新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所&ドラグラ特大号】伊豆の”はんばのり”とアーバン琉球_オクトボス_泉昌之さんによる心理分析_ドラグラ情報部第三十八課よりタヌ接近情報傍受_(2395文字)

クリスタルクリアー。

そんな言葉があったことを瞬間的に思いだした。

波の下からそらを見ると、

海でマスク(mask=覆う)された太陽がにじんでいたが、

写真にはちゃんと写っていた。

朝陽前の波は、

紺と暖色のグラデーションであり、

そのグラッシーを滑る至福があった。

ボブさんからいただいた渾身の「はんばのり」。

さらにはアッチー家の「はんば」もいただき、

それを炙ってご飯にかけていただくと、

伊豆の磯の香りはおいしく体に入り込んでいくようだった。

【お知らせ】

ハワイのコンセプトと、

真のサーフスタイルというブランドが

『アーバン・アイランド・ソサエティ』だ。

このアーバンが、

東京原宿店を閉めつつ、

今度は沖縄は北谷アメリカ村に新規出店した。

そのオープニングパーティが今週末の土曜日にあるという。

あいにく私は行けないが、

行ける人はぜひお越しください!

私はドラゴングライドプロダクションズに属しているが、

そのドラグラ会館に『オクトボス』という人がやってくる。

これは、

『新庄監督=ビッグボス』という命名のずっと以前からなので、

ボスというのは珍しい言葉ではないと、ここでもわかる。

オクトはオクトパスからで、

なぜこのドラムセットがオクトボスかというと、

ボスはドラグラ会館を知ってから、

さまざまを持ち込んでは保管(放置)しているので、

今度はこんなものがやってくるのだろうかと、

心の準備をしたからに他ならない。

そんなことをカレイの煮付けを口の中に溶かしながら法王と話していた。

ちなみに上の画像は誰のこどものときのもの?

ファンの私は一瞬でわかりました。

(答えは巻末リンクを参照ください)

そのドラグラ会館では、

「最近タヌくん見ないね〜」

そんな話題となった。

「ずっと見かけませんね。

もうそちらに行ったのではないでしょうか?」

タヌくん(タヌ氏)ご近所の金山さん(高知新聞)がそう言うのだから、

高知にはもういないらしい。

(タヌくん=タヌ氏については、巻末リンク*2を参照ください)

『かっこいいスキヤキ』を読んでいると、

スキヤキのローテーションは丸、

三角、

星形だと、

泉昌之さんは上のように図表にしていた。

少し目を入れてみると、

泉さんの著書には、

駅弁の食べる順序というか、

ローテーションみたいなものまであった。

つまりこれは、

深層分析する作品という骨格を示している。

上の画像は、

スキヤキの際に、

右隣(林)に肉を食べられないように

〈隠し〉たりする図表だ。

これにもドギモを抜かれた。

〈めしとの戦い=ご飯との食べ合わせ〉

を主題として掘り下げていた。

これこそが近代美術そのものなので、

すべてのコマをポスターにして保存したくなった。

茂原に向かうとき、

湿度が多いのか、

こんなグラデーション夕陽となった。

【オマケ】

「やまや」でテキーラの研究をするが、

メスカルがないのが気になった。

けれど、

3割程度100%アガベがあったので優秀なほうだ。

ちなみに100%でないものを

「ニセテキーラ」だと私たちは説いている。

これは法王の最新画像だ。

私が推す『サジスタンド(巻末リンク*3)』で、

なみなみスパークリングの輝きということを、

松本隆さんは書いてくれないだろうか?

(松本さんについては巻末リンク*4を)

ちなみにこの翌日に法王は、

電車に乗って雪山に向かわれた。

(庶民的だというプロパガンダではない)

【ドラグラ読者へのオマケ2】

(注意:とてもつまらないので、

普通のサーファーは読まないでください)

ディー‐アイ-サーティエイト【DI38】

[Dragon Glide Productions Intelligence 38]

ドラグラ情報部第三十八課から前出したタヌくん画像が届いた。

前出したように捜索が続けられていたので、

タイムリーな画像だと言える。

ちなみにタヌくんとは、

ドラグラ界のバイキンマン役だ。

ドラゴン・グライド・プロダクションズには情報収集活動部もあり、

タヌくんは、

東京吉祥寺の老舗ピザ屋(元々は代々木にあった)で、

看板商品の『チーズピザ』を食べていた。

さらに諜報部員は翌日もタヌくんとコンタクトを取ることに成功したようで、

西荻窪のシューベルで、

『季節の素揚げ野菜&チキンカリー1100円』

を食べたタヌくんは、

「このあたりはさ、トマトというカレー屋か、

ニシオギ・オーケストラもおいしいよ」

そんな言質(げんち)を取ったという。

タヌくんはあいかわらずのグルメ派で、

『室戸スカシー併設おいしいもの研究所』名誉教授の、

有元くるみさんの愛弟子だと自称していると聞いた。

「東京では(人に)変装しているつもりだよ」

そう言ったとも報告書にあった。

茂原の古着屋で、

なかなかのジャケットを見つけたマグヤン。

これを着ておいしいレストラン巡りをすると言うが、

週休1日、

14時間勤務でいつレストランに行けるのかが気になった。

「多忙は文化を遠ざける」

コンビニエンスストアに行くと、

本棚にこのムーミンライトがあった。

これは雑誌の付録ということで本棚にあるらしく、

付録雑誌全盛だが、

異なる目線で商品の売り場を確保するための手段だとわかった。

【ドラグラ読者へのオマケ3】

(注意:ドラグラ勧誘広告なので、

普通のサーファーは絶対に見ないでください)

法王のことを思い浮かべた飛雄馬の感動たるや。

よくわかります。

ドラグラ会館葉山。

ピカチューのお面は、

さきほどのタヌくんカレー屋さんにいた人に関係があるのかもしれない。

華厳さんのグラフィック作品。

なんという車だろうか?

これも華厳さん作。

藤沢駅では、

名店ビルとさいか屋の開店が昭和40年だというが、

これはそのとっても以前のようだ。

【巻末リンク:答え】

【ドラグラ・プロダクションズ:鋭意号】かんたんジロくんのロケン・ロール_(1404文字)

【巻末リンク*2:タヌくんの真実】

【ドラグラ・プロダクションズ】タヌ氏の任務_(2746文字)

【巻末リンク*3:立ち飲みバル・サジスタンドについて】

8ホテル〈フーディガイド#2〉立ち呑みサジスタンドで29連勝『恥じらいのポテトサラダ編』

【巻末リンク*4:松本隆さんの歌詞について】

【サーフィン研究所】寒気団のマボロシ探偵団たち_フィン数を抑えたアレンジ_歌詞から読み解くハッピーサーフ_(1151文字)

【巻末リンク*5:ドラグラ感】

【波乗りのシンジツを知る】ウナクネ(ドラグラ)式の位相_(1864文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyles!!