新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

都内のちボックス_若のちトロちゃん_そしてまた都内へ_(1265文字)

私のインスタグラム

@nakisurf

をフォローされている方なら、

私が都内にいたのをご存じだったかもしれない。

良いラグを見つけた若。

昔からのNAKIBLOGの登場人物であるが、

当時の表記は若ではなく、DCSKだった。

これは大ちゃんさん君の頭文字から来たが、

旧い友人、

例えば中村竜さんなどは彼のことを大ちゃんさんくん!

そう呼びながらぜひのポーズをするであろう。

その若は、

感動的なほど頭脳明晰であり、

そして優しく豊かな心を持って、

許容範囲がとてつもなく大きい人であります。

超多忙の彼と桜新町のハガレでランチをした。

ハガレは、

サザエさんの街で知られるサクラシンマチの、

清く正しく、

そして優しく、おいしい新鋭店です。

Hagare 桜新町店

東京都世田谷区桜新町1丁目13-7

キャメルビル 3F

03-6413-5400

若の食べたのは、

ランチメニューからひよこ豆と海老のスパゲティーニ。

私は粉雪ミートソース。

なぜか北海道の味がするのは、

余市の葡萄の話をしていたからだろうか。

これがその若。

そして昨夜。

波が膝くらいあって、

しかも晴天無風いう予報に反応し、

「明日はサーフしましょう!」

そんなキャッチフレーズでトロちゃんこと、

トロピカル松村くんと一緒に千葉一宮に来た。

ご存じNAKISURFがある町であります。

トロちゃんは、

1970年代の銘品、

もしかすると最高傑作品かという

『ライトニングボルトby Gerry Lopez』で現れた。

7’11” x 20-3/8″ x 3-1/4″

シングルフィンの彗星であり、

モデル名を『パイプライナー』と言う気がするのだが、

じつはこれを書くまで確認しておらず、

つまりトロちゃんに聞き忘れたけど、

そんな乗り味だったので、

あえてパイプラインガンとして書いてみました。

私は1940年代のボックス。

デザインは70年も前のものだが、

当時と同様にブライアン・ベント師匠が再現してくれた逸品であります。

レトロ好きなトロちゃんが、

「ボックス、一度乗ってみたかったんです!」

「もちろん乗って!」

「え、いいんですか?」

「もちろん」

「ほんまですか」

乗れるとになると、

突然神戸弁となり、

さらには視界が潤み、

パドルアウトすると興奮で足がもつれ、

テイクオフすると、

感動のあまり記憶がない

そんな初ボックス体験だったそうなので、

この顛末も時間があるときに書きますね。

Nation Eagle and Brian Miller

.

Nation Eagle 5’11”

.

そうです。

本来なら、

NATIONイーグルのインプレッションをここにバリバリと書くのだが、

このボードに乗って、

超小波の連続写真を得たら、

多くを語るに足りる状況となり、

それにはきっと5時間を要すると見込まれ、

波乗りもしたかったので、

予定変更して、通常ブログです。

つまり記録編であります。

これからまた都内です。

トロちゃんとの話はおもしろい!

Kさん、ありがとうございました。

(↑業務連絡。笑)

Happy Surfing!!