper Fish Ⅵ 6’0″

Nakisurf Original Twin + Vektor VT

.

これから干潮になるので、

狙うサーフスポットに波が入っていたらいいなぁ。

懸念は北東うねりということだろうか。

南うねりのスポットだから外してしまうかも。

少し前の画像が出てきた。

この日は島の東側がオンショアになったので、

裏側——東シナ海側に行くことにした。

到着してみると、

サーファーとして欲していたオフショアなのだが、

ごらんのように鏡海面だった。

波がないことは知っていたけど、

ここまでないとは思いもしなかった。

このサーフスポットの下には、

人格者が経営されている小さなストアがある。

いつものようにここで買いものをするのは、

その人に会いたいからだ。

今日はお弁当ふたつと、

フライドチキンを購入した。

だが、

このお弁当屋さん(名瀬市内のようだ)の使用している油と、

その高潔かつ優しい人格とは合致せずに、

食後は、

まるでメジャリーグの公式球を食べたかのようになり、

夜になっても空腹にはならなかった。

「品揃えでは、お弁当の選択は重要ですよ」

そう店主に教えてあげたいが、

もしかすると、

豪傑ならぬ剛健な胃の持ち主たちが顧客かもしれないので、

そんなことをブツブツ言いながら、

有屋町にある銘写真館の、

アキラくんのところにカレンダーを届けに行った。

生姜の導師であり、

人格者でありつつ、

グルであるミヒャエル山ちゃんという人が土佐高知にいる。

名著シリーズで彼の名の由来となった

『ミヒャエル・エンデのモモ』が特集されていた。

そのモモを読んで、

般若経のことを思いだした。

たしか、

数字の0(ゼロ、零)が一切(巻末リンク*2へ)ということだ。

これが発展して、

法華教は、

(誰もが成仏できるという仏教思想。聖徳太子時代に渡来)

ゼロが最大で最小のものでありつつ、

極大なものなのだと、

宇宙観にまで発展していくことに心をうたれた。

まるでタキビ神やラカ法王、

空海二世のジローくんの教えのようだ。

(法王の教えの詳しくは、この下のリンクを参照ください)

【特別講演】ダライ・ラカ法王38世『真のサーファー救済へのメッセージ』_(6472文字)

【巻末リンク*2:ゼロ、零、0について】

いつも何度でも_歌詞の意味を読み解いてみた朝_”Let’s draw out dreams always”_新しく人生をはじめて、いつも何度でも夢を見よう_(4444文字)

【巻末リンク*3:詐称について】

【サーフィン研究所】適正浮力はカニカマ説_(1828文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!