新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

レインボー・フォードアーズ見参_NATIONCanvasのライアンのすごさ_ハロウィンからホリデーシーズン_(1850文字)

こんにちは、

こちらは夏が戻ってきた日です。

週末まで晴れるということで、

また海が賑わいそうです。

寒くなる前に夏を味わい尽くしたいです。

こちらサンクレメンテは、

虹色のフォードアーズがやってきました。

https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/48688

まず向かったのはサンオノフレで、

このモデル名の由来となったフォードアーズで初サーフしたかったのです。

IMG_5923

ミッドレングスの新御三家。

向かって左からNATIONシェビィ5’11”

https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/48181

COLEミッドレングス6’4″

https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/35574

そしてフォードアーズ5’10”

奇しくもトライ、シングル、

そしてツインという各代表作となっていた。

IMG_5959

慣れ親しんできたフォードアーズだけど、

体積を少し大きくしたら倍速テイクオフとなった。

さらにはツインフィンの恩恵で、

軽く、柔らかなターンが特徴のコンセプトモデル。

IMG_6012

ボトムターンからトップターンまで、

タイムラグもストレスもなにもなし。

IMG_5937

レインボービキニのチアリーダーも現れて、

フォードアーズの応援となりました。

IMG_6059

とにかく安定しているので、

大技「ボブスレー乗り」まで決めてニコリンマンライで上がってきた。

(マンライ=満足ライディングのこと©オガマさん)

IMG_6075

幅23インチはこんなに幅広で、

ワイドだからこその乗り味と利点があります。

ロング波でロングには乗りたくない方、

または何かの理由があって、

ロングに乗るわけにはいかないサーファーに大推奨いたします。

発売以来、

サーフプレスクリプションのベストセラーとなりつつあるモデルです。

詳しくはこちらです。

https://www.nakisurf.com/brand/doc/detail-fourdoors.html

ブライアン・ベントこと、

ブラ師匠が来ているというので、

海上がりにユナイテッドフィフティに寄る。

IMG_9652

なんとアダム・ポートがやってきた。

アダムは、

10年前まで伝説的なクロージング会社を主宰していた天才プロデューサー。

彼ならブライアンのすごさは軽くわかるのでしょうね。

 

IMG_9658

こちらは大谷さんとクリス@キャッチサーフ本社。

俺の友人たち全員が大好きなキャッチサーフ。

すばらしい人たちが集まっているのですよ。

大谷さんもそのひとり。

IMG_4439

大谷さんは、

今回初めてNATIONに乗り、

そのポテンシャルの高さを身をもって感じたようです。

IMG_4420

『スムース&スピード』

と言い切れるほどのデザインは、

ライアン・イングルが日夜研究しているからに他ならず、

もっと言うと、

彼が運営するマシンは、

サンクレメンテのほとんどのシェイパーが使用していて、

それらのマジックボードの数値は、

ライアンに全て入力されているのです。

なのでそのマジックナンバーを用いて、

NATIONシェイプは製作されているのです。

Tストリート、ソルトクリーク、ラグーナ、

そしてニューポート近辺の、

情報が早い新進気鋭サーファーたちがこぞって乗っているのも納得できます。

R0011738

そのライアンがシェイプするアナザーブランドがCANVAS。

ここでおなじみのクリスくんことクリスチャン・ワックのブランドです。

https://www.nakisurf.com/brand/canvas.html

R0011752

こんなクラッシックボードのラインも確かに表現しているのは本当にすごい。

普通のシェイパーはショートならショート。

ロングならロングという感じですが、

ライアンは両方突き抜けていることに驚かされる。

引退してしまったが、

あのアルメリックでさえもショートばかりでしたから。

R0011755

やはりマジックナンバー風味が、

長短どちらのボードにも振りかけられているのでしょうね。

R0011896

街はハロウィン一色となってきました。

R0011894

それもそのはず、

このイベントが終わると感謝祭、

そしてクリスマスと、

日本で言うお正月とゴールデンウイーク、

そしてお盆+夏休みミックスと言っても過言ではないほど、

アメリカ人が最大最高に浮かれるのが、

これからやってくるホリデーシーズン。

俺は日本人なので、

彼らとは温度差を感じてしまうが、

みんながそれを心より楽しんでいる。

やはり小さい頃からの刷り込みって、

大きく深いのでしょうね。

それではすばらしい週末をお迎えください!

今日もお越しくださってありがとうございました。


One thought on “レインボー・フォードアーズ見参_NATIONCanvasのライアンのすごさ_ハロウィンからホリデーシーズン_(1850文字)

  1. Pingback: 【マンデーブログ】サンデー サンセット セッション!!本当の自由を感じる冬のサーフィンが好きです。 | NAKISURFスタッフブログ | ナキサーフボードカリフォルニア