新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所奄美支局】天才血統サーファーたちとカンフル・ガーデン_サーフヨギス・アパレル完成!_(1396文字)

カンフル・ガーデン。

水深などほとんどない珊瑚礁の上で崇高な波がブレイクしている。

この島には数人天才サーファーがいるが、

アスリート一家の血統を継ぐ牧野大智くんもその一人だろう。

血統というのは、

両親からの遺伝の影響は約33%に過ぎず、

残りの約66%は妊娠中の母体内の影響と、

育つ環境によることであるとされているが、

それでもなおサーファーの能力に血統が、

一定の大きな割合で寄与しているとあった。

(2002年研究:及川正明)

Daichi Makino

.

ダイチくんのサーフィンを見ていると、

自由自在であるし、

水深50cmなんていうのは、

全く問題がないように安定している、

こちらも二代目サーファーん永田リトくん。

カービング、

エアなどを極めているヤング達人でもある。

父はアキラくんと言い、

ドラゴン・リーフあたりに現れて、

「30分だけ」

そんなことを言いながらバレルに入っていく。

前出の大智くんと同じようにグレイト・サーファー親子だ。

もしミシュラン・ガイドの調査員が島に来ると、

まず向かうのが用安のクルクルだとされている。

そのグラン・シェフのヒロくんもカンフル・ガーデンにやってきた。

彼の皿からは「何か良いもの」が発火するようなインスピレーションを感じる。

「来られた方に喜んでいただく料理を作ること」

そんなことを念じつつ、

日々パスタを仕込み、

白黒トリュフをそれぞれマッチする上等なハチミツに漬けつつ、

指定漁師からこれぞという魚を仕込み、

健康な島豚に目を細め、

農家の手伝いをして、

土をなめては野菜を見極めている。

そんなオールマイティで、

世界レベルなシェフがヒロくん。

一緒にサーフできて良かった。

私もパドルアウトしていった。

ダックダイブが楽しいほど、

波がブルンと崩れていく。

Catch Surf® Skipper Fish Ⅵ 6’0″

Nakisurf Original Twin + Vektor VMK

.

勇生くんから学んだストールを武器に、

波壁をトレースしていくように滑る至福。

激浅だけど慣れてきたような。(笑)

9月のコーヒー画像を探していると、

この土佐波を発見した。

後ろにはシャッチョさんとジョニーが見える。

「ふむふむ、これはあの日だな」

そう記憶をたぐっていると、

このタイミングを見透かしたようにジョニーから電話が来た。

話は、

私の乗っている波だったり、

サーフヨギ・アパレルの話となった。

(巻末リンクを参照ください)

ジョニーは、

ダニー(・メルハド)と一緒に長野でスノー合宿をしていたのだが、

その流れで北海道に来たら、

いろいろのすばらしさに後ろ髪を引かれているという。

夏の朝陽が波面に陰影を付け、

その段のエッジの下に合わせるようにレイルを入れる。

しかも世界一のシャッチョさん(偉人たまちゃん談)直伝のグラブレイルで、

スタンスを結んだ瞬間が忘れられない。

今ここでサーフしたら奄美効果でさらに深いラインが見えるだろう。

ジョニーには、

サーフヨギス・アパレルが全量無事に完成したことを伝えると、

うれしそうに、

本土に戻ったら発送先について連絡をくれると言っていた。

【巻末リンク:サーフヨギスT】

【サーフィン研究所特大号】環境系の高機能ウエットスーツ『アーバン・アイランド・ソシエティ』_Bパス再訪の巻_サーフヨギスT!_(2196文字)

【巻末リンク*2:世界一のシャッチョさんつながりでSR三部作】

【サーフィン研究所:SR三部作前編】海神波_SR5000_ハードロック・地獄波とセクションT_(1836文字)

【特別リンク:ジローくん初登場日】

ジローのハッピーサーフィン日記『ゴールデンウィーク』_(2222文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!