新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】聖式カルちゃん到着&サバット3枚_スシロー・ハイライン物語_(1693文字)

高知から伊豆にまで到着し、

「ラカ法王が鎌倉からやってきて一緒にサーフした」

とまで昨日書いた。

ラカ法王は、

ハッピーサーフィンを布教するリーダーだ。

また私たちの心のよりどころであり、

不思議な力を宿す人である。

the RACA FAMILY

37〜39th and the Jiro

.

私たちが病いから逃れているのは、

法王のご加護だと真剣に信じている。

私はハッピーサーフィンの広報部であるので、

つまりは法王のことを広報、

プロモートする毎日でもある。

話は変わる。

私は「人気がない」ものが好きだ。

なので、

波乗りも誰もいないところを好む。

誰もいないサーフブレイクというのは、

たいていは岩があったり、

波情報には出てこないところであるが、

人気がないのは、

波が悪いわけではなく、

知られていないだけのサーフスポットがほとんどだ。

そこに法王とふたりでパドルアウトした。

聖式カルちゃんが登場したが、

自宅に電気工事の人が入っているようで、

コンセントの位置を電話で詳細に指示していたので、

私たちは先に着替えて海に向かったのだ。

スポーツ万能の法王は、

サーフ歴は短いが、

すでにグレイトサーファーだ。

いわゆるショアブレイクだけど、

これだけのサイズがあって、

強いオフショアによって波壁は切り立ってとなれば、

サーフィンの醍醐味がたっぷりと味わえた。

カルちゃんが着替えた。

このヘッドキャップについて聞いてみると、

「かぶると信じられないほど温かいですよ」

そんなことらしく、

サーフ時間が短い私は、

防寒よりも動きやすさを欲するので、

あまり必要ないかと考えていたが、

この風ですっかりと冷えてしまった。

カルちゃんのダウンザラインは、

品があって美しい。

彼はホノルルでヘアサロンをオープンし、

それから湘南で二軒のサロンを作った。

『ヘアカリ』(『ヘア・カリフォルニア』)は、

ファッション・フリークや、

サーフ・マニアなどの間で多くの熱狂的な信奉者を生み、

一気にドラグラ・カルチャーのアイコンとなった。

現在は海のそばの、

藤沢市東海岸でプライベート・ヘアサロン

『ヘア・カリフォルニア・スタジオ』をオープンさせて、

ほぼ予約が取れないほど忙しいと聞こえてきた。

ビンテージ系のファッションや、

最新スタイルに精通しているカルちゃん。

波乗りのラインが彼の挙措を表現しているようにも映った。

Nacky on

Catch Surf® Heritage Collection Nose-rider 8’6″

.

こちらナッキー。

風が強い日にサーフするのが苦手なのだと告白されたので、

コクハクというキーワードから、

「仮面の告白(1949:三島由紀夫)」だねと言うと、

世代的に、

文学スタイル的に全くわからない彼女は?マークを浮かべていた。

「漕いで漕いで漕いでからテイクオフするように」

そんなアドバイスをすると、

「思っていたより乗れる。おもしろい!」

そう言って目を輝かせていた。

Catch Surf® X Nakisurf Special Skipper Fish ⅥI 6’0″

Nakisurf Original Twin + Vektor VMK (rear) + VT

.

ただ、

北東への流れがすごいので、

数本乗ると上流に歩いていくのだが、

のんびり歩くと冷えてしまうので走ることがほとんどだった。

私がサーフィンを始めたころは、

ほぼどんなコンディションでもサーフしていたので、

茅ヶ崎チサンでサーフしていて西風に流されて、

隣町の辻堂まで行ってしまったこともあり、

そんないろいろの38年も前のことを思いだしていた。

法王の御料車はホンダ・サバット。

ドラグラ・プロダクションズ内では憧れの車だ。

私たちはサバットでスシロー・ミーティングに行き、

渾身の寿司をいただき、

すばらしい伊豆トリップの総括をしたのだった。

法王の前世はラッコ(摂政瀧朗調べ)らしいので、

やはり魚介類がお好きなようでありました。

すばらしい土曜日をお過ごしください〜。

【巻末リンク:伊豆】

【サーフィン研究所】滋賀_伊豆到着_(1548文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyles!!