新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】千葉ジェフリーズの逸波_総料理長のささやき戦術_(1548文字)

EC SURFBOARDS🦅

el bien 6’9″ x 21-1/4″ x 2-5/8″

.

波が出た。

東うねりだろうか。

かなりサイズがあって、

しかもパワフルな波だった。

沖でセットを喰らって、

三回ダックダイブをすると、

すでにショアブレイクまで引きずられていた。

ここまでのパワーは珍しい。

(このECエル・ビエンについては、巻末リンクを参照ください)

天気図を見てみると、

どうやら沖合いを通過した1002hPa低気圧からのようで、

台風のようなパワフル波に驚かされた。

海神ヤマちゃん(中央)と、

広尾の隠れピザ屋さんのエグゼグティブ・シェフのチャッキーが、

予約していてくれたマンダラ・コーヒーをピックアップしてくれた。

海神ヤマちゃんは、

商社時代にアフリカでコーヒー豆を買い付けていたので、

やたらとコーヒーに詳しく、

ウォッシュとか後処理の話で盛り上がった。

さらに書くと、

彼は偉大なる大学チャンピオンだ。

何の勝者かというと、

ボクシングだという。

彼のジャブなどは見えないほど速く、

そして重く鋭く、

アベンジャーズを日本からスカウトするのなら、

このヤマちゃんを推薦したいと思った。

さて、

話は過去に戻るが湘南鎌倉。

鎌倉に到着したらとにかく妙本寺。

おやっさんにも合掌。

みんな奄美にいましたよ。

そうです。

鎌倉の朝は野菜市場で始まる。

野菜といえば、

私はその昔横浜市の野菜市場で夏バイトしていた。

Herbie Fletcher at Pipeline

.

なぜ冬でないかというと、

ちょうど私のノースショアシーズンで、

その滞在費はこの市場仕事で稼いでいたからだ。

ということもあり、

野菜市場大好きなんです。

あのときお世話になった加賀美さん、

トモちゃん、

ありがとうございました。

横浜の市場には、

私のすばらしき思い出が詰まっているのだ。

加賀美さんと同様、

故人となってしまったが、

野村克也さんは、

『ささやき戦術』で世に知られている。

野球というフィールドの内外の、

ありとあらゆることを研究していた。

そこから絞り出された言葉の重さがこの『ささやき戦術』のすべてだ。

なんと、

総料理長が、

この『ささやき戦術』の後継者だった。

「これ、おいしいよ」

「いま、マンガンジいいね〜」

「コリンキがあるよ。これ生でも食べられるんだぜ」

「ナスはさ、かたくなく、やわらかすぎなければ」

さまざまの教えが飛来し、

私の細胞を揺らすようにしみ入っていった。

総料理長は、

農家さんの成果品に『極美食』という魔法をかける。

彼が選んだパプリカというだけで、

どんなものだろうかという興味がわいた。

『スイスチャード、

これをさ、

500g分を切るんだ。

ここから上を、ね。

全卵5個あればオムレツができるよ。

タマネギを細かく刻んでさ、

パセリ、

前回はアスパラガスがあったから、

あ、

でもアスパラは入れても入れなくてもいいよ。

あとは塩とオリーブオイル、

それとパルメザンかな?

焼くときはフライパンにふたをするんだけど、

少し開けて蒸気をにがせば大丈夫」

こんな風にレシピを教えてくれた。

ポレポレ高橋さんの夕食会があるので持っていこう。

鎌倉野菜はいまやブランドとなったけど、

魅力はさまざまな野菜があることだろう。

上はハバネロ。

下は前出コリンキー。

鎌倉の市場は狭いのも良い。

例えば横浜市場本場ともなると、

コリアンダーからハバネロまでは、

およそキロの距離があるだろうから。

ラジオからホテル・カリフォルニアがかかっている。

1977年の曲だ。

明日に続きます。

【巻末リンク:ECサーフボード:エル・ビエン初乗り日】

【サーフィン研究所】サーフィンと甲子園の関連性_ECエル・ビエン・インプレッション_(1728文字)

【巻末リンク*2:総料理長の表現力】

【サーフィン研究所特大号】 小島さんの天界味覚とハッピーサーフィンの絆_『ベージュ アラン・デュカス東京』_(4743文字)

【巻末リンク*3:サーフィンの真実】

【サーフィン研究所】なぜロングボードに乗るのか_沖縄と奄美再録_(1206文字)

Happy Surfing and Happy Summer!!