新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】スーパー・ボウル・サンデー_初みかん_黒潮ノスタルと銘品塩_かんたんチャーリー3m_(1449文字)

季節柄なのか、

前線がどこかに停滞しているおかげで波の小さい日が続いている。

なので、

これは二週間前の低気圧通過時の波だ。

ちょうど日曜日だったのと、

ボウル=バレルに関連つけて、

『スーパー・ボウル・サンデー』と名付けた波だ。

Catch Surf® X Nakisurf Special Skipper Fish 6’0”

Nakisurf Original Twin + Vektor VMK (rear)

.

複雑な海底を反映した

『ダブルアップ』と呼ばれる二段に掘れ上がる波壁が映っている。

さて、

毎年楽しみにしているのが、

「ハウス山北みかん」だ。

今年は特に甘く、

みかんマニアにはたまらないと聞こえてきた。

さっそくいただくと、

目に青葉 山ほととぎす 初鰹

山口素堂(葛飾流祖)の俳句が浮かんだ。

素堂に感化された私は、

こう詠んでみる。

梅雨あけの まぶしい海の 初みかん

まるで食べる宝石だ。

信くん Jeep 3838

このみかんを育成した信(しん)くんのところには、

高知テレビが取材に訪れ、

出演時の動画を巻末にリンクしておきました。

詳しくはそちらで。

ちなみにこの信くんとは、

3838JEEPに乗るドラグラ農家の村上信一郎くんのことだ。

ノスタルは黒潮町にある。

この地は塩がおいしいことで知られているが、

これもすべて塩職人が評価を高く引き上げているからだ。

塩の製造工程を知ったが、

三日三晩寝ずに火の番をしたり、

重労働に次ぐ重労働という過酷な職人たちの意気込みが、

塩の味にしみ出しているのだとわかった。

根性論は言いたくないけど、

金曜日にここで書いた総料理長の料理と同じように、

「すばらしいもの」は時間がかかるものだ。

ノスタルたっくん渾身の「ビリガツオ」。

カツオはわかるのだけど、

なぜビリが付くのだろうか?

そう思って聞いてみると、

「おいしくてビリビリするから」ということでありました。

その「シビレ」を予測していただくと、

ビリビリとはならずに、

うう゛〜っとおいしく、

膝あたりから溶けてしまいそうになった。

ポパイ・ケイスケとケント親子が、

千葉中滝の野外フェス『フォレスト・ジャム』でストークしていた。

ケイスケのTシャツは、

久保田さんのクワイエットファンクとNAKISURFのコラボであり、

ケントくんは「かんたんジローくん」の親友でもある。

【報告】

野良猫チャーリーは3年もかけて接近してきている。

警戒心が強いのは、

野生動物の特徴なのだが、

猫の遺伝子には「人と関係があった」というものがあるのか、

少しずつ接近してきている。

これはたった10mくらいだろうか。

最接近記録である。

(中望遠レンズで撮ってトリミング。

チャーリーの詳しくは、巻末リンク*3を参照ください)

これはたったの3m!

これには注釈があって、

これはガラスの向こうからチャーリーを撮ったもので、

こちらの姿を直に見せると、

少なくても翌日まではいなくなる。

【巻末リンク:かんたんジローくんの一例】

VLOG【動画ブログ】『ハッピーサーフ日記3』夏休み最後の日はかんたん編

【巻末リンク*2:ジロくんドラグラ出演中】

【サーフィン研究所&ドラグラ・プロダクションズ謹製】B品ジマン_ドラグラ界の天真爛漫なギャツォ_(1585文字)

【巻末リンク*3:ノラネコ・チャーリーについて】

【サーフィン研究所】夜明けのネコくんとザ・ブルー・オイスター_多国籍料理『SO-AN』_エリック・クリステンソン_(1639文字)

【番外:ドラグラ信くんの山北みかん@高知テレビ】

https://news.yahoo.co.jp/articles/0fb4a81335410fa5307316cabf2ffeadccf77f14

Happy Surfing and Happy Lifestyles!!

 


Tagged on: ,