新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

ECサーフボード_エリック・クリステンソンについて_最新キャッチサーフ動画_(1403文字)

Eric Christenson 2018 September

.

ECこと、

エリック・クリステンソンのシェイプベイは、

マイケル・ジャクソンの音で満たされていた。

スピーカーからの音量と、

イヤーマフの相乗効果で、

数分は私に気づかずいたエリック。

彼はクリス・クリステンソンの実弟であり、

師をスキップ・フライに求め、

現在はサンディエゴと、

オレンジカウンティの旗艦シェイパーであります。

他レーベルで、

チョコレートフィッシュのシェイプを担当していて、

もしかすると、

日本ではそちらの方のECの方が有名なのかもしれない。

「見てくれ、18年間使っているマジックネットだぜ」

そう言って、

独特のタッチでレイルを仕上げた。

美しさと精確さには他者の追従を許さないのもECの長所であります。

EC DOES IT Step-Up

6’4″ x 21″ x 2-1/2″

.

ECDOESITとは、

イーシーダズイットと発音するいわゆる近年のディッシュとフィッシュ、

そしてミニかショートボードを混ぜ合わせたモダンボードだが、

これをパワーのある波、

カリフォルニアではオーバーヘッドの強波で使用するために、

テイルを細め、薄く削いで亜種としていた。

下記する私のコスミックフォンザーもこの「ステップアップ」で、

大波にも乗れ、膝波では異常なまでのドライブ感を味わえるという二刀流。

シェイプ後はフィンの位置を決めていく。

エリックは200通りのフィン位置の数値を持っていて、

基本はその数値に拠るが、

ストリンガーの太さやレイルのタッチによって位置を変えているのだそうで、

コールも同じことを言っていたことを思い出した。

1本シェイプが終わると、

リセットするために逆立ちするのだそうで、

長時間逆立ちをしつつ瞑想しているようでもあった。

ECベイの外に出ると、

ウナクネ会長御料車(ボルボ)が来ていた。

これがそのコスミックフォンザー、ステップアップ。

大波用なので、

テイクオフの速さと安定度はピカ一で、

まるで生き物のように美しい土佐波を滑っていくのでありました。

飛翔感といつか書いたが、

そんな気持ちとなった日の真っ直中。

(巻末リンク*1:飛ぶように波に乗った日)

海に行くとサバットが来ていたので、

もしかしたら法王?

そう思ってしまうのはいつものことです。

サンオノフレの平日、午後2時。

ECに私ボードを2本オーダーしました。

上でECがシェイプしていたEC DOES ITを私の解釈で、

6’7″で、テイルを狭めずに分厚くして、

スケート系にしつつ、

大きなパドル力を確保しました。

もう1本は7’5″のミニ・ペリカン(ミッドレングス・シングルフィン)で、

ボランクロスで重く強くし、

さらにはワイドラップのフリーハンドというクラッシュ系でのオーダー。

これはマイシャローナ(巻末リンク*2に詳)で知ったことで、

フリーラップの方が樹脂との結束が強く、より強度があると感じたから。

久礼大正町市場と変な波でサカモト体験_(2826文字)

【巻末リンク*2:マイシャローナについて】

【なぜか特大号】サバ国際化_Saba Knight Errant_土曜日だけで作った自作ボード『マイシャローナ』_痛い人たち_(3258文字)

【巻末リンク*3:おまけのキャッチサーフ動画】

CATCH SURF RIDERS SHRED BSR WAVEPOOL from Catch Surf® on Vimeo.