新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

しょう寅ショーちゃん登場!_川でサーフィンの秘密特訓!?_(1935文字)

 

Haruno-Good-Vibesという名バンドが高知にあり、

そのバンドマスターであるタマちゃん。

彼はジグザグコーヒーというマニアックなコーヒー屋さんを営んでいて、

彼流の自家製焙煎に目を瞠り、

その風味に感動したひとりであります。

(リンク*1参照)

Sho Tora on

Nation Chevy 5’9″x 20-1/2″ x 2-1/2″

.

千葉から14時間かけて寝ずにやってきたしょう寅ショーちゃん。

(巻末リンク*2参照)

彼のすばらしいハイライン。

ショータイムの大谷翔平くんとは別人だが、

きっと大谷くんより100倍はサーフィンが上手だと知られている。

Yossi on

Nation Chevy 5’11″x 20″ x 2-3/8″

.

「高知の本物波に一度でも、

1本でも乗ってみたいんです」

そんな前振りだったヨッシーは、

一本目でそれを達成してしまった。

ウナクネ土佐支部長のヤスくんは、

ミニマルフィンでこのフロウ。

感動的なほどまろやかなライン。

8月8日に無人魂波が室戸岬周辺に立ち、

その波に乗った生き証人として知られる竜一くんは、

あの日と同じラリー・バートルマンのツインでやってきた。

(巻末リンク*3参照)

ショウちゃんが上がってきて、

「感動です!」

「こんな良い波が世の中にあると思いませんでした!」

そうやって、私のカメラの横に座っていた。

あの人はなんでずっとこっちを見ているのかな?

「あれ、タローマンさんじゃないですか?」

まさか?

「そのまさかですよ」

ということで、

タローマンがまた登場した。

海なので、無論発信器は付いていない。

よって全くの偶然ということになる。

タローマンが上がってきたので、

ショーちゃんたちを彼に紹介し、

「船木くんたちはこれからどうするの?」

「しょう寅さんたちが千葉から来たので、

川の上流に行ってみようかと思っているよ」

「あ、そこブルーと言います。日本一キレイです」

「そうそれ!そこに行こうかと」

「ぼくいいところ知ってますよ」

そうやって連れて来られたのが、

「あおぎ」という食堂。

「午後になると陽が入らなくなるから早く行きたいんだけど」

「だめです。あおぎのカレーを食べてからでないとあそこは行ってはいけません」

そうタローマンが言い張るので、

そのおいしいカレーを注文すると、

タローマンと愛媛サーファーの3人が大盛りで注文したらしく、

カレーは品切れてしまったらしい。

けれど、

「上海ガニよりうんまい、土佐のツガニって知っちゅう?」

そんなことになって、

そのツガニうどんと、

 

清流冷やし中華(冷麺と表記されていた)を満足していただいた。

おいしいのだが、

老人店主は一品目ずつ作っているらしく、

ツガニうどんが出てきたときは、

3つの大盛りカレーが空になって、

冷麺(私とヤスくん)が出てきたときは、

ツガニうどんは空。

ラーメン(ショーちゃん)が来たときは、

まだ焼飯が出てこなくて、

全員食べ終わってからヨッシーの焼き飯が登場したので、

ここで90分は経過して、

陽はすでに傾いていた。

土佐の名店すぎる名店であるがしら亭(*リンク1)の記事があった。

ようやくブルーに行くと、陽は傾いていて、

すっかり肌寒くなっていた。

「あおぎの時間といい、とんだガイドだね」

そう皮肉を言うと、

褒められたと勘違いして大喜びのタローマン。

それでも川で遊ぼうということになり、

下の動画がそんな顛末を捉えていた。

着水がむずかしく、

思っていたより浅かったので、

危険を察知して、

私とショーちゃんが1本ずつ乗った修行でありました。

四国は峠道が美しく、すばらしい。

けれど、

ここはローリング族のメッカらしく、

もし転んでこっちに来たら軽く死んでしまうほどの速度で突っ込んでくる。

バイクは好きだが、

あれだけの速度でブラインドコーナーに入ってくると、

それは驚かされてしまうほどで、

モーターサイクルの攻めは、

死と隣合わせのスリルということがよくわかった。

けれど、

サーフィンに関していえば、

モーターサイクルの200kmのハングオンよりも傾き、

さらには道(波だけど)がせり上がってくるので、

クリッピングポイントが瞬間的に移動する激しさがある。

さらに書くと、

もし転んだとしても波乗りはそうそう怪我などしないので、

元モーターサイクリストの私は、

「ああ、サーフィンしていて良かった!」

そう再確認するものでありました。

バイクの人たち、気をつけてね。
「高度なスリルは海にもありますよ」

と教えてあげたくなりました。

Happy Surfing!!

【リンク*1:タマちゃんのコーヒー】

ジグザグコーヒー焙煎録_土佐高岡老舗名店『がしら亭』_そしてみんな帰っていった_(2178文字)

【リンク*2:しょう寅ショーちゃんの口上はこちら】

移転セールにありがとうございました!_木村拓哉さんとNALU誌編集長_しょう寅さんによるフィンレス口上『上総国玉前神社奉納編』_(3100文字)

【リンク*3:8月8日の無人激烈波】

180808無人激烈パーフェクト妖怪変化波発見!_(1404文字)