新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】冷水効果と室戸と鎌倉ワイキキとタイ料理_(1278文字)

九十九里浜や茨城の沿岸で、

強い南風が長時間吹くと冷水になる。

そして1週間ほど吹くと、

ビールやスイカを冷やせるほど冷たくなる。

その理由は海水循環にあるようで、

風パワーによって、

深海水と沿岸水が入れ替わるようだ。

なので、

冷たいのは深海水なので、

最上級にきれいな水だ。

Catch Surf® Heritage Collection 8’6″

.

私は冷水は大歓迎で、

わざとウエットスーツを着ないでサーフするのは、

健康的観点からも有効であると、

多くの識者が唱えることでもある。

ちなみに私は水風呂が大好きであり、

全国にある冷水に入っては喜んでいる。

(最低温度はミラー家の氷風呂=0.4度)

おいしいもの研究所本室が高知県は室戸市岬町にある。

この「室戸の宝石=金目鯛」をオリーブオイルで炊き上げたコンフィは、

「おいしいもの」で知られる高知内でも大人気となり、

ついには、

「おみやげ屋」トップ3のアグリコレット土佐、

高知大丸、高知龍馬空港での主力商品となった。

今年のキンメダイは、

全国的に漁獲量が少ないので、

ご予約されるのが良いでしょう。

詳しくはスカイアンドシー・ムロトへ。

DM Instagram:

@sky_and_sea_muroto

私はこのコンフィと、

アボカド、

チーズ、

スプラウトをトルティーヤの上にのせて焼いて、

ケセディーヤ(Quesadilla)を作っていただいた。

ああ感激。

やたらと強炭酸水がおいしいランチだった。

千葉から移動が始まった。

こちらは総料理長と法王がハグしているところで、

それを見たゲンゲンが、

「パパが法王と抱き合っている」

ことにどうしていいかわからず、

背中を向けて意識を違う世界、

例えばマルチバースに突入させていた。

さて東京。

これは明治通りだが、

どこも閑散としていた。

これはコロナの影響なのか、

景気を象徴しているのか。

鎌倉に到着し、

妙本寺で日蓮と法王に手を合わせ、

由比ヶ浜の西端でサーフした。

ここは私が湘南ワイキキと呼んでいて、

大仏とか、

アーバン・アイランド・ソシエティや坂の下アイスキッチンの下の海である。

これは昨日の早朝。

ジャイアンが撮ってくれた。

日曜日でサーファーはゼロ人。

後ろに見えるのはJRライフガードの練習で、

由比ヶ浜中央には50人ほどのサーファーというか、

ボードを持って浮いている人たちが見えたが、

こちらは誰もいなかった。

湘南の朝で0人ということは波がないということだが、

こうしてスペシャル小波テイクオフでおよそ38本の良波に乗った。

その後、

名店を回り、

吉田さんの自然農法の生姜を配布しつつ、

鎌倉長谷の一日を楽しむのだった。

これがその『アイスキッチン』。

ジャイアンと結婚したのが、

タイ料理のシェフで、

のみならずタイ人のアイスさん。

その彼女が営む心のカフェレストランだ。

名作グリーンカレーは、

辛みと甘みが渾然とからまり、

絶え間なく誕生する泡宇宙が垣間見えるようだった。

【巻末リンク:冷水効果とは?】

【サーフィン研究所】『冷水サーフィンの効能』_(1485文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!